銀行の融資を実現マッチングサービスのクラウドローンで資金調達

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
融資 マッチングサービス

住宅ローン以外に、個人が銀行から融資を受けることはほとんどありませんが、個人でも利用できる銀行とのマッチングサービスのクラウドローンが開始されました。

マイカーローンを組むときには、信販会社とのローンがあたり前のように思われていましたが、クラウドローンによって、選択肢が増えたことになります。

銀行でのマイカーローンに切り替えれば大幅に金利が下がり、支払総額にも大きく差が出てくるかもしれません。

こちらの記事では、資金調達の力強い存在となるマッチングサービスのクラウドローンについて、詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

個人向けマッチングサービスのクラウドローンが開始

融資 マッチングサービス

2020年1月に開始されたクラウドローンは、銀行とのマッチングサービスが受けられる安全、低金利、スピートを兼ね備えた国内初の個人向けの融資のプラットホームです。

以前でしたら、個人に対して銀行からの融資の提案は殆どありませんでしが、クラウドローンは、融資を行いたい銀行から直接融資プランの提案を受けることができます。

新たに始まった金融インフラとなるクラウドローンは、選択の場を広げてくれるでしょう。

提携している金融機関

クラウドローンと提携を結んでいる参加銀行は下記の通りとなりますが、今後においては参加銀行を増やす方向で、各銀行と調整を進めているところです。

◆伊予銀行
◆中国銀行
◆三重銀行
◆但馬銀行
◆北日本銀行
◆富山第一銀行
◆清水銀行
◆西日本シティ銀行

クラウドローンの知名度

クラウドローンを活用して欲しい方は、マイカーローンや教育ローンを組もうとしている方ですが、クラウドローンの存在を知らない方は多いのではないでしょうか?

例えば、マイカーローンを信販系提携ローンの金利が10%程度の水準となっていますが、銀行のマイカーローンであれば、2%ほどの水準で融資を受けられることができます。

しかし、20代~30代の方の多くは銀行のマイカーローンの存在を知らないために、せっかくの低金利の融資を見逃してしまう可能性があるのです。

中高年の方にはクラウドローンを知っている方も増えてきましたが、やはり銀行のマイカーローンを知っている方は全体の50%程しかありません。

融資先を素早く探せるクラウドローンの3つのメリット

融資 マッチングサービス

クラウドローンには、今までのローン商品にはない特徴があります。

一番の特徴は、無料の会員登録を済ますだけで、複数の銀行から低金利ローンの提案を受けられることです。

今までの比較サイトとは全く違う「自身の条件にあった融資」を選ぶことができ、さらには一度に仮審査が行えることで、自身の信用情報が守られるのです。

次に、クラウドローンの3つのメリットである「自身の条件で融資を行う銀行を一覧化」「金融機関がオンラインで提案」「一度にできる仮審査で信用情報を保護」について、詳しくみていきましょう。

メリット1:自身の条件で融資を行う銀行を一覧化

今までも多くの比較サイトによって情報を比較することは可能でしたが、クラウドローンは通常の比較サイトとは異なっています。

クラウドローンでは「自身の条件で融資を行う銀行」を一覧化して選ぶことができるサービスを提供しています。

その他にも、金利の低いマイカーローンなどの目的別となるローンの紹介も可能となります。

メリット2:金融機関がオンラインで提案

クラウドローンに登録した条件は、融資担当者がその情報を確認し、希望に沿ったプランをオンライン上で直接受け取ることができます。

希望に沿ったプランの提案となるために、融資は高い確率で成立することができます。

メリット3:一度にできる仮審査で信用情報を保護

従来ならば、金融機関に直接多くの申込みを行うと信用情報に申し込みの履歴が残り、信用評価が落ちてしまうリスクが伴いました。

クラウドローンの場合には、予め仮審査を一度に行うので、信用情報を保護することができます。

クラウドローンが提案するローンの種類

融資 マッチングサービス

クラウドローンで提案されるローンには、自動車ローン、教育ローン、カードローン・フリーローンなどがあります。

銀行によって扱うローンのサービスは多少異なりますが、共通していることは資金使途となっているので、自身が受けたいローン商品を確認しておくとよいでしょう。

次に、マイカーローン、教育ローン、カードローンとフリーローンの3つのローンについて、詳しく紹介していきます。

マイカーローン

マイカーローンとは、自動車ローンのことを言い自動車を購入する時に利用できるローン商品です。

マイカーローンの資金使途には、自家用車やバイクの購入資金、車検やメンテナンスの資金、運転免許の取得資金、自動車付属品の購入資金等があげられます。

クラウドローンで提案しているマイカーローンの金利は、自動車販売店で契約するディラーローンよりも低金利なので、利息を抑えることが可能となります。

(クラウドローンで提案しているマイカーローン:例)

自動車ローン 銀行 金利 限度額
オートローン 富山第一銀行 年1.4%~2.0% 500万円
いよぎんマイカーローン 伊予銀行 年2.5%~3.4% 1,000万円
マイカーローン ASUMO 北日本銀行 年1.9%~3.7% 1,000万円
ちょうぎんマイカーローン 中国銀行 年1.5%~4.0% 1,000万円

教育ローン

融資 マッチングサービス

教育ローンは、教育に関しての資金調達として利用できるローン商品です。

教育ローンの資金使途には、子どもの入学や授業料、教科書などの教材購入資金、進学に必要な交通費、通信教育の受講費などがあります。

銀行によっては、在学中に必要となるアパートの家賃や通学定期の購入資金も加えられているものもあります。

(クラウドローンで提案している教育ローン:例)

教育ローン 銀行 金利 限度額
教育ローン(一括借入型) 富山第一銀行 年2.0% 1,000万円
いよぎん教育ローン 伊予銀行 年2.4%~2.9% 1,000万円
教育ローンASUMO 北日本銀行 年2.8%~3.7% 500万円
みえぎん教育ローン 三重銀行 年2.5%~3.5% 1,000万円

カードローン・フリーローン

カードローン・フリーローンであれば、生活資金や旅行資金など、どのような用途にも活用できます。

カードローン・フリーローンの資金使途には、食費や家賃などの生活資金、航空券や旅行の準備などの資金、家具購入資金、高価な貴金属など、幅広い活用が可能となります。

もしも、他のローン商品が利用できないのであれば、カードローン・フリーローンで融資してもらえないのかを検討しておくといいでしょう。

ただし、マイカーローンや教育ローンよりも金利は高めとなっていますので、ご注意ください。

(クラウドローンで提案しているカードローン:例)

カードローン 銀行 金利 限度額
新スピードカードローン 伊予銀行 年2.0%~14.5% 1,000万円
みえぎんカードローン 三重銀行 年4.5%~14.3% 500万円
ファーストバンク 富山第一銀行 年2.8%~13.8% 1,000万円

(クラウドローンで提案しているフリーローン:例)

フリーローン 銀行 金利 限度額
いよぎんフリーローン 伊予銀行 年4.975%~10.975% 500万円
スーパーローン 富山第一銀行 年3.8%~13.8% 1,000万円

クラウドローンの安全性について

融資 マッチングサービス

新たな融資のプラットホームとなるクラウドローンの安全性について、心配な方もいるのではないでしょうか?

クラウドローンに違法性や危険性はなく、安心して利用するために金融庁に「事前法令適用確認」を行っています。

また、クラウドローンでは、銀行法もしくは貸金業法に基づいた銀行、信用金庫、消費者金融しか登録を行わず、登録をする個人情報においてはメールアドレスのみとなっており、金融機関への開示は行われていません。

銀行から融資を受ける事になっているクラウドローンは、安心感の高いローンと言えるでしょう。

クラウドサービスで融資を受ける流れ

融資 マッチングサービス

クラウドサービスを利用して、金融機関から融資を受ける流れは下記の通りとなります。

ただし、クラウドローンに会員登録を行っただけでは銀行から融資を受けることはできません。

実際に融資を受けるためには、提案を受けたローン商品に申し込みを行い、審査を通過することが必要となります。

①基本情報の登録

②金融機関からの融資プランが提案される

③選んだ融資に申し込み・審査

④審査結果の連絡

①基本情報の登録

クラウドローンを利用して銀行からローンの提案を受けたい方は、「新規登録ボタン」をクリックし、基本情報を登録してください。

希望条件では、原則として年収の3分の1までを推奨しており、それ以上の金額の場合には提案が非常に難しくなることを覚えておきましょう。

また、金融機関担当者が執務中に確認していますので、登録は間違いのないように行い、融資の不要な方が登録したり、いたずらな情報登録は行わないでください。

②金融機関からの融資プランが提案される

登録している金融機関が基本情報を元に、カードローン等に関する案内が通知されます。

なお、通知を行った金融機関は「マイページ」に登録されますので、いつでも確認することが可能です。

③選んだ融資に申し込み・審査

選んだ融資に申し込みを行う時には、「マイページ」の金融機関リストから金融機関のウェブサイトに移動してください。

金融関係のウェブサイトに移動することができ、金融機関所定のフォーマットに従い入力を行えば、融資の審査申し込みができます。

④審査の連絡

クラウドローンの融資審査結果の連絡は、金融機関から直接連絡が入ります。

クラウドローンのサービスからは審査結果の確認はすることができないので、ご注意ください。

まとめ

融資 マッチングサービス

2020年に開始されたマッチングサービスのクラウドローンの3つのメリットを始めとして、ローンの種類(マイカーローン、教育ローン、カードローン・フリーローン)や、クラウドローンの安全性、融資を受けるまでの流れをわかりやすく紹介しました。

銀行とのマッチングサービスとなるクラウドローンは、今までの比較アフィリエイトとは全く違う、数多くのメリットをを持ったシステムです。

特に、マイカーローンや教育ローンにおいては、低金利での融資が可能となっていることを覚えておいてください。

銀行の低金利の融資で資金調達したいと検討している方は、クラウドローンのマッチングサービスを視野に入れておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

融資の関連記事