金融機関のカードローンを利用して資金を調達する審査要点を3つ説明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
審査

カードローンを利用して資金調達を考えている方も多くいるでしょう。

しかし、カードローンを利用するにはカードローン会社の審査に通過する必要があります。

そして、この審査に通過するには条件などがあり、「審査基準はどうなの?」「審査は通るの?」「審査の確認項目は?」と様々な不安を抱える方も多くいるかもしれません。

そのため、カードローンの利用を考えているのであれば、審査項目と審査基準は申し込み前に最低限知る必要があります。

そこで、当記事ではカードローンの審査を初めて受ける方におm分かりやすく、カードローンの「審査基準」と「審査に落ちる原因」について解説していきます。

カードローンの審査基準と審査難易度

審査

今までカードローンを利用したことがない方からすると、一番に気になるのはカードローンの審査基準でしょう。

しかし、各カードローン会社では自社の審査基準を公表していないので、どの部分を見られるのかを明確に知ることはできません。

しかし、それでもローン会社か公表している限度額から審査の難易度を把握することはできます。

基本的にカードローン会社では、借りる人の年収の1/3を上限に融資するようにしています。

そのため、カードローンから借り入れする場合、最低借入限度額の3倍以上の年収が必要になります。

それらを踏まえて、下記に申込みに必要な月収を紹介します。

審査通過に必要な最低月収 借入限度額 属性
アコム 1.5万円 1~800万円 大手消費者金融
アイフル 1.5万円 1~800万円 大手消費者金融
SMBCモビット 1.5万円 1~800万円 大手消費者金融
プロミス 1.5万円 1~500万円 大手消費者金融
レイクALSA 1.5万円 1~500万円 大手消費者金融
楽天銀行カードローン 1万円? 最大800万円 銀行カードローン
みずほ銀行カードローン 1万円? 最大800万円 銀行カードローン
三井住友銀行カードローン 2.5万円 10~800万円 銀行カードローン
三菱UFJ銀行カードローン 2.5万円 10~500万円 銀行カードローン
イオン銀行カードローン 2.5万円 10~800万円 銀行カードローン
りそな銀行カードローン 2.5万円 10~800万円 銀行カードローン
横浜銀行カードローン 2.5万円 10~1000万円 銀行カードローン
キャレント 1万円? 1万円〜500万円 中小消費者金融
フタバ 2.5万円 10万円~50万円 中小消費者金融

上記の表を見てもらえれば分かる通り、金融会社によっては、借入限度額が1万円からになっている会社もあるので、月収2,500円でも申し込みをすることができます。

しかし、インターネット上の口コミによると、実際にはカードローンの借り入れ限度額は低くても3~5万円に設定されることが多いです。

そのため、月収が1万円に満たない方は審査に落ちてしまうかもしれません。

カードローンの審査における信用情報機関とは?

審査

カードローンの審査では、個人のクレジットカードの利用やローンについての過去の利用履歴を調べるために信用情報機関を利用します。

消費者金融などは、これらの情報を参考にして申込者の信用度を判断します。

この信用情報機関の情報を見て、他社で借り入れがあったり、過去に支払いの遅れなどの事故情報があった場合、審査に通りにくくなってしまいます。

しかし、それでもカードローンを初めて使う方でも必ず審査に通るとは限りません。

なぜなら、信用情報機関の情報にはキャッシングやローンの情報以外にも、物品の購入など様々な情報が公開されています。

例えば、分割払いで購入した携帯電話もローン扱いとされてしまいます。

支払いを送れずに支払っていれば問題はありませんが、過去にわざとでなくても支払いの遅れがあった方は注意してください。

ローンの審査を通す前に自分の信用情報が不安という方は、開示手数料を支払うことでチェックできるので確認してみても良いかもしれません。

■CIC(株式会社シーアイシー)
最大手で、主にクレジットカード会社が加盟。他に消費者金融、銀行、リース会社、携帯電話会社など。

■JICC(日本信用情報機構)
主に消費者金融が加盟。他に信販会社、保証会社、リース会社など。

■KSC(全国銀行個人信用情報センター)
主に銀行・信用金庫が加盟。

審査の重要項目をWEB診断でチェック

審査

最近ではインターネットの発達に伴って、インターネット上で簡単なWEB診断が行える金融機関もあります。

「年齢」「年収」「他社借入金額」「勤務体系」「勤務年数」など、審査に必要な項目を入力することで借り入れが可能かどうか判断できます。

実際の申し込みの前に自分はカードローンに審査に通るのかを客観的に見るためにも利用することをおすすめします。

カードローン審査では申し込み条件を満たす必要がある

審査

カードローンの申込みをする際に、申込み条件がクリアしているのか確認する必要があります。

もし、条件がクリアできていないと、返済能力がないと判断され、カードローンの審査に落ちてしまうでしょう。

下記に三菱UFJ銀行・三井住友銀行やアコム・SMBCモビット・プロミス・アイフルなどの大手消費者金融の申込み条件を一覧にしたので参考にしてください。

■三菱UFJ銀行カードローン
(商品名:バンクイック)
・契約時の年齢が満20歳以上69歳未満の方
・原則安定した収入がある方
・保証会社(アコム株式会社)の保証を受けられる方

■三井住友銀行カードローン
・契約時の年齢が満20歳以上69歳以下の方
・原則安定した収入のある方
・保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証を受けられる方

・契約時の年齢が満20歳以上66歳未満の方
・安定かつ継続した収入の見込める方
・保証会社(株式会社オリエントコーポレーション)の保証を受けられる方

■アコム
・契約時の年齢が満20歳以上69歳以下の方
・安定した収入と返済能力を有する方

■SMBCモビット
・契約時の年齢が満20歳以上69歳以下の方
・安定した収入のある方

■プロミス
・契約時の年齢が満20歳以上69歳以下の方
・安定した収入のある方

■アイフル
・契約時の年齢が満20歳以上69歳以下の方
・定期的な収入と返済能力を有する方

この申込み条件を見ていくと、どのカードローンでも共通するのが「契約時の年齢が満20歳以上で安定した収入がある人」という点です。

また、どの申込条件にもある「安定した収入」に関しては明確な基準は掲載されていませんが、「毎月一定の収入がある」ことが目安になります。

そのため、アルバイトやパートでも毎月収入があれば審査に通る可能性は大いにあるでしょう。

カードローンの審査の際に提出する書類は?

審査

カードローンの申込みをする際に書類の提出が求められます。

基本的にどのカードローン会社も本人確認書類と収入証明書の2点が必ず必要です。

本人確認書類として認められるのは、大抵の場合、以下の3つです。

■運転免許証
■パスポート
■健康保険証

もちろん期限切れたものは、本人確認書類として扱われないので注意してください。

収入証明書に関しては、一定の限度額未満の場合は提出が不要になっていることが多いですが、50万円以上の借り入れを考えている場合、下記の収入証明書を用意してください。

■源泉徴収票
■確定申告書
■直近2~3ヶ月分の給与明細(+1年分の賞与明細)
■課税(所得)証明書
■市民税・県民税決定通知書

カードローンの審査は通りやすい業者と厳しい業者がある?

審査

カードローン会社は数多くあり、審査の難易度も大きく変わってきます。

例えば同時に複数の金融機関に申し込んだ方がA社では審査が通ったのに、B社では審査が通らなかったということもよく聞きます。

これは、それぞれの金融機関で審査基準が違うからです。

しかし、単純に審査が通りやすいから良いというわけではなく、審査がゆるい分、金利が高めに設定されているなどデメリットになる部分もあるのです。

これは仕方ないことで、お金を貸すという事は、返済されなくなってしまうリスクも考え、金利を高めに設定し運営を続けているのです。

金利が低いのに越したことはありませんが、どうしても審査が通らなければならない時など、その時の状況や自分にあったカードローンを選ぶ必要があります。

総量規制について

2010年より、総量規制というルールが設けられました。年収の3分の1を超える借入はできないというルールです。

例えば、年収が300万円の人は、その3分の1である100万円を超える借入はできません。

本格的な審査をするまでもなく、自動的にカードローンの審査には落ちしてしまいます。

これまで総量規制の対象となるのは、消費者金融やクレジットカード会社のみでしたが、2017年より状況が劇的に変わっています。

銀行カードローンの安易な融資が自己破産を増加させているという批判から、金融庁が銀行の過剰融資を問題視するようになりました。

金融庁からの指導を受けて銀行も自主的に総量規制を導入し、多くの銀行で年収の3分の1を超える借入ができなくなっています。

現在は銀行、消費者金融を問わず、年収の3分の1を超える借入は厳しくなっていると考えておいてください。

まとめ

審査

以上、当記事ではカードローンの審査基準や申込みに関する注意点などを解説しました。

特にお金が必要で初めてカードローンを利用する方であれば、様々な不安を抱えていることでしょう。

そんな方にこの記事が役立ってくれれば幸いです。

そして、カードローンの申込みをする際には、必要書類や申込み条件をあらかじめ確認し、きちんと準備を整えて申込みする必要があります。

資金調達の方法法は様々ありますが、その中でもカードローンは比較的、容易することができます。

しかし、その反面で返済プランをしっかりと考えなければ損をしてしまうことがあるので、当記事をよく読んでカードローンの必要性を改めて考えてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ローンの関連記事