資金調達の解決策|スーパーホワイトを脱出してローン審査をクリアする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ローン スーパーホワイト

ローンを組む時やクレジットカードを作る時には、審査に通ることが必要となりますが、「審査に何回も落ちた」「ブラックではないのに、落ちてしまった」という事はありませんか?

このような審査が通らない理由として、利用履歴が残っていないスーパーホワイトである場合が考えられます。

ブラックリストに乗ってしまっているのなら審査に通りにくいことは自覚できますが、履歴のないスーパーホワイトの状態なら「どうして審査が通らないのだろう?」と、なかなか気付くことができません。

そこで、スーパーホワイトの解説しながら、スーパーホワイトが審査に通りにくい理由や解決方法を紹介していきますので、審査を通過する手がかりとしてお役立てください。

ローン審査のチェックポイント

ローン スーパーホワイト

金融機関でローンを申し込むと審査が行われて、審査を通過しないとローンを利用することができませんが、審査の時にはどのような点をチェックされるのでしょうか?

ローン審査では主に、下記の勤務先や勤務状態、勤続年数、年収などがチェックされています。

・勤務先
勤務先の確認を行い、会社の規模が大きいとローンによっては有利となることがあります。

・勤務状態
正社員、契約社員、パートなどの確認、正社員であることを求められることが多いですが、契約社員などでも定期収入があれば審査が通る可能性があります。

・勤続年数
勤続年数が長ければ長いほど、ローン審査に通りやすくなります。

・年収
ローンの種類によって年収額は異なりますが、借入額や返済額とのバランスが必要です。

信用情報のチェック

ローンやクレジットカードを作る時には、上記の他に信用情報のチェックが行われます。

現在では、「日本信用情報機構」「割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関」「全国銀行個人信用情報センター」の3つの信用情報機関があり、個人の過去から現在までのローン、キャッシング、クレジットカードの利用履歴などの信用情報が企業に提供されています。

信用情報において、過去から今までの金融機関においての利用状況、契約内容、返済や支払状況、利用残高をチェックしながら、「審査を通すか?通さないか?」を検討し判断していくのです。

ブラックリストでは審査が通らない

信用情報を確認すると多くの金融機関から借金をしていたり、延滞履歴などの問題を持っている、いわゆる「ブラックリスト」がわかってしまいます。

「ブラックリスト」というリストが本当に存在するわけではありませんが、多くの借金や返済の延滞があるのなら、「ローンを組むのに適さない人」と判断されて、審査に通ることは難しくなるでしょう。

特に、請求されてから約定日までに支払っているか、延滞はしていないか、リボ払いはいつから始まったのか等、返済を滞りなく行っていることがポイントとなります。

履歴が全くないスーパーホワイトとは?

ローン スーパーホワイト

ブラックリストはよく耳にすることがですが、スーパーホワイトという言葉を「聞いたことがない」と言う方は多いのではないでしょうか?

スーパーホワイトとは、多重債務者や延滞が多いブラックリストとは反対に、信用情報になにも記録されていない人、その状態のことを指している言葉です。

スーパーホワイトと言葉の通り、信用情報が真っ白の状態のことを言います。

借金やローンをしていなければ「信用情報に登録されていない」と思うかもしれませんが、クレジットカードの申込や利用、住宅ローン、カードローン、自動車ローンなどを利用していれば、必ず情報が登録されています。

しかも、会社が紹介した記録も含まれていますので、審査に落ちてしまった時でもある期間は信用情報として残ることになります。

これらの履歴が全くない場合を、スーパーホワイトと呼んでいます。

金融事故を起こした場合はホワイト

ブラックと呼ばれる金融事故は、長期間の延滞、自己破産、債務整理等があげられますが、このような金融事故を起こした場合、その後5年間は金融サービスが利用できなくなる可能性が高くなります。

このような情報は、5年間の登録期間があるために、この期間の間は金融事故を起こしたと判断され審査を通ることができないのです。

5年後の登録期間が終われば、全ての情報が消えて全ての情報が白紙に戻ります。

この状態のことを「ホワイト」と呼びますが、スーパーホワイトとの区別が付きにくくなることは避けられません。

スーパーホワイトで審査に落ちる3つの理由

ローン スーパーホワイト

ローンを組んだこともなく、もちろん返済を延滞したわけでもないスーパーホワイトですが、実はスーパーホワイトの状況だとローン審査に通ることが難しいのです。

多くの借金や延滞をしているのなら、「ブラックかも知れない」と本人が自覚していますが、その様な事がなかったスーパーホワイトの方は自覚がありません。

しかしスーパーホワイトだと本人が自覚していないので、問題が大事になってしまう危険性が秘められています。

では一体、スーパーホワイトの状況だと、どうして審査に落ちてしまうのでしょうか?

信用情報がなく信頼できない

ローン審査を行うばあには、必ず信用情報をチェックして過去から現在にかけての利用状況によって判断されます。

その利用履歴や信用情報がが全くないスーパーホワイトの状況であるのなら、充分に審査を行うことができません。

信用情報が全くないということは、クレジットやローンの後払いや返済の実績が一つもないことにつながり、信用度が低いとみなされて審査が通りにくくなります。

30才以上の方は要注意

ローン スーパーホワイト

スーパーホワイトの場合には、特に年齢が大きく関係してきますので、ご注意ください。

20才代であれば、「一度もクレジットカードやローンを利用したことがない」という方は少なくありませんので、スーパーホワイトであっても20才代ならば審査に通過できることがほとんどです。

しかし、その反対に30才代でスーパーホワイトの状態になっているのなら、年を追うごとにローンやクレジットカードの審査を通過することは難しくなってしまいます。

審査が落ちてしまった原因として、スーパーホワイトが考えられるのであれば、30才以上の方が有力となるでしょう。

金融事故を起こした可能性が問われる

上記でも説明しましたが、金融事故を起こしてしまうと5年間は金融サービスを利用できなくなってしまい、その後は全ての信用情報が真っ白のホワイトの状態ととなります。

スーパーホワイトとホワイトとは区別することが難しく、見かけは全く同じに見えてしまうことが少なくありません。

その結果、金銭事故などを起こしたことがない、金融機関と無縁だったスーパーホワイトの方が、ホワイトと見なされて不利な審査結果を受けてしまうことがります。

また、年齢の高いスーパーホワイトの方ほど、ホワイトと疑われてしまうケースが増えてきてしまいます。

利用実績が全くないだけで、金融事故を起こしたこともないのにブラックと間違えられる、この先ずっと審査に通ることができないのなら、大きな問題となってくるのではないでしょうか?

スーパーホワイトから抜け出す解決策

ローン スーパーホワイト

年を追うごとにローンやクレジットカードが組みにくくなってしまうスーパーホワイト。

ローンを組んだことがない、クレジットカードを持っていないと、一見お金に困ってないように見えるスーパーホワイトですが、金融機関から見ると「ローンを組むことができない人なのか?」と疑ってみられることになります。

また、信用がないために、戸籍抄本の提出を求められたり、ローン審査に通ることが難しくなってしまうこともあります。

これらを解決していく方法は、金融機関においてのサービスを利用した実績を作ることです。

次に、スーパーホワイトから抜け出す解決方法を見ていきましょう。

携帯電話のローンを利用

スーパーホワイトの状況ではローン審査を通ることが難しくなるために、比較的審査が通りやすい「携帯電話のローン」や「電化製品のローン」の契約を利用してください。

双方のローンならば、販売促進が伴っていますので、スマートフォンの機種変更や家電の購入ならば比較的審査が通りやすい傾向にあります。

大きな金額を利用したから信用情報が良くなるわけではなく、延滞することなく毎月の支払日を守ることが大切です。

審査に通りやすいクレジットカードを利用

ローン スーパーホワイト

スマートフォンの機種変更や家電の購入には費用がかかり、予定がない方には無駄な出費となってしまいます。

その様な場合には、クレジットカードの入会を利用してください。

クレジットカードで利用することで、必ずスーパーホワイトの状態から抜け出すことができます。

数多くのクレジットカードがありますが、審査の難易度が一番高いとされる銀行系のクレジットカードを筆頭に、信販系、交通系、流通系、消費者金融系と審査の難易度は下がってきます。

もしもクレジットカードの審査が通らなかったのなら、基準を下げて申し込んでいくと良いでしょう。

クレジットカードを申し込むときの注意事項

ローン スーパーホワイト

スーパーホワイトを抜け出すために、クレジットカードの入会は良い方法ですが、入会するときには、いくつかの注意点を確認しておく必要があります。

多重申し込みはブラックになる可能性

クレジットカードの入会を焦り、一度に何枚ものカードを申し込んでしまうと、審査に通ることがさらに難しくなるので、要注意です。

クレジットカードに多重申し込みをしてしまうと、一時的に申込ブラックと言われる状態に陥り、どこの審査も通ることができなくなってしまいます。

申し込みだけでも件数がカウントされてしまうので、特に短期間に続けて審査を受けることはしないようにしましょう。

申込ブラックになってしまった場合には、信用情報機関では半年経てば情報が消えるので、半年間は、申込をせずに我慢しておきましょう。

信用情報の開示請求での確認も視野に

審査に通ることができなくても、実際は「スーパーホワイトで通らないのか?」「ブラックで通らないのか?」と言うことは推測でしか考えられません。

これからもクレジットカードやローンは生活に深く関わってきますので、正確な情報が欲しいのなら信用情報機関を利用するとよいでしょう。

信用情報機関では、企業だけではなく自身の信用情報を開示請求することが可能で、クレジットカードと利用手数料1,000円が必要となりますが、現在の利用状況、過去の利用履歴を確認することができます。

信用情報を確認すれば、スーパーホワイトであるか?ブラックであるか?わかります。

信用情報機関と主な加盟企業は下記の通りとなっておりますので、ご参考になさってください。

◆日本信用情報機構(JICC)
・カード会社など

◆割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関(CIC)
・貸金業者など

◆全国銀行個人信用情報センター(JBA)
・銀行、信用金庫など

まとめ

ローン スーパーホワイト

ローン審査が通らない理由として考えられるスーパーホワイトの解説と同時に、スーパーホワイトが審査に落ちる理由、スーパーホワイトから抜け出す方法や注意事項、最後に信用情報の確認についてを詳しく解説してきました。

利用履歴が全くない場合には、信用が得られないことに加えて、ブラック後と見なされて審査が通りにくくなる場合があります。

スーパーホワイトは年齢が増すごとにローン審査が通りにくくなってしまいますので、早めに携帯電話や家電のローン、クレジットカードの入会の行いスーパーホワイトから脱出しておきましょう。

「現金主義でローンやクレジットカードを利用していなかった」と言うスーパーホワイトの方がローンなどの資金調達を滞りなく行うには、これらの解決策が必要となるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ローンの関連記事