キャッシングの審査が甘い3つの金融業者を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
キャッシング 審査 甘い

お金を借りたいけど、銀行や大手の金融業者では審査で落ちてしまった。

という経験をしたことはありますか?

審査が通りやすい会社を希望するなら消費者金融系のキャッシング会社で審査を申込みましょう。

なぜなら、銀行系キャッシング会社よりも、消費者金融系のほうが、審査が甘いと言われているからです。

今回はキャッシングの審査が甘いとされている以下3つの金融業者の紹介と、審査を通過するための基礎知識を紹介していきます。

①キャレント
②フクホー
③アロー

中小消費者金融は審査が甘いってほんと?

キャッシング 審査 甘い

中小の消費者金融は大手に比べて信用力が低いので、顧客を呼び込む力が弱いのが現状です。

そこで、審査に通りやすくすることで顧客を増やそうとしています。それが審査が大手に比べて甘い理由の一つです。

中小消費者金融は大手よりも審査が甘い?

「大手の消費者金融よりも中小消費者金融の方が審査に通りやすい。」

実際そういった考えで間違いないでしょう。

中小消費者金融は集客力で大手に劣ります。その分といっては語弊がありますが、大手よりも審査が厳しいと顧客が増えることはとても難しいです。

単純に審査に通る可能性を上げたいなら、中小消費者金融を選んだ方が無難だと言えます。

審査が甘いまともな会社はない

まともな会社の審査は決して甘くありません。

極端に厳しく、誰も借りられないというわけではありませんが、どんなキャッシング会社も厳正な審査を行います。

なぜなら、審査を行うことは貸金業法で義務付けられているからです。

闇金

審査が甘い消費者金融を選んでいるとき、必ず話題に上るのが「闇金」の存在です。

闇金は、

・法外な金利を設定している
・どんな手を使ってでも必ず返済させる手段を持っている
・お金を貸すということ自体が嘘の詐欺

などがあります。

闇金の取り立てはほとんどが違法です。

貸金業法では取り立てに関して禁止事項が決められています。

・午後9時~午前8時の間の取立て
・多人数での押しかけ
・張り紙や落書きなど
・勤務先の訪問

これらを守る闇金などありません。闇金は金銭面的にも精神的にもとことん追い込んでくるので、絶対に闇金に手を出してはいけません。自分を苦しめるだけです。

審査を甘くするコツ

中小の貸金業者は大手金融会社で貸してくれないような人を相手にすることを生業にしていますので、大手と同じ審査基準で審査をしていたら商売になりません。

大手金融会社では貸せない人でもお金に困っている度合いをよく把握し、また借金を踏み倒したりしないかどうか人間性も含めて判断します。

このように、大事なのは借主の人間性です。中小の貸金業者は融資の判断をする人が直接申込者本人と電話で話すことがありますが、そこで面接をしているようなものです。

大手消費者金融では基本的に事務的な会話で終わりますが、中小の貸金御者では、そこで融資の担当者にどれだけアピールできるかが重要になってきます。

次項で審査が甘いとされている実際の業者3つを例にとって紹介していきます。

①キャレント

キャッシング 審査 甘い

以前に、債務整理したことがあり、審査が不安と思われたり、多重債務があって、大手の消費者金融の審査が通りそうもない、といった方にキャレントはお勧めの中小消費者金融です。

全国へ銀行振込ができるため、来店不要、保証人・担保不要でスムーズな借入ができます。

キャレントの詳細について紹介していきます。

利用限度額 1万円~500万円
金利 7.8%~18.0%
返済方式 元金均等返済方式
返済期間 最長120ヶ月
返済回数 1~120回
遅延損害金 実質年率20.0%
担保/保証人 原則不要

キャレントの審査に通る条件は今の返済能力

個人信用情報機関に事故情報として登録されている状態、いわゆるブラックであれば、銀行カードローンでも大手消費者金融でも審査に通ることはありません。

ブラックが審査に落ちる共通の理由は「契約どおりの返済を行わずに一方的に返済状況を変えたこと」にあります。

結果的に完済したとしても、金融業者に返済を遂行しないリスク、として捉えられてしまいます。

しかし、中小消費者金融であるキャレントは現在の返済能力を審査では重要視しています。

例えば、過去に自己破産したという履歴があったにせよ、現在は借金を精算したことによって、生活の立て直しが出来て安定した収入があれば、融資をしてもよい、という考え方です。

他社からの借入は4社以内

他社からの借り入れが多ければ多いほど審査に通るのは難しくなっていきます。

他社からの借入件数が多いということは、今現在、返済が非常に困っている人、といった可能性が高いからです。

できるだけ他社からの借り入れの数を減らした方が、審査に通りやすいです・

キャレントのネット申し込みの流れ

インターネットで24時間365日申し込みを受け付けており全国対応です。

現在のところキャレントではネット申し込みだけで対応しています。

申し込みの流れとしては
⑴キャレントの公式ホームページから申込
⑵申込フォームに入力を行う
⑶審査開始
⑷本人確認書類の提出(郵送・FAX)※運転免許証や健康保険証
⑸契約
⑹振込みによる借入

となります。

申し込みから契約まではおよそ1時間~2時間となっています。

平日であれば即日融資が可能です。

電話確認

勤務先などへ、キャレントの審査スタッフから直接電話があります。

もちろんキャレントであることも、消費者金融であることも名乗りません。担当者が個人名で連絡をします。

書類などによる在籍確認は行っていないそうなので、在籍確認は電話だけとなっています。

②フクホー

キャッシング 審査 甘い

「フクホー」は大阪に本店を置く消費者金融です。

創業45年と関西ではよく名前が知られた中小消費者金融です。

利用限度額 5万円~200万円
金利 7.30%~20.00%
返済方式 元利均等返済方式
返済期間 借入日から最長5年以内
返済回数 2回~60回以内
遅延損害金 実質年率 20.00%
担保/保証人 原則不要

※必要書類
原則として、他社借入条件等の確認ができる書類
本人確認書類
(運転免許証、健康保険証、パスポート等)
所得を証明する書類
(源泉徴収票、給与明細書、所得証明書等)
住民票原本(本籍地記載分)
その他当社が必要と認めた書類

※証明書の記載住所と現住所が異なる際は、公共料金の領収書等、現住所が確認できるものを別途必要です

フクホーの申込条件

フクホーの申込条件
・本人が直接申し込む方
・20歳以上65歳未満の方
・健康保険証を持っている方
・自営業、会社役員、無職ではない方
・他社借入を延滞していない方、もしくは借り入れを放置していない方

健康保険証を持っていない方はフクホーへ申し込むことができません。

フクホーの審査では「健康保険証の有無」が、申込者の社会的信用を評価するひとつの目安となるからです。

さらに、

・無職
・自営業
・会社役員

の方も、フクホーへ申し込むことはできません。

満たしていない申込条件が一つでもあると、フクホーへの申し込みはできません。

そのため、フクホーへ申し込みたい方は、今一度条件を満たしているか確認しておきましょう。

仮審査・結果通知

申し込みが終わると、申告された個人情報をもとに、申込者の仮審査を実施します。

仮審査では、申込者の返済能力や社会的信用が判断されます。

返済能力とは、申込者の「借入金を滞納せず支払う能力」のことです。

申込者の現在の経済状況などによって「返済能力がある」と判断された場合、フクホーの仮審査を通過することができます。仮審査を通過した場合、後日契約書類が郵送されます。

金融事故の経験がある方は、フクホーへの申込段階で、正しい個人情報を申告しなければ仮審査に落ちます。

フクホーは個人信用情報機関のJICC(日本信用情報機構)に加盟しているので、フクホーは申込者の金融事故や金融取引の履歴を知ることができるからです。

必要書類の提出

フクホーは提出書類に関してはシビアです。ひとつでも不備があると基本受付してくれません。

郵送された契約書類に必要事項を記入したら、必要書類と一緒にフクホーへ返送しましょう。契約書類と一緒に返送する必要書類は、以下の通りです。

・本人確認書類(運転免許証、健康保険証、パスポート等)
・所得を証明する書類(源泉徴収票、給与明細書、所得証明書等)
・住民票原本(本籍地記載分)
・その他フクホーが必要と認めた書類

貸付金額に応じて「所得を証明する書類」の提出を免除している貸金業者がいますが、フクホーは仮審査の通過後に必ず提出しなければなりません。

ブラックになっていても対応可能

ブラックになっていても必ず借りられるという事ではありませんが、フクホーは「ブラックになっている人でも融資が受けられる」という多くの口コミがあります。

ただし、他社で借りたお金やクレジットカードの返済が遅れている、という場合や、自己破産の免責が降りていないという人は例外です。

過去に金融事故があっても、現在は十分な返済能力があり、返済計画のとおり遅れる事無く返済ができてる人には、現状を見て融資を実行します。

③アロー

キャッシング 審査 甘い

アローは、愛知県名古屋市に本社がある中小の消費者金融です。

2010年に金融庁から貸金業登録を受けて営業していることから、アローは正規の貸金業者です。

アローでは他社と異なる独自の方法で審査を行っているため、大手消費者金融の審査に落ちた人でも借り入れられる可能性があります。

利用限度額 200万円
金利 15.00%~19.94%(実質年率)
返済方式 残高スライドリボルビング
返済期間 契約日より5年
返済回数 60回
遅延損害金 19.94%(実質年率)
担保/保証人 原則不要

アローの4つの特徴

⑴おまとめローン対応
貸金業者からの借り入れをまとめて借り換え出来る「貸金業法に基づく借換ローン」があります。

複数の借り入れを1本化させることが出来れば、今後の返済もスムーズに進められるかと思います。

⑵アローはネットで来店不要の全国対応
アローの申し込み方法は3種類あります。

・インターネット申し込み
・FAX申し込み
・郵送申し込み

ネットの申し込みは25歳から66歳未満ですが、郵送の申し込みは20歳以上66歳未満と、少し違いがあります。

⑶アローは審査が最短45分とすばやい
大手の消費者金融は最短30分を売りにしている業者は多いですが、中小消費者金融であるアローはその中でも早い方だと言えます。

⑷金利が高い
大手消費者金融と比べると金利が15.0%~19.94%と高く設定されています。

基本的には10万円未満から20万円程度が融資限度額になる傾向があります。

アローの申込み必要書類

①身分証明書の写し
運転免許証
(運転免許証をお持ちでない場合は、健康保険証かパスポート)

②収入証明書類
以下のうち1点以上が必要です。

・源泉徴収票
・確定申告書
・直近2か月分の給与明細書
・所得証明書など年収が確認できるもの

そのほか、在籍確認も当然あります。
在籍確認は、申込完了後45分以内にかかってくる傾向にあります。つまり、審査時間中に在籍確認が行われるということです。

まとめ

キャッシング 審査 甘い
今回はキャッシングの審査が甘い金融業者はあるのか?また、比較的審査が甘いとされている金融業者3つなどについて紹介してきました。-

冒頭でも述べましたが、誰にでも審査が甘く、誰にでも融資を行うまともな会社はありません。

今回紹介した3つの中小消費者金融を例にとってみても、審査や書類の提出などをきちんと揃えたうえで、貸金業者は融資するかどうか決める、ということがお分かりいただけたかと思います。

しかし、今すぐお金が欲しいからキャッシングの審査が甘いという理由で、闇金にだけは絶対に手を出してはいけません。今までよりももっと苦しくなるだけです。

審査が甘いとアピールしているキャッシングの多くが闇金である可能性が高いため、注意していただき、審査の通過率が高めなキャッシングを探していただければと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

融資の関連記事