生ゴミ処理機の助成金を確実に受け取るための5つのステップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
助成金 生 ゴミ 処理 機 助成 金

家庭に生ゴミ処理機を購入して、家計にも地球にも優しい家庭環境を作りたいとお考えではありません?
しかし、生ゴミ処理機自体の金額が安いものではないので購入をためらっている方もいるのではないでしょうか。
もし、少しでも出費を抑えて生ゴミ処理機を購入できれば家計にも優しくて良いですよね。
要件などは地域によって細かく変わってきますが、実は日本の6割の地域で生ごみ処理機の購入に対して助成金を支給しています。
そこで、本記事では生ゴミ処理機を購入の際に受給できる助成金について解説していきます。

助成金を使って生ゴミ処理機手に入れるお得な方法

助成金 生 ゴミ 処理 機 助成 金

実は、日本の6割程度の自治体が生ごみ処理機の購入に助成金を出して購入を促しています。
助成金を活用することで自治体によっては、購入代金の半額程度負担してもらう事ができる場合もあります。
助成金の対象となるのは、家庭から毎日出される生ごみを微生物や乾燥することによって量を減らしたり、資源化することができるものが助成対象になります。

・生ゴミ処理機を購入すると、いったいいくらの助成金がもらえるのか?
・自治体が生ゴミ処理機に対して助成金を支給する理由

こちらでは、上記2点について解説していきます。

生ゴミ処理機の助成金には助成金があります

日本全国では1741自治体があり、その中の約60%の1051の自治体で生ごみ処理機の購入に対して助成金を支給しています。
さらに、その中の約90%の自治体で数20,000円〜75,000円の助成金を支給しています。
生ゴミ処理機購入の助成金は上限金額が決められており最大で、商品代金の半分までを助成すると決められている地域が多くなっています。

下記に助成金を支給している自治体の上限金額を紹介します。

地域 助成金上限金額
奈良県生駒市 75,000円
東京都府中市 50,000円
神奈川県鎌倉市 40,000円
京都府京都市 35,000円
東京都千代田区 30,000円
沖縄県那覇市 30,000円
北海道札幌市 20,000円
香川県高松市 20,000円
愛知県名古屋市 8,000円
大阪府大阪市 なし

上限金額の傾向として、都会の様に性能の良いゴミ処理施設を保有していることが多く、焼却場がない地域や環境問題に力を入れている地域ほど助成金が多く出る傾向にあります。

生ゴミ処理機のために助成金を支給する理由

助成金 生 ゴミ 処理 機 助成 金

家庭で出るゴミは自治体によって回収され、多くは焼却場で処理されている事はご存知かと思います。
その家庭ゴミの中に含まれる生ゴミの量は30%~40%と言われています。
その生ゴミの量を減らすことで、ゴミ処理に関わるコストを大幅に下げることができます。

自治体が生ゴミを処理するのに削減できるコストは主に以下の3つです。

・ゴミの回収コスト削減
・焼却処理のコスト削減
・焼却処理後の埋め立てにかかるコストの削減

生ゴミの大半は水分のため、水分が多いままゴミを焼却炉に入れてしまうと、焼却炉の温度が下がり、ダイオキシンが発生してしまします。
なので、生ゴミを家庭で処理し、ゴミの水分量を抑えることはダイオキシンの発生を抑えることに繋がります。

以上の理由により、生ゴミを家庭で処理することは自治体にとって多くのメリットがあります。

損をしない様に確実に助成金申請を行いましょう

助成金 生 ゴミ 処理 機 助成 金

生ゴミ処理機の、ための助成金の存在を元々知っている方であれば、もちろん申請はするかと思います。
しかし、申請方法などをしっかりと調べなかったために、本当であれば確実にもらえたはずの助成金をもらえなかった人もいます。
「調べていれば貰えたはずなのに!」と後悔しないように、受給までの流れから、確実に受給するためのポイントをしっかりとおさえておきましょう。

5つのステップで確実に助成金を受給しましょう

生ゴミ処理機のための助成金は、きちんとした申請さえ行えれば確実に受給できるものです。
確実に助成金を受け取るためには5つのステップがあります。

①事前調査
②商品購入
③書類の準備
④窓口へ提出
⑤助成金の受給

自治体によっては商品購入前に申請が必要な場合もあるので、事前のお住まいの地域の助成金の情報を調べておく必要があります。

では、具体的に確実ステップの詳細を見ていきましょう。

①事前調査

自治体によって、助成金の上限金額や受給条件が異なってきます。
そのため、助成金申請を考えると前にお住まいの地域の助成金の情報を調べる必要があります。
助成金を出している地域では、大抵自治体の電話番号や助成金の上限金額などの記載があるので、購入を検討している方は詳細を自治体のHPなどでチェックしてみてください。

②商品購入

自治体によっては必要書類の中に領収書や、保証書、説明書など全て必要になる場合もあります。
生ゴミ処理機を購入した際は確実書類を大切に保管しておきましょう。
また、購入前に申請が必要な自治体もあるので、事前にどのタイミングで申請すれば良いのか調べておく必要があります。

③書類の準備

各市町村の窓口に所定の申請用紙があります。
必要事項を漏れなく記入する必要があまりす。
また、多くの自治体ではホームページから申請書をダウンロードできるので、印刷して使用しても良いかもしれません。

④窓口へ提出

自治体の窓口に行って、申請書類と必要書類を提出します。
書類に不備が無い事を再度確認しておきましょう。

⑤助成金の受給

2週間〜1ヶ月程で助成金が指定した口座に振り込まれます。
助成金が受給できたら、アンケートなどに協力しないといけないといけないというような地域もありますので、できる限り協力しましょう。

受給のために事前に知っておく必要のある5つのポイント

助成金 生 ゴミ 処理 機 助成 金

生ゴミ処理機の購入を検討しているのであれば、事前に助成金の情報を調べる大切さらご理解頂けたかと思います。
事前に助成金を調べる際には下記の6つのポイントを特に注意して調べる必要があります。

・申請時期について
・販売店の指定、販売店所在地域の指定にの有無ついて
・領収書・保障証・説明書の提出の有無について
・年間助成台数(予算額)について
・過去に購入したことがある場合について
・事業者の場合

申請時期について

助成金の申請のタイミングは地域によって異なるので注意が必要です。時にも注意が必要です。

基本的に商品購入後に申請をすれば補助金の受給できる地域が多くなっていますが、購入前に申請が必要な地域があります。
そのような自治体では購入してからの申請では受給できません。
また、「購入してから30日以内に申請」「年度をまたいだ場合は対象外」など、申請時期によっても規定があり自治体によっても大きく異なりますので、注意が必要です。

販売店の指定、販売店所在地域指定の有無について

助成金を出している地域の3割程度では、販売店の所在地域が同一自治体内にないといけなかったり、自治体に許可を受けた指定販売店で購入しないと対象外になってしまう場合があります。
北海道や徳島県は自治体内販売店であることが条件になっている地域が多いので注意が必要です。
販売店地域や販売店が指定されている場合、ネットでの購入した場合は受などは受給することができなくなってしまいます。

領収書・保証書・説明書などの提出の有無について

助成金の申請のためには領収書・保証書・説明書は必ず保管しておく必要があります。
上記のように販売店の指定、販売店所在地域の指定がある自治体の場合には、「自治体指定販売店での購入」「領収書が発行される領収書の住所が同一地域にあることの証明」として使われます。
大型家電量販店の場合、地域内の店舗で営業していても、領収書は本店の名称や所在地が記載されている場合がありまので、注意が必要です。
そういった場合には領収書の裏面に地域内の店舗の住所が入っている社印・社判等を押してもらうようにしましょう

年間助成台数(予算額)について

多くの自治体で年間の助成台数や予算額が決められています。
購入前に自治体の担当部署に連絡して「助成金の枠が残っているかどうか」を確認するのが得策です。

過去に購入したことがある場合について

過去に購入したことがある場合や、申請人が異なっていても同一世帯内に購入したことがある場合は対象外となってしまったり、受給金額が少なくなる地域があるので、生ゴミ処理機の買い替えの時には注意してください。

事業者の場合

事業者の場合、多くの地域で家庭用の生ゴミ処理機については補助金が受給できないようになっています。
しかし、同一地域内に住所がある事業者の場合は認められている場合もあるので、事業所の所在地の自治体に問い合わせするようにしましょう。
また、業務用の生ごみ処理機については、上限金額100万円などの補助金を受給できる地域も存在します。
1台の1日あたりの処理容量などによって規定されています。

助成金を少しでも多く貰う2つのポイント

助成金 生 ゴミ 処理 機 助成 金

ここまでで、生ゴミ処理機の助成金を確実に受給するためのポイントを解説しました。
助成金制度を利用するのであれば、多くの助成金を貰い、お得に生ゴミ処理機を購入できる方が良いですよね。
実は生ゴミ処理機の選び方次第で助成金を多くもらうことができるので、助成金を最大限に活かす方法をご紹介しましょう。

助成金を多くもらう電動式の生ゴミ処理機がおすすめ

助成金をもらうなら絶対に電動式の生ごみ処理機がお得です。
なぜかというと、コンポストなどは価格が元々安いため、もらえる助成金額も数千円程度となっています。

生ゴミから堆肥を作りたい場合はコンポストが良いかもしれませんが、生ゴミの臭いの改善や減容が目的なら、電動式の生ゴミ処理機の方が便利でお得となっています。

まとめ

助成金 生 ゴミ 処理 機 助成 金

以上、生ゴミ処理機の助成金を受給するための方法を紹介しました。
助成金をしっかりとと受給するために事前に調べておいた方が良いポイントは以下の6つです。

・申請時期について
・販売店の指定、販売店所在地域の指定にの有無ついて
・領収書・保障証・説明書の提出の有無について
・年間助成台数(予算額)について
・過去に購入したことがある場合について
・事業所の場合

自治体によって、細かい条件は異なりますので助成金の申請を検討されている人は、必ず事前に自治体に問い合わせるようにしましょう。
今後生ゴミ処理機を購入するのであれば是非助成金を活用していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

助成金の関連記事