【7つの資金調達法】無職や失業中でもお金を借りるためには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
資金調達 無職

無職や失業してしまった方、主婦の方やアルバイトでは資金調達を行うことは難しい…一般的にはそう考えられていますが、実は一時的に借り入れすることが可能であるということはご存知でしたか?

生活費が底をついてしまった、何かの事情でお金が必要になったなど、急にどうしてもお金を作らないといけないという時もありますよね。無職や職を失ってしまって収入がない、安定した職についていないという方ならばそのような状況になることも少なくないのではないでしょうか?

そんな時に考えるのが「どこかからお金を借りる」ということですよね。しかしながらご存知の通り融資には審査があり、審査に通らなければお金を貸してもらうことは出来ません。無職の場合、この審査に通ることが出来ず融資を受けることが難しい事が多いのです。

では、そんな無職の方はどのようにしてお金を借りたら良いのか?ということについてこの記事では詳しくご紹介していきたいと思います。今、無職や失業中だけどどうにかしてお金を借りたい…そんな風に考えている人は是非この記事を参考にしてみてください。

無職・失業中でもお金を借りる7つの方法

そもそもなぜ、無職や失業中だとお金を借りることが出来ないのでしょうか?それは「返済能力が無い」を考えられるためです。お金を借りるということはつまり、返すことが前提ですが、お金を貸す側からしたら貸したお金が返ってこない可能性のある人(=返済能力が無い人)に貸したいとは思いませんよね。

そこで、融資では返済能力があるかどうかをチェックします。無職や失業中や主婦の方やアルバイトの方の場合、返済能力が無いもしくは低いとみなされてしまうため審査を通過することが難しく、融資を受けられない事が多いのです。

では、無職の場合は絶対にお金を借りる事ができないのかというと、そうではありません。無職の方でもお金を借りる方法は存在しています。ここからは無職の方でもお金を借りるための方法を7つご紹介していきますので、参考にしてみてください。

方法1:職に就く

資金調達 無職

前述の通り、貸金業者は返済能力の無い人にお金を貸すのを躊躇います。これは、収入が一切なければお金を貸しても返ってこない可能性が高いと考えられるためです。

そのため、融資を受けたいと考えているならばまずはどんな仕事でもいいので職に就くということが大切です。正社員ではなく、アルバイトやパートでも借り入れが出来るというところもありますので、まずはどんな仕事でもいいので仕事を探してみましょう。無職から一気に大きな額の借り入れが出来るというところはまずありませんので、何か目標があるにしてもコツコツ行っていく必要があります。

仕事を選ばずとにかくいくつも面接を受ければ必ずどこかで職に就くことが出来るはずです。急ぎでお金を借りたいという場合には民間の貸金業者を利用する方が早くお金を手にすることが出来るだけでなく、仕事に就いて働けばその分のお金も手に出来るため仕事に就いておいて損はないでしょう。

方法2:親族・友人・知人から借りる

資金調達 無職

無職の方にとって考えられる最も簡単な方法が家族や親戚、友人、知人かお金を借りることによって資金調達を行うということではないでしょうか?この方法では貸金業者などが行う審査はありませんので、無職でも、安定した職についていなくても問題ありません。更に、貸金業者ではないため利息も発生しませんし、資金調達スピードも早いでしょう。

気心知れている家族や親族、友人ということもあって気軽にお願いすることが出来るかもしれませんが、場合によっては関係に大きなヒビが入ってしまったり、最悪の場合、絶縁になってしまうという可能性も考えられるため、注意する必要があります。

親族間のお金の貸し借りが大きなトラブルに発展してしまったという話はよく耳にしますよね。どんなに親しい仲の良い間柄だったとしても、お金の貸し借りをすることで今まで築いてきた関係が一瞬にして崩れ去ってしまうことも考えられるのです。

一番手っ取り早い方法だと考えられがちですが、この方法はどうやってもお金を借りることが出来なかったという場合の最終手段と考えておくのがいいでしょう。また、お金を借りる際には、相手とどんな関係性であるにせよ必ず借用書を作成するようにしましょう。

借用書にもいくつかの種類がありますが、有効なのは金銭消費貸借契約書です。借用書があれば、きちんとお互いに確認した上でお金の貸し借りが出来ますし、記憶違いや勘違いなどによって引き起こされるトラブルを未然に防ぐことが可能です。口約束は大きなトラブルのもとですので、くれぐれも気をつけましょう。

方法3:生命保険を利用する(生命保険契約者貸付制度)

資金調達 無職

生命保険に加入している方ならば、生命保険契約者貸付制度を利用してお金を借りることが可能です。この生命保険契約者貸付制度というのは、生命保険解約時に受け取ることが出来る解約返戻金の一部を担保として、保険会社からお金を借りるというものです。

掛け捨て型の生命保険の場合は解約返戻金がないため生命保険契約者貸付制度を利用することは出来ませんが、終身保険や養老保険、学資保険などの貯蓄型の生命保険の場合は解約返戻金を受け取ることが出来るため、生命保険契約者貸付制度を利用することが可能です。

掛け捨て型の生命保険の場合は保険料が低めに設定されている物が多いですが、このようなデメリットも存在していますので気軽に申し込みをしてしまわないようによく検討するようにしましょう。

生命保険契約者貸付制度はお金を借りるための審査を受ける必要がないだけでなく、契約している保険を解約する必要もありません。借りたお金をどのように使うかなど、使い道を確認されることもありませんので、生命保険に加入している方は無理なくお金を借りることが可能です。

方法4:生活福祉資金貸付制度

資金調達 無職

低所得者層や障害者世帯、高齢者世帯に対しての融資制度が生活福祉資金貸付制度です。

この生活福祉資金貸付制度でいう低所得者層とは「市町村民税非課税程度・生活保護法に基づく生活扶助基準の1.7倍程度」という収入の基準があり、安定した仕事に就くことが困難なだけでなく、生活をするためのお金を借り入れすることが出来ないという方のことです。

生活福祉資金貸付制度で借り入れが可能なのは、生活のための資金、教育支援金、福祉資金、不動産借り入れのための資金です。これ以外の用途では借り入れを行うことが出来ませんので注意が必要です。

生活福祉資金貸付制度を受けるためには、申込者の住所地でこの制度を行っている自治体の社会福祉協議会窓口に言って相談をしなければなりません。そして、この相談でOKが出た場合のみ、貸付申し込みが可能です。

また、更にそこから社会福祉協議会によって貸付の審査が行われます。場合によってはその際に書類を提出しなければならないこともあります。公的な貸付となる生活福祉資金貸付制度では審査は厳しめで、更に実際に資金を手にすることが出来るのは申し込みから1ヶ月から1ヶ月半ほど時間がかかるため、急ぎで資金調達を行いたいという方には向かない方法です。

方法5:緊急小口資金貸付

資金調達 無職

生活福祉資金貸付の一つである緊急小口資金貸付は、生計を維持することが困難となってしまった場合のための貸付で、緊急の貸付であるため金額も10万円までと制限されており、申し込みから貸付までにかかる期間は5日から1週間ほどとなっています。

10万円以上を借りたい方や、生計維持以外が目的でお金を借りたい人には不向きな方法です。

方法6:求職者支援資金融資制度

資金調達 無職

職業訓練を受けるという方で、訓練を受けている間の生活費が足りなくなってしまいそうな場合に利用することが出来るのがこの求職者支援資金融資制度です。職業訓練受講給付金を受けられる方、ハローワークで求職者支援資金融資要件確認書が交付された方のみが利用可能な制度となっています。

上記の条件に該当している人ならば今現在仕事についていない人でも申請可能となっているため、職業訓練を受けている間の生活費が足りなくなってしまいそうだと不安に思っている人は申し込みを考えてみてはいかがでしょうか。ハローワークで申し込み手続きが可能です。

保証料も込みで年利は3.0%と低金利なので、この求職者支援資金融資制度が利用出来る方はこちらを利用するのがオススメです。

方法7:母子父子寡婦福祉資金貸付金

資金調達 無職

母子父子寡婦福祉資金貸付金は20歳未満の子供を扶養しているひとり親の方の経済的な自立を支援することを目的とした貸付金のことです。今現在、仕事についているかいないかは申請の際に問題になることはなく、審査の基準は現在の生活状況となります。

住所地の自治体にある福祉相談窓口で相談や申し込みを行うことが出来ます。ただし、こちらの制度は申し込みから貸付までにかなり時間がかかり、2ヶ月から3ヶ月ほど必要となりますので、母子父子寡婦福祉資金貸付金を利用したいと考えている場合はまずは早めに相談に足を運ぶのがいいでしょう。

まとめ

無職や失業中にはどこからもお金を借りることが出来ないと思われがちですが、実は日本には無職の方でも無理なくお金を借りることが出来る制度や方法がこんなにもあるんです。

お金を借りるというと銀行や民間ローンやカードローンという選択肢が浮かびますが、国や自治体による公的融資制度ならばそれらの融資制度に比べて圧倒的に低い金利でお金を借りることが可能です。ご紹介したような条件に該当するという方は、是非利用を検討されてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

資金調達の関連記事