手数料が安い優良ファクタリング企業10社を比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ファクタリング

ファクタリングは売掛債権を譲渡することで早い段階で資金化ができるため、利用する企業も増加しており、特に資金繰りが安定していない中小企業には強い味方となっています。

ファクタリングを利用する企業が増えているということはサービスを提供している企業も年々増加しており、各々サービスの内容の違いや資金化までのスピードなどが異なるため、どのファクタリング会社を利用するべきか悩むことも多いと思います。

実績や資金化までの速度、審査の通りやすさなど選ぶ時のポイントはいくつかありますが、利用者が一番気になるのは手数料だと思います。

そこでこの記事では手数料が安く、信頼ができる10社の優良企業を比較しながら紹介したいと思います。また企業によって3社間を利用するのか、2社間にするのか変わってくると思うので3社間ファクタリングを提供している企業を5社、2社間ファクタリングを提供している企業を5社ずつ紹介していきます。是非利用する時の参考にしてください。

3社間と2社間の特徴とメリットデメリット

融資型クラウドファンディング

ファクタリングには大きく分けて3社間ファクタリングと2社間ファクタリングの2つに分類することができます。売掛債権を譲渡し早期資金化をすることには変わりはないものの、特徴に大きな違いがあり利用する時はどちらを選択するのか慎重に考える必要があります。

まず2社間と3社間では手数料の相場が大きく異なります。おおよそのそれぞれの手数料がコチラです。

  • 3社間の手数料:1%~9%
  • 2社間の手数料:10%~30%

2社間の方が手数料が高くなるのはファクタリング会社が背負うリスクが3社間よりも大きくなるためです。貸し倒れのリスクが発生するため手数料が高くなってしまうのです。その他にも特徴やメリットデメリットがあり、どちらを利用するべきかの参考になると思うのでそれぞれを簡潔に解説していきます。

3社間ファクタリングの特徴とメリットデメリット

3社間ファクタリングはファクタリングを利用し資金調達を図りたい企業と売掛先(取引先)企業、それにファクタリング会社を含めた3社間で行われる方法です。特徴をメリットとデメリットで説明していきます。

メリット デメリット
  • 手数料が安い
  • 大手メガバンクが提供している
  • 売掛先への通知が必須
  • 手間が2社間より多く資金化に時間がかかる
  • 中小企業ではメガバンクの審査が通りにくい

3社間の最大のメリットとしては手数料が安いことです。2社間とは違い、しっかりと審査を通過してからの利用になるため貸し倒れのリスクが少ないため手数料が安く設定されています。また3社間のほとんどは大手メガバンクやその子会社など銀行系が提供しており、利用規模も多い傾向にあることも手数料の安さに繋がっています。

しかし、3社間にも大きなデメリットがあります。それは売掛先への通知が必須になることです。ファクタリングを利用するということは資金繰りが上手く行っていないというイメージを持たれてしまうため、取引先への印象を落とすことになりかねません。そのため零細企業や中小企業は売掛先に知られずに資金化ができる2社間を選択する場合がほとんどです。また売掛先の承諾を得る必要もあるため、手間が増え、資金化まで時間がかかることもデメリットと言えるでしょう。

2社間ファクタリングの特徴とメリットデメリット

2社間の場合は3社間とは異なり、ファクタリングを利用する企業とファクタリング会社だけで契約をすることができる方法となります。3社間と同様に特徴をメリットとデメリットで紹介します。

メリット デメリット
  • 最短で即日資金化できる早さ
  • 売掛先へ知られずに資金調達ができる
  • 経営難でも審査に通りやすい
  • 手数料が高い
  • 民間企業しか提供していない

3社間とは逆のことが特徴となりますが、大きなメリットとしてはファクタリング会社とだけの契約になるため、審査が通ればすぐに資金化することが可能です。ファクタリング会社側も最短で3時間!とか来店不要!とか自社のアピールポイントがあるため、選択する時の参考にもなると思います。

デメリットとしては手数料が高いことが一番の問題となります。基本的にファクタリングを行う時はノンリコースという契約になります。ノンリコースとはもし売掛先の経営が悪化し、倒産したとしてもファクタリング会社が責任を負うという契約方法です。利用する会社は安心できる内容ですが、その分ファクタリング会社のリスクが大きくなるため手数料が高くなってしまうのです。

手数料が10%を超えるファクタリングを複数回行うとキャッシュフローが乱れ、正常な経営ができなくなる可能性が非常に高いため、利用する時は慎重に考える必要があります。

手数料が安い3社間ファクタリングを提供している5つの優良企業

3社間ファクタリングで、手数料が安く信頼できる優良企業を紹介していこうと思います。基本的にファクタリングを利用する多くの企業が売掛先に通知されない2社間を選択しています。手数料が高くても即資金化も可能のため、急な対応に追われている方は2社間を選択せざるを得ないというのも理由の一つです。しかし3社間の方が大幅に手数料が安いため、時間に余裕があり、審査を通すことができれば3社間を利用することも一つの手だと思います。

また3社間ファクタリングは大手メガバンクが提供していますが、審査が厳しいことや時間がかかってしまうため今回は中小企業でも比較的利用しやすい民間企業を紹介していきます。

企業名 手数料
七福神 3~10%(売掛金によって変動)
日本中小企業金融サポート機構 1.5~8%
ビジネクスト 2.0%以下
ワダツミ 1%~3%
ピーエムジー 2%

七福神

会社名 株式会社ゼルタ
本社所在地 東京都調布市調布ヶ丘2-15-1 ビリアベルデ310
設立 2018年6月5日
代表者 足立 慎吾
対象 個人事業主、法人
3社間ファクタリング手数料 3~10%(売掛金によって変動)
取扱額 30万円~3000万円

2社間ファクタリングも提供している会社になります。ファクタリング会社の中には手数料以外にも費用が請求されることがありますが、この七福神のサービスでは手数料以外の費用は一切かかりません。また融資を受けることが難しい状態、つまり信用情報に問題があったり、税金対応がある会社でも審査が通ることがあります。

即日審査で迅速に資金調達が可能なため、多くの企業に利用されており信頼でき会社と言っていいでしょう。2社間、3社間どちらも対応しているため、どっちにも審査を出すというのも一つの手だと思います。

日本中小企業金融サポート機構

会社名 一般社団法人 日本中小企業金融サポート機構
本社所在地 東京都港区芝公園一丁目3-5 ジー・イー・ジャパンビル2階
設立 記載なし
代表者 川田 晴斗
対象 個人事業主、法人
3社間ファクタリング手数料 1.5~8%
取扱額 30万円~

日本中小企業金融サポート機構が独自に提供しているサービスが郵送ファクタリングというものです。多くのファクタリング会社は実際に顔と顔を合わせて面談のような形で審査や契約を行うことが多いですが、この日本中小企業金融サポート機構は完全非対面による郵送でのファクタリングを可能にしています。

電話や無料査定フォームで条件などを確認、郵送により契約書類を受けとった後は、書類に記載・捺印をしてポストに投函するだけです。その後日本中小企業金融サポート機構に書類が届いたら実際に買取金が振り込まれるというシステムになっています。急いで資金調達をしたい方や、出向く時間がない方にはおすすめの会社となっています。

ビジネクスト
ビジネクスト

会社名 ビジネクスト株式会社
本社所在地 東京都港区芝2丁目31-19
設立 平成13年1月18日
代表者 南澤 秀明
対象 法人
3社間ファクタリング手数料 2.0%以下
取扱額 上限1億円まで

消費者金融で有名なアイフルグループの会社になります。そのため信頼度は他の民間企業と比べると高いと思います。手数料も2.0%以下と良心的なため利用することができれば、良い資金調達を行うことができると思います。

2社間の提供はなく3社間のみの対応となるため売掛先への通知が問題ないのならおすすめの会社になります。無料で診断を行っているので気になる方は気軽に行ってみてはいかがでしょうか?

ワダツミ

ワダツミ

会社名 ワダツミ株式会社
本社所在地 東京都千代田区神田美土代町9-7 千代田21ビルディング7階
設立 2004年7月
代表者 里 陽平
対象 個人事業主、法人
3社間ファクタリング手数料 1%~3%
取扱額 5万円~10億円

ワダツミは2004年からファクタリング会社として経営しているため、実績と信頼は厚い会社になります。また2社間ファクタリングは対応しておらず3社間だけというのは大きな特徴になると思います。手数料の低さもさることながら、取扱額の幅が広い事も中小企業には嬉しい内容となっています。

最短でも1週間近く資金化まで時間がかかってしまうため、急な資金調達には向いていません。しかし、信頼度、手数料の面ではとても優良企業になるため、時間に猶予がある方におすすめとなっています。

ピーエムジー

ピーエムジー

会社名 ピーエムジー株式会社
本社所在地 東京都新宿区新宿2丁目12番8号 ACN新宿ビル7階
設立 2015年6月
代表者 佐藤 貢
対象 個人事業主佐藤 貢、法人
3社間ファクタリング手数料 2%
取扱額 50万円~5000万円

ピーエムジー は2015年に設立とまだ若い企業ではありますが、資本金5000万円で東京と大阪に拠点を置く、今注目を集めているファクタリング会社になります。2018年の企業イメージ調査で3冠を獲得しており、企業に対するイメージがとてもクリーンなものがあります。

ファクタリングの内容についても最低2%と良心的ですし、96%のリピート率で利用者が満足していることも分かります。2社間と3社間どちらにも対応しています。24時間申し込みの受付を行っていますし、無料で簡単に査定ができます。相談も無料でできるのでまずはお気軽に問い合わせてみてはいかがでしょうか?

手数料が安い2社間ファクタリングを提供している5つの優良企業

次に2社間ファクタリングを提供している企業を紹介していきます。上記の3社間では2社間を取り扱っている企業もありましたが、別の企業を中心にまとめています。主に中小企業の方はこの2社間の利用が基本となると思います。2社間ファクタリングではやはり手数料は最重要項目と言っても過言ではないと思うので是非参考にしてみてください。

企業名 手数料
ファクタリングのトライ 5%~
アクセルファクター 2%〜20%(売掛金で変動)
ビートレーディング 2%~
ファクタリングジャパン 5%~
トップマネジメント 3.5%〜12.5%

ファクタリングのトライ

ファクタリングトライ

会社名 ㈱SKO
本社所在地 東京都台東区東上野2-21-1
設立 2018年2月
代表者 木村良太
対象 個人事業主、法人
2社間ファクタリング手数料 5%~
取扱額 記載なし

365日24時間対応しているため、急ぎの時でもすぐに利用することができるファクタリング会社になります。3社間とは違い、リスクが高くなる2社間では手数料が10%を超えることも珍しくないですが、このトライでは5%からとなっているため、比較的安く利用できる可能性があります。

秘密厳守を徹底しているため売掛先に知られることなく資金調達を行うことができ、赤字決済でも債務超過でも相談に乗ってくれます。まさに中小企業の強い味方になります。

また最短で即日入金も可能なので、急ぎの時に非常に便利な企業だと思います。

アクセルファクター

アクセルファクター

会社名 株式会社アクセルファクター
本社所在地 東京都新宿区高田馬場2-14-9 アティレビル6F
設立 2018年8月
代表者 郡司 陽介
対象 個人事業主、法人
2社間ファクタリング手数料 2%〜20%
取扱額 3000万円以下

アクセルファクターは主に中小企業に向けたファクタリングサービスを提供している会社になります。3000万円以下の小口専門のため企業の大きさに関わらず取引を行っています。

手数料は2~20%と幅は広いですが、2社間ファクタリングの手数料の相場が20%と言われているので、相場以下で利用できるということになります。

審査通過割合も93%となっており、融資が断れてしまったとか、他のファクタリング会社で断れた場合でも審査する価値はあります。最短で即日入金も可能のため、急な資金調達が必要になった時にはおすすめの会社です。

ビートレーディング

ファクタリング 会社

会社名 株式会社ビートレーディング
本社所在地 東京都港区芝大門1-2-18 Noyoriビル3F
設立 2012年4月
代表者 佐々木 英世
対象 個人事業主、法人
2社間ファクタリング手数料 2%~
取扱額 下限上限なし 10万円〜7億円の買取実績

ビートレーディングは資金化までのスピードを重視したファクタリング会社になります。最短で12時間で資金調達を行うことが可能で、手数料も2%からと便利な内容になっています。月間契約数が400件を超え、取引件数は業界でもトップクラスの1.6万社になり、実績・信頼度はとても高い会社と言えるでしょう。

東京、大阪、福岡に拠点を持ち、全国至る所にスピーディに対応することもできます。また取り扱っている売掛債権の金額に上限がなく、色んな企業に対応していることも大きな特徴となっています。審査通過率も98%とかなり高くなっており、こちら側の事業を踏まえて相談に乗ってくれるので、一度申し込みをしてみてはいかがでしょうか?

ファクタリングジャパン

ファクタリングジャパン

会社名 株式会社Frontierfort
本社所在地 東京都千代田区九段南2-3-21 みづまんビル3F・4F
設立 2013年7月
代表者 沼澤 光作
対象 個人事業主、法人
2社間ファクタリング手数料 5%~
取扱額 50万円~3億円

実績で、対応するスピードや丁寧さ、手数料どれを見ても高水準の会社になります。2社間だけではなく3社間にも対応しており、少ない買取金額にも対応しています。

またホームページでは実質審査通過100%と記載されており、ファクタリングだけではなく経営のコンサルティングサービスも提供しています。審査基準に満たない場合でも、どうすれば改善できるのかなど会社経営についても根本的に健全化できるようなアドバイスを受けることもできます。

八方塞がりだと思っている状況でも何か糸口があるかもしれません。ファクタリングの申し込みもそうですが、ファクタリングを利用しなくても済むような経営を目指してまずは相談してみても良いと思います。

トップマネジメント

トップマネジメント

会社名 株式会社トップ・マネジメント
本社所在地 東京都千代田区鍛冶町1-4-3竹内ビル2F
設立 2009年4月
代表者 大野兼司
対象 個人事業主、法人
2社間ファクタリング手数料 3.5%〜12.5%
取扱額 ~1億円

累計買取額が100億円を超えており、45000件の買取実績がある会社になります。下限手数料は3.5%と他の会社と比べてそこまで安いという訳ではないですが、上限が12.5%になっていることで安心して利用することができます。

業界最速での資金調達実現を目指しており、全国どこでも対応しています。そのため急に資金が必要になった時に安心して申し込むことができるのです。

また銀行営業時間外での現金の手渡しや、夜間のデリバリーなど他にはない独自のサービスも展開しています。1時間1秒でも早く問題を解決したいと思っている方におすすめの会社となります。

まとめ

今回の記事ではファクタリング会社の中でも手数料が安く、信頼できる優良企業を紹介しました。上記でも説明していますが、中小企業がファクタリングを利用する際のほとんどが2社間となりますが、手数料が高いという問題点があります。高い手数料で複数回ファクタリングを利用すると、ファクタリングから受け出せなくなり、キャッシュフローがドンドン悪化していってしまう悪循環に陥る危険性もあります。

売掛先と信頼できる取引を行っているなら時には3社間を利用したり、できるだけ安い手数料でファクタリングを行うことで、資金繰りが改善していくと思います。利用する会社選びは慎重に行うようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ファクタリングの関連記事