今さら聞けないクレジットカードとカードローンの3つの違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ローン クレジット

クレジットカードとカードローンの違いをしっかりと把握していますか?
2つのカードには違いがあるため、間違った使い方をしてしまうと、困った状況に陥ってしまうことになります。
関係する法律によっては、クレジットカードを作ることができなくなってしまう場合もありえるのです。

こちらの記事では、そのような状況にならないために、クレジットカートとカードローンの違い、関係する法律、さらにはメリットや審査について解説していきます。
クレジットカードとカードローンの使い方に戸惑っている方は、ぜひご覧になってください。

クレジットカードとカードローンの3つの違いをまずは確認

ローン クレジット

カードという点では同じですが、クレジットカードとカードローンにはいくつかの違いがあります。
その違いとは「発行する会社」「商品代金の立て替えと融資」「割賦販売法と貸金業法」の3つの違いです。
まずは、それぞれの違いをはっきりと確認しておきましょう。

1つ目:発行する会社が違う

クレジットカードとカードローンを発行している会社は異なっており、クレジットカードはクレジットカード会社が発行していますが、カードローンのカードは、銀行や消費者金融の会社が発行しています。

<ポイント>
クレジットカード:クレジットカード会社が発行している
カードローンのカード:銀行もしくは消費者金融会社が発行している

クレジットカードは商品を購入する際に、カード会社が商品代金を立て替えてくれますので、お金を借りるわけではありません。
カードローンは、融資を行っていますので、お金を借りる事自体が利用する目的となります。

上記のように発行する会社が異なるのですが、現在では消費者金融会社「アコム」1社のみが、「ACマスターカード」と言うクレジットカードを例外的に発行しています。
しかし、基本的にはクレジットカードとカードローンを発行している会社が違うということを理解しておいてください。

※「ACマスターカード」とは、クレジットカードに属し、付帯サービスは盗難保険以外は付帯していません。
MasterCardブランドの国際ブランドが付いた、ある意味特殊なクレジットカードです。

2つ目:商品代金の立て替えと融資の違い

ローン クレジット

クレジットカードを商品購入時に使えば、現金の支払いを行わなくてもカード会社が商品代金を立て替えてくれることになります。
お金を持っていなくても、クレジットカードがあれば商品を手にすることができるのです。

一方カードローンでは商品を直接購入することはできないので、ご注意ください。
もしも、カードローンで商品を購入しようとするのなら、次のような流れに沿ってカードローンを使うことになります。
【カードローンを使った商品購入の流れ】
1:欲しい商品が10万円だった場合
2:ATMでカードローンカードを使って10万円を借入します
3:そのお金を持って、ショップに行き商品を購入します
4:支払いはほとんどリボ払いで行います

【クレジットカードを使った商品購入の流れ】

1:ショップにてクレジットカードを利用して商品を購入します。
2:1回払い、2回払い、リボ払いなどの支払方法をショップに伝えます
見ての通り、クレジットカードは商品を購入する際にはとても便利なカードです。
しかし、お金を必要な場合には立場が逆転し、カードローンの方が簡単で便利に利用できるようになります。

【現金50万円が必要な場合】
◆カードローンカードの場合には、ATMを利用して50万円を借りる
◆クレジットカードの場合は、キャッシングを設定していないと借りられない
クレジットカードの場合も、キャッシングサービスを設定していれば現金を借り入れることができますが、ショッピング枠の利用限度額内となっていますので、カードローンのように大きな金額の借り入れはできません。

3つ目:割賦販売法と貸金業法の違い

クレジットカードとカードローンの違いとして知っていて欲しいのが、関係する法律が異なるというところです。
クレジットカードの場合には「割賦販売法」が適用され、カードローンの場合には「貸金業法」が適応されることになります。

商品代金の立て替え払いと現金の貸し出しとでは、属する法律が異なっているのです。

〈ポイント〉
クレジットカード:割賦販売法
カードローン:貸金業法

クレジットカードは「割賦販売法」、カードローンは「貸金業法」となるために、カードローンには、「総量規制」が適用されます。
「総量規制」とは、年収の1/3までしか現金の貸し出しが行われないということです。

クレジットカードのキャッシングを利用すると貸金業法が適用

ローン クレジット

クレジットカードでは「割賦販売法」が適用されているのですが、キャッシング枠を利用する時には「貸金業法」が適用されます。
「貸金業法」が適用されると「総量規制」が適用されることとなり、カードローンと同じように、年収の1/3までの貸し出しが行われません。

具体的に言うと、年収が300万円の場合には、クレジットカードのキャッシング枠は100万円以上にはなりません。
クレジットカードを数枚持っていたとしても、その合計によってキャッシング枠は決まります。

【クレジットカードを3枚持っていた場合】
A社カード:ショッピング枠50万円、キャッシング枠20万円
B社カード:ショッピング枠100万円、キャッシング枠50万円
C社カード:ショッピング枠70万円、キャッシング枠30万円
3枚のクレジットカードのキャッシング枠は、合計で100万円までと決まっています。
これ以上のクレジットカードによるキャッシング枠は発行されません。

このような状況になると、新たにカードローンを申し込んだとしても、審査には通ることができないので、この点をよく確認しておくようにしてください。

得になるのはクレジットカード?カードローン?

ローン クレジット

上記で説明したように、クレジットカードでもカードローンでも商品購入をすることができますが、どちらのカードを使った方がお得となるのでしょうか?

「どちらがお得か?」を知るためには、金利や手数料の違いを把握しておくことが大切となります。
次に、10万円の商品を購入し、10回払いのリボ払いをした場合を例に取ってみていきましょう。

金利の違いをチェック

カード種別 年利 金利合計
クレジットカード 14.25% 約6,700円
銀行系カードローン 14%~17.8% 約6,520~約8,200円
消費者金融系カードローン 18% 約8,430円

この場合、クレジットカードで発生する手数料は金利となり、クレジットカードの金利「三井住友VISAカード」で10回払いの分割払いを利用したものとします。
上記の表のように、金利を比較してみたところ、同じ10万円の商品を購入した時には、約2,000円の差があることがわかります。
結果として、商品購入であればクレジットカードの方がお得に購入できるということになります。

お金を借りるのなら法定金利を確認すること

ローン クレジット

お金を借りる際には、カードローンの場合でも、クレジットカードの場合でも金利が発生することを忘れてはいけません。
10年以上前には、グレーゾーン金利と言われる高金利となるために注意が必要でしたが、現在では「貸金業法の利息制限法」によって法定金利が定められています。

〈ポイント〉
10万円未満の金利:年20%
10万円~100万円未満の金利:年18%
100万円以上の金利:年15%

上記の3つに金利が分かれて設定されていますが、この金利を超えた利率で貸付を行うと、法律によって罰せられることになります。

クレジットカードとカードローンのメリットを上手に活用しよう

ローン クレジット

商品購入する際には、クレジットカードが有利だということがわかりましたが、他にどのような使い勝手の良さがあるのでしょうか?
ここからは、クレジットカードとカードローンのメリットである「現金カードローンは使途が自由」「クレジットカードは保険・商品割引」「目的に応じたカードの使い方」を詳しく解説していきます。

現金のカードローンは使途が自由

カードローンを利用する目的は、お金を借りることなので、手にした現金の使途は決められることなく自由に使うことができます。
結婚式のお祝い金、弔事のお香典など、状況に合わせてどんなことにでも使うことができます。

また、利用限度額以内なら何度でも繰り返し利用できるところもカードローンのメリットと言えるでしょう。
コンビニやATMを利用すれば、手軽に現金を借り入れることができるカードローンです。

クレジットカードは保険・商品割引がメリットに

クレジットカードとカードローンを比較した場合、次の7つのメリットが考えられます。
【クレジットカードのメリット】
①海外では身分証明証になる
②海外で現地通貨の調達が可能
③付帯保険で万一の病気やケガの補償が行える
④購入した商品の破損、盗難を補償
⑤万一、不正利用されても補償される
⑥提携ショップで安く商品を購入出来る
⑦利用応じてポイントが貯まる

目的の応じたカードの使い方

ローン クレジット

クレジットカードとカードローンを比較した結果、クレジットカードの方が若干優れているように思えますが、大切なのは利用目的によってをそれぞれの優位性が発揮されるというと点です。
クレジットカードとカードローンのメリットとデメリットとしっかりと把握しておくことが利用する上でのポイントとなるでしょう。
【クレジットカードとカードローンのメリット・デメリット】
◆クレジットカードは海外では身分証明証になる
◆クレジットカードは、所有者のステータスの証明になる
◆カードローンカードは所有者のステータスは証明できない
◆現金が必要な場合は、カードローンのカードが便利
◆クレジットカードは現金が欲しくてもキャッシングに限度がある
◆2つのカードの優劣は、使う時の状況によって変わってくる

厳しいと言われるカードローンの審査

ローン クレジット

クレジットカードでもカードローンでも、申し込みをして審査をクリアしないと利用することはできません。
審査の厳しさは、現金を借りるカードローンの審査のほうが厳しいと言われていますが、一般的なクレジットカードとしたで、ステータスの高いクレジットカードであれば、カードローンよりも厳しい審査となる場合もあります。

次に、そのような審査をクリアするポイントとなる「返済能力」「キャッシング枠」について解説してきます。
クレジットカードやカードローンの申し込みを行う前に、もう一度確認しておきましょう。

審査のポイントンは返済能力

クレジットカードもカードローンも、審査のポイントとされているのは、安定した収入とそれに伴う「返済能力」です。
「返済能力」が認められない場合に、審査は通過できなくなります。
つまり、安定した収入こそが「返済能力」とみなされるのです。

ただし、クレジットカードの場合は現金を貸すわけでなく、商品代金の立替となっているため収入のない学生や専業主婦であってもクレジットカードは発行されます。
自身に収入がなくても、配偶者の収入に安定した収入が「返済能力」があるとみなされ、審査を通過することができるのです。

【審査の特徴】
◆クレジットカードは収入の無い主婦や学生でも発行してくれる
◆カードローンでは、収入の無い主婦や学生は、申込み対象外となる

キャッシング枠が小さいと審査通過しやすい

クレジットカードやカードローンの審査が厳しいと感じているのなら、キャッシング枠を低く設定することをおすすめします。

また、クレジットカードの審査は通りやすいのですが、キャッシング枠を希望した場合は、カードローンと同じように「貸金業法」が適用され審査が厳しくなってきます。
大きなキャッシング額を希望すると、審査のハードルが高くなってしまうので、審査を通過ためには、キャッシング枠を低めにおさえておくとよいでしょう。

ちなみに、カードローンとクレジットカードのキャッシングでも「貸金業法」が適用されるため、審査内容は同じになります。

クレジットカードかカードローンのどちらかに決めること

クレジットカードとカードローンの特徴を踏まえると、商品を購入する時にはクレジットカード、お金を借りる時にはカードローンとなります。

しかし、クレジットカードとカードローンを2重に持つことは、できるだけ避けてください。
2重に持っていると言うことは、毎月の返済額が倍になり、金額によっては何倍にも膨れ上がるケースもでてきます。
その結果、返済できなくなり多重債務者となる可能性が発生します。
実際に、多重債務者の多くは、クレジットカードとカードローンを併用していることがほとんどなのです。

まとめ

クレジットカードとカードローンの3つの違いについてを始めとして、メリットや審査のポイントを解説してきました。
商品代金の立て替えをしてくれるクレジットカードとカードローンは、商品を購入するときやお金が不足した時に、便利に活用できるカードです。
クレジットカードにも、キャッシング枠があるのでお金を借りることができますが、その場合は「貸金業」が適用されて総量規制の対象となることを確認しておいてください。

また、クレジットカードもカードローンもともに借金であることにはかわりありません。
返せるだけの金額だけを借りるようにして、クレジットカードとカードローンの2重持ちは多重債務者になる可能性が高くなるので、できるだけ避けるようにしましょう。

ライフスタイルに合ったクレジットカート、またはカードローンを選んで上手に利用してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ローンの関連記事