【2020年最新版】宮城県仙台市で活用できる助成金・補助金一覧を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
宮城県 仙台市 助成金 一覧

東京からも新幹線で約2時間ほどと、アクセス抜群の東北一の大都市、仙台。

市民が中心となって創り上げた都市イベントを数々生み出しており、その運営ノウハウやフォーマットを市外・県外に移出する文化都市でもあります。

仙台市は、エネルギー関連や、まちづくり推進事業、スポーツ助成など様々な助成制度を設けており、市民の暮らしサポートすることに力を入れています。

こちらの記事では、2020年の宮城県仙台市で利用できる助成金や補助金を一覧としてまとめてありますので、助成金や補助金を確認する際に参考にしてください。

スポーツ活動助成

宮城県 仙台市 助成金 一覧

全国規模以上のスポーツ大会を開催する団体や、全国規模以上の大会に出場する選手又は団体などに助成します。

補助対象事業

① 開催助成
仙台市のスポーツ・レクリエーション関係団体等が仙台市内又は仙台市を含むその周辺で開催する全国規模以上の大会に対する助成

②派遣助成
仙台市以外で開催され、県大会等の予選会上位者のみが出場できる、全国規模以上の大会に出場する選手又は団体に対する助成

③.交流助成
仙台市のスポーツ・レクリエーション関係団体等が参加する全国規模以上のスポーツ交流大会に対する助成

補助対象者

主に以下のような場合は助成の対象となります。

①営利を目的としない大会

②宗教活動や政治活動を目的としない大会

③プロや実業団が行わない大会

④仙台市又は仙台市の関係団体から補助金、負担金等の交付を受けることのない大会

⑤学校教育の一環としてではない大会

補助対象経費

補助対象経費は以下に掲げるものです。

・旅費交通費:役員選手の移動費。交通機関や貸し切りバス代等

・宿泊費:選手の宿泊代

・印刷費:プログラムやパンフレット等の作成費

・消耗品費:用具代、事務品、救急品等

・保険料:大会の保険代など

・食糧費:食事代やお茶代など

・謝礼金:役員審判などに支払う手当など

・通信費:切手代、電話・FAX代など

・会場使用料:会場使用料

・報償費:参加賞や記念品(メダルなど)代

・委託費など:警備員の経費やリース料など

補助金の額

補助金の額は以下の3つの項目で変わってきます。以下を参照にしてください。

①開催助成
▶国際規模の大会
20万円以内

▶全国規模の大会
10万円以内

②派遣助成
▶国外で開催する国際規模の大会
選手1人当たり3万円以内(1大会20万円以内)

▶国内で開催する国際規模又は全国規模の大会
選手1人当たり3千円(1大会3万円以内)

③交流助成
▶国外で開催する国際規模の大会
選手1人当たり3万円以内(1大会20万円以内)

▶国内で開催する国際規模又は全国規模の大会
選手1人当たり3千円(1大会3万円以内)

仙台市創エネルギー導入促進助成制度

宮城県 仙台市 助成金 一覧

仙台市では、災害に強くエネルギー効率が高い分散型エネルギーの創出や環境負荷の小さい次世代エネルギー等に関する研究開発の推進などによるエネルギー自律型のまちづくりを進めています。

この取組みの一環として次世代エネルギー等の研究開発・実証実験を行う施設を新設・増設される民間事業者に対して、固定資産税等相当額分を助成します。

補助対象事業

対象となる事業は以下の通りです。

(1)エネルギー関連事業(電力・熱・燃料)
下記の要件を全て満たすエネルギーの製造・転換及び供給を行う事業所の新設・増設が補助対象事業となります。

①投下固定資産相当額1億円以上(下記に該当する事業は1千万円以上に緩和)
・風力発電
・小水力発電
・バイオマス発電(バイオマス専焼)
・バイオ燃料生産
・地熱発電(バイナリ―方式)
・バイオマス熱利用
・未利用熱の活用、地中熱利用

②仙台市内の第三者である需要家にエネルギーを供給する事業であること
(固定価格買取制度等により、他のエネルギー事業者を経由する場合も対象)

③環境負荷の少ないクリーンなエネルギーを扱う事業であること

④気象条件等に左右されず安定的なエネルギー供給が可能であること

⑤地域の防災やまちづくりに貢献するものであること

(2)研究開発・実証実験
下記の要件を全て満たす研究開発又は実証実験を行う施設の新設・増設

①投下固定資産相当額1千万円以上

②次世代エネルギー又はエネルギーに関する革新的な技術等についての研究開発・実証実験を行う事業であること

補助対象者

仙台市内において、クリーンで安定的なエネルギーを製造・供給を行う事業者や次世代エネルギー等の研究開発・実証実験を行う施設を新設・増設される民間事業者が、補助対象者となります。

補助対象経費

次世代エネルギー等の研究開発・実証実験をするときにかかるもの

補助金の額

仙台市創エネルギー導入促進助成制度の補助金の額は以下の通りです。

(1)助成基本額
新規投資に係る固定資産税・都市計画税相当額の100%(増設の場合は90%)

(2)雇用加算
対象の事業所で、新たに雇用又は本市外から異動した正社員が5名以上の場合、正社員1人につき60万円を交付
(助成期間内で1回限り)
※正社員とは、「市内に住所を有する」「社会保険の被保険者」「1年以上の継続雇用及び期間の定めの無い雇用契約」の3条件に該当する方のことです。

協働まちづくり推進助成事業 令和2年度助成対象事業

宮城県 仙台市 助成金 一覧

仙台市では町内会等の地域団体や市民活動団体をはじめとした多様な主体が連携することで、互いの持つ専門性やノウハウを生かし、単独ではなし得なかった新たな機能や価値を創出しています。

それに従い社会的課題の解決やまちの魅力の創造を図る事業への支援を行う「仙台市協働まちづくり推進助成事業」を平成29年度から実施しています。

補助対象事業

補助対象事業は次の3つを主な要件としています。

・主たる活動が市内で行われるもので、市内における社会的課題の解決やまちの魅力の創造に資するもの

・2団体以上が協働により実施するもの

・団体個々の取り組みだけではなし得なかった新たな機能・価値を創出するもの

補助対象者

補助対象者の主な要件は以下の3つです

・市内に活動場所を有すること
・5名以上で構成される組織であること
・1年以上継続して活動していること

補助対象経費

協働まちづくり推進助成事業の補助対象経費は以下の通りです。

助成率10分の9
・人件費
・報償費
・旅費
・消耗品費
・印刷製本費
・通信運搬費
・使用料
・賃借料

助成率2分の1
・施設等の整備費
・設備備品購入費

補助金の額

協働まちづくり推進助成事業の補助金は

・上限300万円

となっています。

仙台市商店街ファンづくりサポート事業助成

宮城県 仙台市 助成金 一覧

この助成制度は、商店街等の各店舗と消費者との距離を縮め、商店街のファンとなる消費者を増やすことに繋がることで全国的に取り組みが広がっている「まちゼミ」、「まちバル」、「100円商店街」の実施を促すことにより、商店街の活性化を図ることを目的に実施するものです。

補助対象事業

10名以上の組合員または会員が参加する次のいずれかの事業。
(1)まちゼミ
(2)まちバル
(3)100円商店街

※次のいずれかに該当する場合は助成対象になりません
・既にこの助成金の交付を2回受けている事業
・仙台市の他の助成金等を受けている事業
・特定の政治活動、宗教活動を目的とする事業

補助対象者

仙台市内の以下のいずれかの団体で、暴力団等との関係を有していないこと、納税義務者である場合は市政を滞納していないことが仙台市商店街ファンづくりサポート事業助成の補助対象者となります。

(1)商店街振興組合
(2)地域商業振興を目的とする事業協同組合
(3)規約等で代表者の定めがある任意の商店会
(4)地域商業振興を目的とする一般社団法人

※(2)~(4)は10名以上が近接して事業を営んでおり、主に小売業、サービス業又は飲食業で構成されていること。

補助対象経費

助成対象経費は主に宣伝広告費のことになります。

・チラシ
・ポスター
・スタンプラリー台紙およびダイレクトメールの印刷料
・コマーシャルの委託料
・のぼり及びフラッグ製作費
・新聞折り込み料
・ポスティング料

補助金の額

仙台市商店街ファンづくりサポート事業助成の補助金の額は下記の通りです。

・助成対象経費合計額の3/4 以内(千円未満切り捨て)で上限30万円

仙台市みちのく環境管理規格認証登録推進補助金

宮城県 仙台市 助成金 一覧

みちのく環境管理規格(以下、みちのくEMS)は、中小規模の事業者でも比較的容易に取り組むことのできる地域版環境マネジメントシステムであり、その構築支援及び認証登録はNPO法人環境会議所東北により行われています。

仙台市では、環境負荷の少ない社会経済システム構築のため、「みちのくEMS」の認証取得を目指す市内事業者に対し、認証取得費用の一部を補助します。

補助対象事業

仙台市みちのく環境管理規格認証登録推進補助金の交付の対象となる事業は、認証を取得しようとする事業所、工場、店舗等において環境管理規格を構築し、認証を取得する事業とします。

補助対象者

仙台市みちのく環境管理規格認証登録推進補助金の交付を受けることができる者は、次の各号に掲げる要件をすべて満たす事業者となります。

⑴みちのくEMS認証取得対象となる事業所・工場・店舗等が仙台市内に所在すること。

⑵上記1の事業所等の従業員数が100人未満であること。

⑶NPO法人環境会議所東北とみちのくEMS構築支援及び認証登録業務契約を締結していること。

⑷市税を完納していること。

補助対象経費

補助対象となる経費は、環境管理規格の構築支援業務、審査業務及び認証登録業務の契約に基づく認証登録等業務に係る経費となります。

補助金の額

認証取得後、認証取得費用(消費税を除く)の2分の1が交付されます。

・補助金の額の一覧

従業員数 認証取得費用 補助金の額
10人未満 240,000円 120,000円
10人から

50人未満

260,000円 130,000円
50人から

100人未満

300,000円 150,000円

まとめ

宮城県 仙台市 助成金 一覧

2020年の宮城県仙台市で活用できる5つの助成金・補助金となる「スポーツ活動助成」「仙台市創エネルギー導入促進助成制度」「協働まちづくり推進助成事業 令和2年度助成対象事業」「仙台市商店街ファンづくりサポート事業助成」「仙台市みちのく環境管理規格認証登録推進補助金」を一覧として解説してきました。

仙台市は牛タンや新鮮な魚介を使ったお寿司など、食に関するいろいろな名産物があります。

そういった飲食店が立ち並ぶ商店街を活性させるために、飲食店の事業主様は「仙台市商店街ファンづくりサポート事業助成」の活用をおすすめします。

また、これらの助成制度は、あなたの事業にはこのような補助金があります、などと通知が来るわけではありません。

いわば、知っている人だけが得できるものなので、常にチェックしておく必要がありますので、ご注意ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

助成金の関連記事