エコキュートの補助金申請に役立つ2つのポイントを紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
補助金 エコキュート 補助

多くの家電製品や設備で環境に優しいものが開発され、一般の家庭にも広まりつつあります。その中でエコキュートという給湯器はご存知でしょうか。
エコキュートは安い光熱費でお湯を沸かす事ができる、環境に優しい電気給湯器です。
実はそんなエコキュートの導入を支援する補助金制度が存在しています。
今回はエコキュートを導入した時のメリットや補助金について説明していきたいと思います。補助金申請の条件なども解説していきます。
エコキュートは優れた省エネ効果から環境にも家計にも優しいとってもオススメの家庭での投資になります。

エコキュートとは、どんなものなのか

補助金 エコキュート 補助
まずは、エコキュートとはどんなものなのかお話ししましょう。
エコキュートとは、ヒートポンプ技術を利用した空気を使ってお湯を沸かす電気給湯器のことです。
室外に設置されたファンが外気の熱を吸収し、その熱を利用してお湯を温めます。

エコキュートの最大のメリットは、安い深夜電力を利用してお湯を沸かすため、光熱費を抑えられる点です。また、給湯に使われるエネルギーを抑えられることから、省エネ効果も高いです。

当初は70万円ほどしたエコキュートですが、現在では価格競争の影響もあり、大体30万円前後で販売されています。東芝やパナソニック、三菱などが主なメーカーです。
加えて、水道工事や電気工事などを含む設置費用が15万円ほどかかるため、初期費用の目安は約45万円となっています。

エコキュート設置に対する補助金の有無は自治体によって様々ですが、最大で10万円ほど付与している自治体もあります。
設置の際は、お住いの地域の自治体に必ず確認しておきましょう。

エコキュートの補助金の申請方法は?

では、エコキュートの申請方法を紹介します。
現在2019年では、残念ながら申請期間が過ぎてしまった市などがありますが、まだ申請可能な県や市が存在します。

まず申請方法や条件が各家庭で適合しているのか確認しなくてはいけません。
下記に申請方法に役立つポイントを2つご紹介します。

ポイント①エコキュートの補助金の申請方法

補助金 エコキュート 補助
エコキュート設置のための補助金を受けるためには、必ず設置前に申請を行ってください。
設置後に申請したとしても、申請を受け付けてもらえないので注意が必要です。
申請の際には下記の書類を自治体の窓口に提出する必要があります。

■ヒートポンプ給湯器設置費補助金交付申請書
■ヒートポンプ給湯器の設置にかかる費用の見積書、または契約書の写し
■ヒートポンプ給湯器の形状及び規格などを説明する資料(カタログなど)
■申請者本人の住民票(申請者の本人の住民票)、または運転免許証の写し
■環境にやさしい生活宣言書
■ヒートポンプ給湯器を設置する住宅の位置図(住宅地図の写しでも可)
■市町村税の滞納が無いことを証明する書類(納税証明書など)
■委任状(代理人が書類を提出する場合)

これらの書類が確認されて補助金の申請が通れば、ヒートポンプ給湯器設置費補助金交付決定通知書が送られてきます。

工事完了後30日以内、もしくは市区町村で指定された期限までに工事内容の報告書や所定の書類の提出が必要です。

工事完了報告の書類確認後に確定通知が申請者に送られますので補助金請求の書類で補助金の申請を行ってください。

ポイント②エコキュートの補助金対象設備条件

補助金 エコキュート 補助
自治体によって条件は異なりますが、条件に合うエコキュートでないと補助金の対象外となります。

ヒートポンプの作用を利用したエコキュートであること、中古やレンタルではない新品のエコキュート、寒冷地の場合は寒冷地仕様のエコキュートであることなどが条件に挙げられます。 エコキュートそのもの以外にも対象者には以下のような条件があります。

■自治体の市区町村に居住しており、補助金申請を行っている間に居住する予定
■市町村税を滞納していない
■同一世帯にエコキュートの補助金を利用したことがない
■暴力団員ではない
■市区町村にある住宅、または建築予定の住宅であり自らが居住する住宅

エコキュートにも申請者にもいくつか条件がありますので、お住まいの市区町村の補助金の条件を確かめてから申請を行いましょう。

エコキュートの補助金制度のある自治体は?

補助金 エコキュート 補助
エコキュートは快適な環境を保つのに役立つことから補助金制度が設けられていることをご紹介しました。 以前は国の補助金制度がありましたが、2010年(平成22年)に終了していることから、エコキュートの補助金制度が無くなったと思っている方は多いです。

しかし、自治体により内容の違いはありますが、現在も補助金を受けることのできる自治体はあります。 いくつかの自治体の補助金制度の内容の例と合わせて、補助金の申請方法や補助金の対象条件などをご紹介します。

補助金制度の多くは先着順で、年度の予算を使い切ってしまえば終了してしまいます。
しかし、仮に今募集が終了している場合でも、申請者が多ければ次年度の予算で再度エコキュートの補助金制度の申し込みを受け付ける場合がありますので、補助金を受けることができなかった際はまた申し込める時があるのか自治体に確認してみてください。

関東のエコキュートの補助金申請出来る場所

補助金 エコキュート 補助
2019年では、全国区で補助金を行っていますが、参考として関東エリアで補助金を出している県を紹介します。
各都道府県の市別に期間が定められていますので、市のホームページで確認してみる事をオススメします。
下記に一覧でまとめましたので確認してみましょう。
※調査したのは2019年8/29になります。この時点で終わっている市は掲載しておりません。

東京都のエコキュートの補助金

補助金 エコキュート 補助

■荒川区
期間:なし
金額:補助対象経費の2分の1以内、上限は175万円
TEL: 03-3802-3111

■大田区
期間:なし
金額:東京都が交付する「公衆浴場クリーンエネルギー化等推進事業補助金」を差し引いた当該補助事業対象額の残額のの合計額の2/3の額、上限は合計200万円(LEDシステム照明器具設置は75万円)。
備考:大田区内の、施設等の改善を行う公衆浴場が対象
TEL: 03-3733-6184

■江東区
期間:なし
金額:設置経費の5%、上限は4万円/1設備
TEL: 03-3647-6124

■小平市
期間:なし
金額:補助対象経費の2分の1、または補助限度額(既存店舗20万円、新規店舗40万円)の少ない方の額
備考:限定
TEL: 042-346-9534

■府中市
期間:2018/4/2~
金額:1万5千円
TEL: 042-335-4472

■武蔵村山市
金額:2万円
TEL: 042-565-1111

埼玉県のエコキュートの補助金

■桶川市
期間:2018/4/2~
金額:3万円
TEL: 048-786-3211

■川口市
期間:2018/4/2~
金額:対象経費の20%、上限は1店舗あたり20万円
TEL: 048-259-9018

■幸手市
期間:2018/9/11~
金額:工事および設計費の5%に相当する額、上限は10万円
TEL: 0480-43-1111

■狭山市
期間:2018/4/25~
金額:住宅…(税抜き工事費の)5%で上限10万円まで
店舗、空き店舗…(税抜き工事費の)10%で上限30万円まで
TEL: 04-2953-1111

■秩父郡長瀞町
期間:2018/4/5~
金額:1件あたり20,000円
TEL: 0494-66-3111

■戸田市
期間:2018/4/3~2019/1/31
金額:個人4万円、上限1台4万円(上限2台まで)。
事業者4万円、上限1台4万円(上限10台まで)
TEL: 048-441-1800

■富士見市
期間:2018/4/2~
金額:20万円(消費税を除く)以上の対象工事費(直接工事費)の総額5%以内の額(上限10万円)
TEL: 049‐251‐2711

神奈川のエコキュートの補助金

神奈川県は、厚木市、小田原市、横浜市が2019年の3月まで実施していましたが、現在は終了しています。
再度、申請が出来るようになる場合もありますので、ホームページなどを確認して置くとようでしょう。

千葉県のエコキュートの補助金

千葉県のエコキュートへの補助金は確認できませんでした。(令和元年8月現在)
住宅用太陽光発電設備、家庭用燃料電池システム(エネファーム)、定置用リチウムイオン蓄電システム、太陽熱利用システムなどへの助成金は対応していますので、詳しくは千葉県公式HPをご確認ください。

エコキュート導入に補助金制度がある理由

省エネ効果が高いということは、環境に優しいということです。エコキュートを利用すれば環境を守ることにつながるため、補助金の対象となります。

エコキュートが普及する前は、フロンガスなどを使用する給湯方法が一般的でした。フロンガスは二酸化炭素を多く排出するため、地球温暖化の助長が懸念されていました。フロンガスを排出することなく、環境に優しい給湯器が求められていた時にエコキュートが誕生しました。

エコキュートは従来の給湯器と比較すると二酸化炭素排出量が少ないため、空気を綺麗にすることが求められる現代に合致した機器です。住みやすい世の中につながることから、エコキュートに補助金制度が作られました。

まとめ

補助金 エコキュート 補助
今回は、エコキュートの補助金制度の内容や申請する際の注意点をご紹介しました。

エコキュートの設置する際には初期費用がかかりますので、お住まいの市区町村で補助金制度が利用できるのであれば活用したいところです。

補助金の申請を行う前に条件に当てはまっているか、必要書類を漏れなく準備し、補助金を活用してエコキュートを導入しましょう。

自宅のリフォームや改装などの際には、補助金を利用してコストダウンをする事をオススメします。

現在2019年では、すでに終わってしまっている自治体もありますが、ぜひ市役所などのホームページを見てみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント


補助金の関連記事