ビジネスローンの選び方で資金調達が変わる3つの理由を徹底紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ビジネスローン 選び方

中小企業、個人事業主といったスタイルで事業を展開していると資金調達を行うことは簡単ではありません。

その中で、ビジネスローンという存在は大変にありがたいものです。

一般にまとまった金額を借り入れるとなると担保、保証人が必須となりますがビジネスローンに関しては必要とされない場合もあります。

また審査が行われる上では、そこまで多くの書類が必要とされません。

審査が完了して融資を受けることができるまで、そこまで長くの時間を必要としない点もありがたいところです。

そんなビジネスローンは選び方次第でも資金調達が違ったものになりますから、留意しておくに越したことはありません。

・金額の違い
・金利の違い
・審査の違い

次項から、それぞれの違いをくわしく解説します。

金額の違い

ビジネスローン 選び方

ビジネスローンの選び方として、借り入れることができる金額が多いに越したことはありません。

金額の違いは、借り入れる要件の厳しさに比例するものです。

ビジネスローンと総量規制

ビジネスローンは法人の経営者や個人事業主だけが申し込むことのできる金融商品であり、事業資金の調達手段として役立てることができます。

提供元で言うと、銀行はノンバンクよりも融資限度額が高額です。

まとまった金額の資金調達を行いたいというケースでは、銀行のビジネスローン商品を利用することが適しています。

また消費者金融業者の商品に関しては、限度額があっても貸金業法において定められている総量規制が適用されますから満額の融資を受けることができるとは限りません。

利用者の年収に鑑みて、3分の1以上となる金額を貸し付けることはできなくなっているのです。

しかしながらビジネスローンに関しては、総量規制の例外となる個人事業主への貸付に当てはまりますから総量規制が適用されません。

最終的な融資可能額は、事業の内容や規模によって判断されることになります。

銀行のビジネスローン

銀行は金融機関として、一般的に大きな金額の融資を受けることのできる傾向があります。

ビジネスローンにしても、例外ではありません。

ただもちろん、融資とは信用にもとづいておこなわれるものです。

ですから高額な融資を受けるためには、厳しい条件が求められることになります。

借り入れることができる最高額としては、3,000万円程度から1億円ほどにまで及んでいる銀行も少なくありません。

そしてあくまでビジネスローンですから、資金調達が果たされた際にはその使途が運転資金や設備資金に限定されます。

短期的な資金繰り、借り換えといった目的に使用することは認められていません。

申し込みにあたっては決算書を提出し、自動のスコアリングによって評価されるかたちになります。

契約する上での手続きは対面によって行われることが一般的であり、代表者や事業主が店舗を訪れることも必要です。

第三者による保証は原則として必要とされませんが、複数の代表取締役がいれば全員を連帯保証人とすることが求められます。

返済に関しては、同じ銀行の口座からの引き落としになることが通常です。

ノンバンク系のビジネスローン

ノンバンク系のビジネスローンに関しては、融資限度額の上限で言うと銀行の提供商品に及びません。

ただ窓口が長時間にわたって、また休日や祝日にも対応しているなど利用する側からすると多様なニーズに応えられるものとなっています。

借り入れや返済をする方法についても、コンビニエンスストアに設置されているATMを使うことができるなど便利です。

金利の違い

ビジネスローン 選び方

ビジネスローンの金利は、一般的な銀行からの借り入れなどと比較してかなり金利が高めになっています。

15%から18%程度という場合が多く、少しでも抑えた選び方をすることがポイントです。

ビジネスローンの金利

ビジネスローンの金利は、一般的な金融機関の融資商品と比較すると高い水準となっています。

カードローンと比較しても、銀行の商品よりは高金利です。

また、申込者の状況を鑑みて金利が決定される要素もあります。

たとえば申込時に事業が赤字決算となっていれば、黒字決算の申込者に比して高い水準の金利が設定されるといった具合です。

必要書類に決算書を要求しないといったように必要な手続きが簡略的なものとなっている商品についても、信用を証明するものが少ないため金利は高くなります。

金利の差異

銀行で提供しているビジネスローン商品については、ノンバンク系のものと比較して総じて金利が低めになっています。

ノンバンク系のビジネスローンに関しては、同じくノンバンク系で提供されているカードローン商品と同じ程度の金利です。

とは言っても、ビジネスローン商品の間でそこまで金利に大きな差があるというわけではありません。

ビジネスローンの選び方として金利だけで絞り込むかたちでは決定が難しいところもあり、そのほかの要素も併せて検討することが必要です。

金利は返済の都度、併せて支払うものですから安易に返済が遅延するようなことになると利息がふくらんでいき負担は大きくなる一方となります。

審査の違い

ビジネスローン 選び方

一口にビジネスローンと言っても、それぞれの貸し手によって審査の方法は異なります。

やはり、少しでも審査へ通りやすいに越したことはありません。

ビジネスローンの審査

ビジネスローンの審査では、スコアリングシステムを取り入れている例が少なからず見られます。

スコアリングシステムは提示された情報に対して機械的に項目ごとの配点を行うものですから、審査全体に必要とされる時間が短縮されるものです。

ただ事業内容などに関してはこまかく判断しなければならないため、そこにはマンパワーも用いられなければなりません。

スコアリング、マンパワーの併用による審査プロセスがとられている場合も多々あります。

提出された書類の内容に不備があるかどうかはもちろん、申し込み者の信用情報について問題となる点がないかどうかなどはクリアすべきポイントとして最低限です。

事業の資金計画やこれまでの実績、将来性といった部分も確認されます。

おおむね必要な書類は運転免許証などの本人確認書類に加えて確定申告書などの収入証明書、そして決算書のほか事業計画書や商業登記簿謄本などの事業関連書類です。

商品によって要求される書類の多少も異なり、やはり量が多ければ審査にも時間がかかるものであると考えられます。

そのほか業歴については少なくとも2年があり、債務の超過や納付されていない税金がないことなども条件となり得るポイントです。

各項目が考え併せられた上でのトータルとして、返済能力について判断されます。

銀行の審査

銀行ではビジネスローン商品の審査に関して、時間をかけて審査する傾向があります。

3営業日以上の期間を設けているケースも、珍しくはありません。

審査においてはその銀行とすでに取引がある場合、その内容によって審査での評価がプラスとなるところもあります。

また事業規模が小さい場合ですと都市銀行に比べて地方銀行、信用金庫といった金融機関の審査により通りやすくなる傾向にも留意したいところです。

手続きとしても、一般的にはオフィスで直接契約書へ押印するといった手続きが必要とされます。

また審査の状況によっては、追加で別途書類の提出が要求されることにも注意しなければなりません。

業歴に乏しい場合は特に大手銀行の商品ですと審査に通ることが難しく、地域に根ざした金融機関の商品に絞ることも選び方となります。

ノンバンク系の審査

審査に要する期間や基準の厳しさといった点に注目すると、ノンバンク系のビジネスローンが短期間で審査にも通りやすいところがあります。

ただし、審査が完了するまでの日数についてはそこまで差が大きいわけではありません。

審査に必要とされるを提出する上で、必ずしもオフィスへ出かける必要がないことはノンバンク系の事業者に比較的多く見られます。

FAXやインターネット上からの手続きが許容されていることによって、場所を問わずに借り入れを申し込むことが可能です。

また必要書類として決算書が要求されない商品であれば、事業のスタートから数年が経過していない場合であっても資金調達の手段とすることができます。

必要な書類が少ないということで、審査にかかる時間はさらに短縮されることにもなるわけです。

ただし決算書類のスコア化がなされないために、審査上ではマイナスになってしまいます。

まとめ

以上、ビジネスローンの選び方で資金調達が変わる3つの違いを紹介しました。

・金額の違い
・金利の違い
・審査の違い

ビジネスローンは、中小企業や個人事業主にとって貴重な資金調達手段となる金融商品です。

それだけに、できるだけ良い条件でまとまった資金が得られるよう商品の選び方は熟慮することをおすすめします。

借り入れることができる金額については、銀行の商品がノンバンク系を上回っていることに疑いありません。

金利にしても、銀行の商品がより低いパーセンテージに抑えられています。

こういった条件の良さは、厳しい審査が実施されることによって実現されているものです。

審査については銀行でもメガバンクや大手の地方銀行がもっとも時間をかけて詳細に行い、地域に密着する金融機関そしてノンバンクという順で厳格なものとなる傾向です。

ノンバンク系のビジネスローンでは多額の資金調達を行うことこそ難しいものの、柔軟な対応は期待することができ急ぎなどのニーズに適いやすいところがあります。

いずれにしても一長一短がありますから、必要な金額や緊急性の度合いなどに応じて慎重に吟味することが必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ローンの関連記事