サンライズのファクタリングが中小企業に選ばれる5つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
サンライズ ファクタリング

株式会社サンライズは東京都飯田橋に本社を置く民間のファクタリング会社です。メガバンク直系のファクタリング会社は大口取引には適していますが、中小企業の資金繰りや資金調達には適しておらず、審査が厳しく現金化までの時間が長いというデメリットがありますが、民間企業が運営するファクタリング会社は審査が甘く、中小企業であっても現金化までのスピードが速いという特徴があります。

民間企業が運営するファクタリング会社の中でも、特にオススメしたいのが株式会社サンライズのファクタリングサービスです。大手メガバンク程の知名度がない民間のファクタリング会社は、初めての資金調達には使用しにくいという心配があるかもしれませんが、サンライズのファクタリングは多くの経営者の力になっています。その魅力はどこにあるのか…利点や特徴について解説していきます。

株式会社サンライズの会社概要

サンライズ ファクタリング

会社名 株式会社サンライズ
法人番号 2010001178072
所在地 東京都千代田区飯田橋3-7-7 第二林ビル3F
アクセス 東京メトロ東西線・南北線・大江戸線A2出口から徒歩1分
電話番号 03-6265-6537
FAX番号 03-6265-6536
メール info1@sunrise-tokyo.co.jp
代表取締役 堀江紀宏
HP http://sunrise-tokyo.co.jp/

築1971年と年季の入ったビルに本社を構える株式会社サンライズ。飯田橋から徒歩1分という好立地に位置しているビルで、サンライズが入っている3階の広さは13坪という事なので会社内はそこまで広くはないようです。

従業員数などは公開していませんが、会社の広さを考えると数人から多くても十数人の従業員で経営している会社といった感じでしょうか。ファクタリング会社は少数精鋭で行なっている民間企業が多いのですが、サンライズの場合も少ない人数で会社を回しているようです。

サンライズが取り扱っているファクタリングの種類

サンライズ ファクタリング

サンライズは一般的な売掛債権を買い取るファクタリングと、医療・介護・調剤が保有する診療報酬債権を買い取る医療機関ファクタリングを取り扱っています。それぞれの利用対象者や債権買取金額などを以下で詳細に説明していきたいと思います。

売掛債権買取

売掛債権を買い取る方法は2社間と3社間の手法を両方とも利用する事ができ、どちらかを選べるようになっています。法人ではなく個人事業主の方でも利用する事が可能となっているのが特徴です。

対象者 健全な事業を営み売掛債権を持っている法人、個人事業主。日本全国対応可能で、設立期間や赤字決算などは気にせずに申し込む事が可能です。事業資金利用のみ限定。
買取金額 買取金額売掛先1社に対して30万円~3000万円まで。債権買取金額上限総額は1億円まで。
買取費用 ファクタリング費用買取対象債権の1%~(売掛先、支払いサイト毎に提示されます)
諸経費 振込手数料は自費負担。その他に、印紙代・交通費・登記費用・実費分の負担が必要。
掛目 原則として額面の10%~20%が非買取対象金額。買取した売掛金の決済後、買取手数料及び事務手数料を差し引いた非買取対象金額が入金されます。

一般的には2社間の方が貸し倒れリスクが高いので手数料が高く、3社間の方が手数料が安いと言われています。サンライズでははっきりとした手数料の提示がありませんので、問い合わせて話し合いの末に手数料を決めていくという形になっていくのだと思います。

診療報酬債権買取

続いては社会保険診療報酬支払基金や国民健康保険団体連合会に対して提出した診療報明細の先払いを実行する診療報酬債権買取についてです。買取金額や諸経費、掛目に関しては上記で説明した額と同じです。診療報酬債権買取から支払いまでの流れを以下で説明してきます。

  1. 診療報酬債権等の譲渡契約を医療機関とサンライズで締結
  2. 医療機関とサンライズが連名で債権譲渡通知書を社会保険診療報酬支払基金・国民健康保険団体連合会に送付
  3. サンライズが債権譲渡を受けた診療報酬債権等を元に前払いで入金(通常は請求金額の8割程度)
  4. 社会保険診療報酬支払基金・国民健康保険団体連合会がサンライズに診療保険債券等の代金を支払い
  5. サンライズが譲渡を受けた診療報酬債権等のうち、前払い分を引いた金額を支払い

上記で説明した売掛債権買取と同様に、診療報酬債権買取ファクタリングに関してもハッキリとした手数料の明記はありませんので、こちらも交渉で決めていくという形になるかと思います。買取金額に関しては30万円~3000万円までで、買取上限は1億円までと金額に関しては上記と同等です。

サンライズのファクタリングが選ばれている理由

サンライズ ファクタリング

民間企業が運営するファクタリング会社の中でも特に人気が高いサンライズ。早期の資金調達が必要な中小企業から高い支持を得ている理由は以下の5点にあります。

  1. 金融機関審査NGでも利用可能
  2. 少額から対応可能で最短即日現金化
  3. 保証人や担保が一切不要
  4. 償還請求権がないノンリコース
  5. 日本全国対応可能

大きく分けて以上5点がサンライズが中小企業から支持されている理由です。以下で一つずつ詳しく解説していきましょう。

審査が緩い

大手メガバンク直系のファクタリング会社の場合、売掛先の審査は勿論の事、申込先の会社の審査も入ります。更に3社間取引しかありませんので必ず売掛先への通知が必須になり、最低買取金額も高いですし即日現金化は基本的には出来ません。その点、手数料が安いなどの利点はあるのですが、中小企業の早期で手元に現金が欲しいなどの要望を叶えられないケースが非常に多いです。

その点サンライズは非常に審査が緩く、信用保証協会や銀行、信用金庫、ノンバンク商工ローンなど各種金融機関の審査でNGであっても利用する事が可能です。数期連続赤字決算、税金や社会保険料の滞納など、一見するとファクタリング資格を有していないと判断してしまいそうな経営状況であっても、サンライズであれば相談に乗ってくれて取り引きが成立する事があります。

30万円から最短で即日現金化

ファクタリングを利用しようと考えている経営者の多くは「すぐに手元に現金が欲しい」と考えていますよね。民間のファクタリング会社の審査対象は、売掛先に支払い能力があるかどうかだけなので審査完了までがとても早く、売掛先の支払い能力があるとすぐに判断されれば申し込みを行なった即日に現金化される場合もあります

大手メガバンクでは上記でも説明したように、申し込み先も審査対象になりますので審査が通るまでが長く、最低でも1週間は時間がかかります。更にサンライズでは30万円と小口の債権も買い取ってもらえますが大手メガバンク直系では小口取り引きは行っていません。こういった点を総合的に判断すると、中小企業で小口の売掛債権を早期に現金化したいと考えた場合は、大手メガバンクよりもサンライズの方がメリットが多いという訳です。

保証人も担保も必要なし

ファクタリングは融資ではなく売掛債権の買い取りですから基本的には保証人も担保も必要ないです。しかし大手メガバンク直系のファクタリング会社の場合は必要となるケースがあります。それはリスクを防ぐ為であり必要と言えば必要な事ではありますが、保証人も担保も用意できないケースには困ります。そういったケースもサンライズでは対応してくれますので、気軽にファクタリングが出来るのです。

売掛先が倒産しても返済義務なし

売掛債権を買い取ってもらった後に売掛先が倒産したとします。しかしサンライズとの取り引きは全て償還請求権のないノンリコースでの売買契約になりますので、仮に売掛債権を買い取ってもらった後に売掛先が倒産や破産をしたとしても、申し込み企業に返済義務は一切ありません。この点に関しては契約時に詳細に聞いた方が良い内容なので、最終確認で必ず明記されているか否かをチェックする事を忘れないようにしましょう。

日本全国の中小企業を支援

サンライズの本社は飯田橋という事もあり、主な活動地域は東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県となっています。しかし日本全国買取出張も行なっていますので、上記地域以外の会社でファクタリングをサンライズにお願いしたいという場合でも、現地まで来てもらい3社間取引に対応してもらったりする事なども可能です。出張費に関しては別途必要になってしまいますので、電話での無料相談窓口や、資金調達の無料相談窓口などを利用して事前に確認するようにしましょう。

まとめ

審査基準が低く、赤字経営+税金滞納などの経営状態であっても相談に乗ってくれてファクタリング契約が締結しやすいと言われているのがサンライズのファクタリングサービスです。資金繰りに困っている中小企業の経営者にとっては、まさに救い水となる会社である事は間違いありません。

しかし目の前の現金に釣られる事なく、きちんと契約内容には目を通すようにして下さい。手数料の提示がホームページなどにありませんので契約時に相談で決めていく形になっていくかと思いますが、提示された手数料パーセントが妥当なものなのかどうかは冷静な頭できちんと判断する必要があります。

しかしながらサンライズは民間のファクタリング会社の中でも特に注目を集めている会社である事は間違いありません。中小企業で小口のファクタリングを行ないたいと考えている経営者の方は、是非一つの候補に入れてみるのが良いかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント


ファクタリングの関連記事