事前に知っておきたい代表的なローン5種類の特徴を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ローン 種類

ローンと聞いて、よく連想されるのは、住宅ローンや自動車ローン、カードローンなどではないでしょうか?

時と場合に応じて、数あるローンのなかから適切なものを選択していくことが、ローンと正しく向き合っていくためには必要不可欠です。

ここでは事前に知っておきたい代表的な以下5つのローンを種類別にまとめました。

ぜひ参考にしてみてください。

①住宅ローン
②マイカーローン
③教育ローン
④カードローン
⑤フリーローン

①住宅ローン

ローン 種類

住宅ローンとは、その名の通り、住宅を買ったり改築したりするために金融機関から借りるお金のことです。

もちろん自分でポンとお金を出せればいいのですが、数千万円もする住宅の費用をすべて手持ちのお金でまかなえる人はそうそう多くはいません。

そこで住宅を購入する場合には、ほとんどの人が住宅ローンを利用し、そして月々の返済をしていくことになります。

借入先

ローンには、公的ローン(公的融資)と民間ローン(民間融資)があります。

〇公的ローンの種類
⑴財形融資
財形融資とは、財形貯蓄を1年以上続けており、貯蓄の残高が50万円以上ある人が受けられる融資です。

融資額は、財形貯蓄の残高の10倍の額以内で、最高4000万円までとされています。金利は、5年ごとに適用金利を見直す5年固定金利型です。

財形貯蓄自体、サラリーマンが賃金を天引きして行う貯蓄であるため、財形融資はサラリーマンを対象とした融資といえます。

⑵自治体融資
自治体融資とは、全国の都道府県、市町村などの地方自治体が行う融資です。

ただしこちらの融資は、全国すべての自治体が実施しているわけではありません。また実施している場合でも、その融資内容や融資条件は、自治体によって異なります。

実施している自治体の多くが、一定期間以上の居住や勤務、一定の金額以下の収入などの条件を定めているようです。

〇民間ローンの種類
⑴提携ローン
金融機関と不動産会社、あるいは金融機関とローン申込人の勤務先が提携して提供される住宅ローンのことです。

提携ローンでは、通常窓口では扱わない金利優遇が適用されるなどのメリットもありますが、利用できる金融機関は限られています。

⑵非提携ローン
上記の提携ローン以外の住宅ローンを非提携ローンと言います。

借り換えやリフォームにも使える住宅ローン

住宅ローンは、新たに住居を取得する場合のみならず、リフォームや現在の住宅ローンを別の住宅ローンに変更する借り換えにも利用できます。

銀行による住宅ローンの種類

借り換えローン 現在ご利用中の住宅ローンをより有利な条件の住宅ローンへ借り替えるためのローンです。
住み替えローン 今のお住まいを手放し、新しく購入される住宅への買い替えをスムーズにするためのローンです。
建て替えローン 今のお住まいをスムーズに建て替えられるようにサポートするためのローンです。
リフォームローン 主に今お住まいの住宅の修繕やバリアフリー化などリフォーム全般を目的とするローンです。
諸費用ローン 消費税、不動産仲介手数料、保証料、火災保険料、登記料など住宅取得に伴う諸費用の支払いをサポートするためのローンです。

※商品構成及び呼名は銀行によって異なります。詳しくはお取引銀行にご確認ください。

②マイカーローン

ローン 種類

車を買うための資金を借り入れるローンを、一般的にマイカーローンと言います。

銀行、クレジット会社などにより、自動車ローン、オートローンといった呼び方をしますが、基本的に同じものです。

銀行ローンとディーラー提携ローン

銀行、信販会社、自動車メーカーや中古車ディーラー提携の信販会社、損害保険会社など、マイカーローンは多くの金融機関が取り扱っています。

WEB上で返済シミュレーションができる銀行なども多いので、前もって返済のイメージができます。

〇銀行などのマイカーローン
ディーラー提携のローンよりも低金利なことが多いようです。

その銀行に口座を持っていたり、住宅ローンを組んでいたりする場合にはさらに金利が低くなるため、返済金を少しでも減らしたい場合に有利です。

反面、審査は厳しめで、またディーラーから受け取った契約書や見積書等を銀行に持参して手続きをする必要があるなど、手間がかかります。

自動車の所有者(名義人)は購入者になります。

〇ディーラー提携のローン
自動車購入の際に同時に契約できるため手続きの手間が少なく、また審査も比較的厳しくないことが多いようです。

ローンを完済するまで、自動車の所有者は借入先の信販会社やディーラーになります。そのため、残高がある状態では売却や廃車ができません。

③教育ローン

ローン 種類

奨学金が「子どもが借り、子ども自身が卒業後に返還する」のに対し、教育ローンは「保護者が借り、保護者が返済する」ものとなります。

大きく分けて国(日本政策金融公庫)のものと、銀行、信用金庫、信販会社やノンバンクなど民間の金融機関のものがありますが、いずれも、資金使途が教育関連費用に限定されているのが特徴です。

奨学金との違いについて

教育ローンと奨学金には、大きく3つの違いがあります。

⑴利用者
教育ローンは保護者が利用するのに対し、奨学金は学生本人が利用者となります。

近年は奨学金の返済に、学生本人だけでなく、家族も悩まされるケースも増えているので、利用する際にはよく検討したいところです。

⑵申込時期
教育ローンは随時申し込み可能ですが、奨学金は定められた募集時期に申し込みを行う必要があります。

⑶融資方法
教育ローンは在学期間分をまとめて融資されますが、奨学金は毎月定額で融資されます。

最も大きな違いは、負債を抱えるのが保護者であるか子どもであるかの違いです。

数百万円の負債を返済することは容易ではなく、社会人になり収入を得始めた後も大きな負担となるでしょう。

保護者の一存で決めるのではなく、子ども自身の意見も尊重する必要があります。

④カードローン

ローン 種類

カードローンとは、カード会社や金融機関などが提供している、個人向け融資サービスのことです。

コンビニのATMや銀行などで現金を引き出したり、ネットから自分の口座へ振込んだりすることで借入をすることができるので、とても便利です。

申し込み時に利用限度額が設定されるので、その範囲内であれば何度でも借入ができます。

また、カードローンを提供している会社によっては、さまざまな返済方法を選ぶことができ、随時返済することもできます。

カードローンの3つのポイント

⑴担保なし・保証人なしで借入することができる
ほとんどのカードローンでは、担保や保証人を用意しなくても契約することができます。

ただし、銀行など一部のカードローンでは、お申し込み条件として「保証会社による保証を受けることのできる方」という項目が設定されています。

保証会社とは、お申し込み者を審査したうえで、問題なければ保証人の代わりとなってくれる機関です。

⑵利用目的は問わない
一般的によく聞くローンといえば、住宅ローンや自動車ローンなどが挙げられます。

それらは、利用目的が限定されており、ほかの用途で利用することはできません。

しかし、カードローンは利用目的を問わないので、借入をしたお金を、自由に使うことができます。

⑶いつでもどこでも借入&返済ができる
契約時に設定された利用限度額の範囲内であれば、いつでも自由に借入をすることができます。

しかも、借入れた全額を一度に返済しなくても構いません。

まとまった収入を得たときなど、好きなタイミングで少しずつ返済することができるのです。

本人確認書類や収入証明書のみで借入OK

資金使途が原則自由とされるカードローンは、申し込みの際に必要となる書類は、運転免許証などの本人確認書類のみになります。

運転免許証がない場合は、「パスポート」または「健康保険証」+「1点(例:住民票)」でもかまいません。

銀行カードローンと消費者金融系カードローン

実質的には、銀行カードローンも消費者金融系カードローンも同じようなサービスです。ただし、「金利」「限度額」「融資スピード」「適用される法律」などに大きな違いがあります。

〇銀行カードローン
銀行のカードローンの最大の利点は金利が比較的低いことです。

銀行カードローンの金利は、利用者が多い利用限度額10万円~200万円のゾーンで年利8%~14%が平均相場になります。

また、利用限度額によって決まった金利を提示している銀行が多く、安心できます。

〇消費者金融系カードローン
消費者金融カードローンは、審査最短30分、即日融資が可能な業者が多くあります。

銀行カードローンは、どうしても融資までに時間が掛ってしまうものです。最近は、即日対応できるケースも増えているようですが、それでも消費者金融系カードローンの方が早いといえます。

⑤フリーローン

ローン 種類

フリーローンとは、主に銀行が取り扱っている、名前の通り目的を問わないローンのことです。
キャッシングやカードローンと混同することがありますが、金利や借入回数、使用目的などが異なります。

事業性資金や投機性資金以外であれば目的は問わない、としている銀行がほとんどです。

フリーローンの仕組み

フリーローンの金利はカードローンやキャッシングと比較すると半分以下という金融機関も多くあります。

金利が低い、また追加で融資を受けられないという点から、返済スピードも早い傾向にあるのが特徴です。

なお融資実行までには1週間程度を要します。

フリーローンの使い道

ほとんどの金融機関で「事業性資金や投機性資金以外であれば目的を問わない」としています。

担保は銀行により異なりますが、担保有りのほうが担保無しよりも低金利でまとまった金額を借りられる傾向にあります。

カードローンとフリーローンの違い

カードローンとフリーローンは、どちらも「借入金の使用目的が自由である」点において、似ているシステムです。

しかし、カードローンとフリーローンには明確な違いがあります。

1つ目は、「お金を借りられる回数」です。

カードローンは、決められた限度額の中であれば、何度でもお金を借りることができます。

一方、フリーローンは、申請した金額を1度借入れることができるだけです。

追加でお金を借りるためには、再度、銀行などの審査を受ける必要があります。

2つ目は、「金利」です。カードローンとフリーローンの金利を比較すると、フリーローンの方が金利が低く設定されていることが多いです。

この場合、フリーローンの方が返済時の金利負担は少なく済みます。

3つ目は、「2回目以降にすぐにお金を借りられるかどうか」です。

カードローンは1度審査に通ってしまえば、契約した限度額の範囲内であれば、ATMを利用していつでも・何回でもすぐにお金を借りることができます。

しかし、フリーローンは前述のとおり基本的には1度しか借入れできないため、追加で融資を受けたい場合には、改めて審査を受けなければならず、手間や時間がかかります。

4つ目は、「管理のしやすさ」です。カードローンは、何度も追加でお金を借りることができるため、人によってはお借入れ残高や返済金額が把握しづらくなる場合があります。

その点、フリーローンは「一度お金を借りたあとは基本的に返済し続けるだけ」「金利が低い」などの理由から、お金の管理がしやすいといえます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

ひと口にローンと言ってもさまざまな種類があることがわかりました。

とくに、お子様の未来を考えるとき、教育ローンの存在を忘れてはいけないと思います。

ローンの存在を知らずに、何かをあきらめてしまったり、もっと最適なローンがあるにもかかわらず、手近なローンで済ませてしまうと、金額面や生活面での負担が増すだけではなく、精神的な負担も増えてしまいます。

しかし、普段、生活しているなかで、ローンについて意識することはあまりないかもしれません。

だからこそ、いざお金が必要なときに慌てたり、誤った選択をしないよう、事前にしっかりとローンに関する知識を身に付けておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

金融機関の関連記事