即日キャッシングで資金調達する方法5つを詳しく説明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
キャッシング 即日

資金調達といえば、企業や個人事業主にとっても大事なことになります。

そして、資金調達の方法は数多く存在しています。

特に急にお金を必要な時も出てくるかもしれません。

そこで、当記事では資金調達が即日可能になる可能性の高いものを5つ紹介していきます。

・ノンバンク系での融資

・手形割引を利用する

・ファクタリングを利用する

・個人でのキャッシングを行う

・友人や家族、知人から借りる

併せてメリット・デメリットも紹介するのでぜひ確認してください。

資金調達は即日可能なのか?

キャッシング 即日

企業、個人事業主問わずに資金調達する方法は数多くあります。

代表的なものとして、銀行からの融資、消費者金融のカードローンなどがあるため、自社にピッタリの方法を見つけなければなりません。

それらを利用して一番に気になるのは「金利や手数料の高さ」「資金調達までの期間」の2つでしょう。

最近では、即日資金調達ができるとして広告をうつ業者が増えていますが、本当に1日で資金を調達することは可能なのでしょうか?

銀行やノンバンクの過剰融資、自主規制の影響

キャッシング 即日
個人向けの消費者金融やカードローンで破産する人が増えてしまったことを問題市した政府は2010年の賃金業法改正から総量規制を導入しました。

この総量規制は年収の3分の1を超えて貸し付けをしてはいけないというものです。

破産するリスクは抑えられましたが、同時に収入確認の実施なども厳しくなり、今までよりも融資を受けるのが難しくなりました。

その後、消費者金融などは銀行と合併する事で経営を続けて来ましたが、沈静化していた自己破産件数が2016年から再び増加した事により今後は銀行の過剰融資が問題視されるようになります。

日本弁護士連盟が主導して政府に働きかけた事により、銀行側も過剰融資の自主規制を行うようになりました。

特に問題の中心となったのはカードローンですが、これは何も個人だけの問題ではありません。

経営が安定している企業、大企業などの影響は少ないものですが、個人事業主や経営が安定しない中小企業などはこれらの自主規制により昔よりも融資を受けるのが難しくなったと言えるのではないでしょうか。

経営状態や資金繰りがピンチでも即日での資金調達

キャッシング 即日

とにかく早く資金が欲しいと、即日資金繰りができるものを探しているのであれば、現在の経営状態は良いものとはいえないでしょう。

そのような事態になってしまうのは決して悪いことではありませんが、即日に資金調達できる融資は他の融資と比較しても金利や手数料が高いので、それらを理解する必要があります。

即日融資を可能とする5つの資金調達手段

キャッシング 即日
企業や個人事業主が即日融資可能となる方法は下記の5つがあります。

・ノンバンク系での融資

・手形割引を利用する

・ファクタリングを利用する

・個人でのキャッシングを行う

・友人や家族、知人から借りる

それぞれの方法でメリット・デメリットがあるので、自社にあった資金調達の方法を選んでください。

即日の資金調達候補① ノンバンク系での融資

即日に資金調達が可能な方法としてノンバンク系の融資があります。

アイフルやレイクなどの、個人向けカードローンを扱う消費者金融やビジネスローン専門の会社がノンバンク系にあたります。

消費者金融のカードローンだと、個人向けのものが多くなっていますが、なかには個人事業主は可となっているのもあるためチェックしてみてください。

また、ノンバンク系だと、最短即日融資かのうだったりもするので緊急時には助けになるでしょう。

また、無担保・無金利で利用できるメリットがある反面、金利は他の融資と比べて高いので注意してください。

即日の資金調達候補② 手形割引を利用する

資金調達を即日可能にするには手形割引を利用する方法があります。

約束手形は支払期日に約束の代金を支払うことを約束して利用するものです。

最近では手形割引を使う企業が少なくなっていますが、まだまだ手形割引を資金調達の手段として利用する企業も少なからずいます。

手形のメリットとしては自社の信用力が低くても通過する可能性が高いことがあげられます。

逆にデメリットとしては高めの手数料が定められています。

即日の資金調達候補③ ファクタリングを利用する

資金調達を即日可能にする方法として、ファクタリングがあります。

ファクタリングは売掛債権を売却するサービスであり、手形割引に変わる資金調達手段として注目を集めています。

売掛債権は信用取引である事、対して法律に基づく取引であるのが手形割引という違いがあります。

こちらも手形割引と同じく1%~30%の手数料が発生します。

また、融資ではないため、あくまで売掛債権自体の信用力が重視されるのもポイントです。

その他にも売掛債権を利用するサービスとして「でんさい(電子債権)」などがありますが、こちらは全国銀行協会が運営するサービスに登録している事が前提となるなど利用するためには一定の条件があります。

国内では売掛債権を売却する事が自社の信用力に関わるのでないかと懸念する企業がまだまだ多く、ファクタリングに積極的ではない企業が多いのも事実です。

しかし、ファクタリングは融資ではないため、経営状態が思わしくない企業でも即日での資金調達に期待できるという大きなメリットを持っているのは間違いありません。

即日の資金調達候補④ 個人でのキャッシングを行う

即日にお金がほしいと考えている場合、経営者が個人でキャッシングを行う方法もあります。

ただし、ほとんどのカードローンでは事業性資金として使えないので規約を再度見直してみてもよいかもしれません。

即日の資金調達候補⑤ 友人や家族、知人から借りる

確実に即日資金調達できる方法として、友人や家族、知人から借りる方法があります。

即日融資可能となっている融資でも実際に審査が即日に終わるかどうかは分かりません。

なので、急にお金が必要なのにすぐに借りられなければ意味がありませんよね。

このような状況に陥らないように確実に資金調達を行うのであれば友人や家族、知人から借りるのも一つの手です。

きちんと返済しなければ、今後の信頼関係に傷が付いてしまいますが、即日にできる方法として頭に入れておいても良いかもしれませんね。

即日キャッシングで使えるおすすめ業者3選

キャッシング 即日
即日キャッシングは業者によって「対応時間」「貸してくれる金額」「金利」などが異なるので、事前にホームページで確認してください。う。

また、ネット上には様々な口コミがありますが、アフィリエイトによる広告収入を目的として良く書いている場合もあるのできちんと信憑性がある内容なのかを判断する必要があります。

そこで、こちらでは即日キャッシングできる3つの業者を紹介していきます。

おすすめNo.1ライフティ【即日キャッシング】

キャッシング 即日
ライフティは東京都の即日キャッシング会社です。1

3時までの申し込みで即日キャッシングが可能で、融資額が1,000円~500万円と幅広くなっています。

年利は8%~20%です。

ライフティが即日キャッシングおすすめNo.1な理由は2つあります。

1つ目は、サイトのクリーンさ。サイトのトップに免許や登録を分かりやすく表示しており、日本貸金業協会の連絡先も明記しています。

クリーンな運営をしていないと、堂々と日本貸金業協会の連絡先を掲示できないのではないでしょうか。

もう1つの理由は返済の柔軟さです。

基本的に返済は35日スパンと、長めになっています。

また、ネットバンキングで24時間いつでも返済できるところも魅力です。

さらにライフティでは、はじめての借入は35日間金利ゼロ。借りてすぐに返済すれば、金利負担はなし。「今だけ現金が必要。報酬が入ればすぐに返済できる」という個人事業主は、ライフティの即日キャッシング活用は特におすすめです。

おすすめNo.2ビッグローン【即日キャッシング】

キャッシング 即日
ビッグローンは東京都の即日キャッシング業者です。

借り換えをメインにしており、「借金をまとめたい」「借り換えで返済負担を軽減したい」という人におすすめの業者になります。

借入先を一つにまとめてしまえば、返済の一本化ができ、残金などの管理も楽になるでしょう。

ビッグローン100万円~700万円の借入に対応しています。

キャッシングなどはクレジットカードでも可能ですが、クレジットカードは枠がかなり小さく、必要な額の即日キャッシングが難しいという特徴があります。

その点、ビックローンはかなり余裕を持った融資の幅を設けているところが魅力です。

金利は7.3%~15%。最長返済年数は10年になります。

また、保証人や担保は原則的に不要です。

No.3マイレディス【即日キャッシング】

キャッシング 即日
マイレディスは「女性が安心してキャッシングできる」というコンセプトの即日キャッシング会社です。

対応は基本的に女性が行う女性専用サービスなので、はじめてお金を借りる女性や、キャッシングしたい女性も安心して相談できます。

女性ならではの「借りたい理由」についても、親身になってくれるところもポイント。

マイレディスの融資の幅は1万円~100万円。今回ご紹介する即日キャッシング会社の中では、融資額の幅はやや小さめです。

ただ、小さめ目という点が「借り過ぎなくて済む」という安心感に繋がるかもしれません。

金利は4.8%~18%です。

女性が「急いでちょっと借りたい」というときに便利な会社です。

まとめ

キャッシング 即日
以上、当記事では即日に資金調達を可能とする5つの方法を解説しました。

即日に融資できれば資金調達の方法は問わないかもしれませんが、今後の返済計画も考えて考えなければいけません。

また、企業の資金調達の方法としては融資だけではなく、国や自治体からの助成金に申請したり、資産の売却を行うなど様々な方法があります。

すぐにでもお金が必要であれば仕方ないかもしれませんが、基本的に資金調達は短期的に焦ってするのではなく、長期的にスケジュールを立てて行うことをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

融資の関連記事