社用車を購入する時に利用できる日本政策金融公庫ローンの要点3つを紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
日本政策金融公庫 車 ローン

皆さんの会社の社用車は、どのように購入しますか?

車屋さんで、ローンを組む人も多くいると思います。

しかし、自動車屋さんのローンを組んで購入するよりも、日本政策金融公庫で借りた方が、利息が安くなるのです。

今回は、年利7%が、年利1.5%になった事例をご紹介致します。

車のローンは、日本政策金融公庫の融資制度を利用すべき

日本政策金融公庫 車 ローン

車のローンを組む際に、事業を行っている方であれば、日本政策金融公庫の融資制度を利用すべきかを検討してみましょう。

日本政策金融公庫で車の購入代金を借りることが出来るの?

日本政策金融公庫の融資は「事業に関する資金」であれば申込をすることは可能です。

事業を行われている方であれば、車の購入代金として融資を受けることが出来ます。

ただし、融資を受ける際の添付資料として、購入予定の車の見積書などを添付する必要があります。

車の購入代金として日本政策金融公庫で融資を受けるメリット

日本政策金融公庫 車 ローン
社用車を購入することで、日本政策金融公庫を使うメリットはどんなものがあるのでしょうか。

融資を受けるメリットについて下記に紹介します。

低金利で融資を受けることが出来る

日本政策金融公庫 車 ローン
車の購入先で組むカーローンの金利と比較すると、低金利で融資を受けることが出来ます。

日本政策金融公庫の場合、利用する融資制度や状況によって金利が異なりますが、

創業時に利用できる新創業融資制度であれば0.86~2.85%、無担保での融資は0.66~2.65%となります。

*上記の金利は平成30年8月24日現在の金利です。最新の金利情報はHPをお調べください。

メリット2:差額を余剰資金として事業に使うことができる

車の購入先でローンを組む場合、その車の購入金額がローンの金額となります。

そのため、差額が生じることはありません。

しかし、日本政策金融公庫の融資の場合、実際に購入した金額が見積の金額よりも低い場合であっても、見積の金額の融資を受けることが可能です。

例えば、400万円の車の見積もりを添付し、400万円の融資を受けたとしてましょう。

その方が、車の販売先に値引き交渉をして、100万円値引きしてもらい、車を300万円で購入したとしても問題ありません。

つまり、差額の100万円は別のものを購入することも可能です。

事業ではいつなんどき、お金が必要になりかわかりませんので、余剰資金として確保しておくということもひとつです。

どのようにして利息を安くすることができるか?

日本政策金融公庫には、認定支援機関という専門家を経由して融資を受ける場合に、利息が安くなる中小企業経営力強化資金という制度があります。

この制度を利用して融資を受けることで、利息が安くなります。

日本政策金融公庫 車 ローン

結果的に利息が7%⇒1.5%へなりました。

自動車屋の利息が安い方のローンが通らなかったお客様は、誰にも相談しなければ利息7%を払い続けていました。

専門家をただ経由して日本政策金融公庫で融資を受けるだけで利息が1.5%になったのです。

自動車ローンを公庫で受けた際のお得情報

普通の自動車ローンは、300万円の車を購入する際に、300万円を借りて、300万円で車を購入することから、差額が発生することはありません。

しかし、公庫では、融資の際に、自動車の見積書を持参するだけですので、その見積書の金額を借りることができるケースがほとんどです。

つまり、見積書よりも安く購入した場合には、差額が発生します。

この差額は、他の事に利用しても報告する必要はありませんので、車を購入し、かつ、少しお金を借りたい場合には、とてもメリットがあるでしょう。

日本政策金融公庫 車 ローン

車の見積書400万円 この見積書を提出し、公庫から400万円を借りました。

実際には自動車屋に350万円に値引きしてもらって購入しました。

実質50万円を借りたことになります。

※日本政策金融公庫では、1,000万円以上のものを購入したケースでは、購入したものの明細を提出する義務があるのですが、1,000万円未満のものについては、何も提出する必要はありません。

そのため、公庫から融資を受ける際に、提出した見積書に記載された車のワンランク下のものを購入しても特に問題になることはありません。

融資を受けることは厳しい人の特徴

日本政策金融公庫 車 ローン
日本政策金融公庫で車のお金を借りたい場合に、下記で紹介する内容に当てはまると融資が厳しくなります。

融資を受けたい方は、当てはまっていないかを確認しましょう。

自動車のローンを通すためにぜひ参考にしてみてください。

金融機関からキャッシングがある場合

日本政策金融公庫 車 ローン
消費者金融や、クレジットローン、クレジットカード現金化などの利用残高がある方は融資を受けることは難しいでしょう。

金融機関は、個人情報を見れば誰がどこからお金を借りているのかを把握できるデータベースがあります。

そのため、消費者金融からお金を借りていることを隠していたとしても絶対にバレます。

隠しても無駄ですので気をつけましょう。

税金の未納や滞納がある方

今まで給与所得だった方は、会社が税金を給与から天引きしているため、未納や滞納があるケースはほとんどないのですが、すでに開業している方で、所得税、住民税、法人税、事業税、消費税など、税金の未納や滞納がある場合には、融資を受けられる可能性が低くなります。

融資を受ける前には必ず未納や滞納分を全額支払っておきましょう。

公庫では、支払った期日も見られますので、期日通りに支払っていない場合には、評価が下がってしまいます。

年金や健康保険料を支払っていないと問題があると噂でよく耳にするのですが、日本政策金融公庫の融資で年金資料や健康保険の資料を提出したことは、未だ一度もありませんので、年金や健康保険は気にしなくて問題ありません。

信用情報ブラック

日本政策金融公庫 車 ローン
信用情報は、国が運営している個人信用情報機関によって管理されております。

管理している機関が3つあり、そのどれか一つでもブラックとして、登録されてしまうと、そのブラックの情報が共有されてしまいます。

ブラックリストの方は当然、ローンは通りにくいでしょう。

3つの個人信用情報機関

上記でも軽く触れましたが、日本には3つの機関が信用を管理しています。

その3つを確認しましょう。

(1)日本信用情報機構(JICC)
日本信用情報機構(JICC)は主にクレジットカードやキャッシング系の信用情報機関です。

(2)全国銀行個人信用情報センター(KSC)
全国銀行個人信用情報センター(KSC)は、主に銀行系の信用情報機関です。

(3)株式会社シーアイシー(CIC)
株式会社シーアイシー(CIC)は、割賦販売法及び貸金業法に基づく指定信用情報機関の信用情報機関です。

ブラックリストに登録される原因の多いもの

上記の信用機関に登録されてしまう理由で一番多いのが下記の4点です。

①クレジットカードの支払遅延

②クレジットカードの代金未払い

③携帯電話料金の未払い

④奨学金の支払遅延

このようなことが過去にあると、ブラックリストに登録されてしまうため、借入をすることが非常に難しくなります。

ブラックリストに載っていても日本政策金融公庫から借りられる可能性も?

過去にブラックリストに載ってしまい、まだ履歴が消えていない方でも、現在の状況が良ければ、300万円から500万円程度であれば、日本政策金融公庫から融資を受けられる可能性はあります。

例えば、過去にクレジットの遅延を繰り返してしまい、ブラックリストに登録されてしまった方でも、直近1年から2年の間に信用情報に問題がなければ、日本政策金融公庫の融資が通るケースもあります。

一方で、自己破産や個人再生、特定調停などの債務整理をした人は、返済能力が低いと判断されるため、公庫の審査に通るには厳しいです。

過去に債務整理をした人は、個人信用情報機関からブラックの履歴が消えるまで融資を待つか、融資以外の資金調達方法を検討してください。

お金を金融機関から借りる融資ではなく、投資家らの出資であれば、資金調達ができるかもしれません

ファクタリングを利用する

日本政策金融公庫 車 ローン
信用情報がブラックだったとしても、資金調達を行うできる方法がファクタリングとなります。

すでに事業を始めているという前提が必要ですが、ブラックの人が資金調達をする方法としてファクタリングがあります。

ファクタリングとは、取引先の売掛金をファクタリング会社に売却する資金調達方法です。

ファクタリングは借入ではなく債権の売却なので、信用情報がブラックの人でも利用可能です。

また、申込から最短即日で入金も可能なので、ファクタリングは緊急の資金調達に向いた手段と言えます

ファクタリングのデメリットは手数料が高いこと

ファクタリングには、手数料が高いというデメリットがあります。

手数料は売掛金の10.0%~20.0%となるケースが多いです。

例えば、100万円のうりかけきんで20.0%の手数料を取られた場合、手数料で20万円を引かれることになります。

手数料が高いので、ファクタリングを繰り返すと長期的な資金繰りが悪化していき、事業が再生不能になるケースもあり得ます。

とくに、1、2年の間に返済が苦しくてブラックになってしまった人には、ファクタリングで高い手数料を支払うということは厳しいはずです。

そのため、ファクタリングを利用する場合には、1回に抑えた方が良いでしょう。

また、中にはOltaのように最大の手数料が10.0%を下回る業者もありますので、ファクタリングを利用する場合には、手数料の低い業者を検討してください。

まとめ

日本政策金融公庫 車 ローン

今回は、社用車を購入する際の、日本政策金融公庫ローンを紹介しました。

専門の制度を利用すれば、金利が大幅に変わります。

日本政策金融公庫では、多くの制度が存在するため、人によって何を使って融資をするのが良いのかが変わってきます。

専門家に相談し、一番安い利息の制度を利用して、融資を受けることをオススメ致します。

事業用の車をローンを組んで購入することを検討されている場合には、日本政策金融公庫で融資を受けたほうが、金利を抑えることが出来る可能性があります。

車に限らず、創業時、創業後の事業用資金の融資は無担保・無保証人で融資を受けることが出来る日本政策金融公庫を検討されてはいかがでしょうか?

日本政策金融公庫で融資を受ける場合には、資金調達や日本政策金融公庫の融資支援に精通した認定支援機関に相談して進めることをおススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

日本政策金融公庫の関連記事