キャッシングローンの返済方法や借り入れの時に注意する点を5つ説明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
キャッシング 返済

給料日前にお金がないときにキャッシングを使ったことはありますか?

キャッシングの利用を検討している方の中には、「借り入れの手数料はいくらなの?」「返済方法はどうするの?」と疑問に持つ方もいるでしょう。

返済方法は、「引き落とし」「ATMによる返済」「ネットバンキングを利用して返済」など様々な方法があります。

そこで、当記事ではキャッシングを利用する際に知っておくべき返済方法や金利を減らす方法などを解説していきます。

キャッシングローンとは

キャッシング 返済

まずは、キャッシングローンとはなにかの理解を深めていきましょう。

キャッシグローンは主にクレジットカードに付帯されている機能です。

クレジットカードには基本的に、買い物などに使える「ショッピング利用枠」とATMなどから現金を借りられる「キャッシング利用枠」が設けられています。

つまり、この「キャッシング利用枠」を使って現金を借りることをキャッシングと言います。

キャッシングローンはクレジットカードの申し込みをする際に、利用の申し出をした場合に審査を受けられることができ、審査によって利用最大枠が決められます。

キャッシングローンは手軽にお金を借りられるので非常に便利で、給料日前に急にお金が欲しくなった場合などに活用できます。

返済方法は翌月1回払いやリボ払いなどが選べるようになっており、カード会社によっても異なりますが、基本的には1回払いは無料となっています。

キャッシングローンで借り入れたお金の返済方法について

キャッシング 返済

クレジットカードのキャッシングを利用しかたらにはきちんと返済しなければなりません。

そして、その返済方法には様々な返済方法があります。

一般的なクレジットカードの利用のように毎月口座から引き落としをしたり、ATMで返済するなどがあります。

返済方法にはそれぞれメリットがあるので、適当な返済方法ではなく得する返済方法を選ぶ必要があります。

また、返済方法を選ぶ際に考える必要があるのは利息の計算タイミングです。

ショッピング枠を利用した際は、支払日の翌日から利息が発生しますが、キャッシングローンの場合、利息の発生タイミングが異なります。

これを踏まえて返済方法を選ぶことで、支払う利息の額も減らすことができるのです。

そこで、こちらではキャッシングローンの3つの返済方法を解説します。

口座引き落としによる返済

キャッシング 返済

まず、代表的な返済方法として口座引き落としがあります。

この方法では、通常のクレジットカードショッピング枠の代金を支払う際に、併せてローンも返済します。

口座引き落としのメリットとしては、普段からクレジットカードを利用している方からすると、余計な手続きをする必要もなく、簡単に返済することができます。

しかし、引き落とし口座の残金が不足している場合には遅延損害金が発生してしまうこともあるので注意が必要です。

ATMによる返済

2つ目の返済方法として、ATMによる返済方法があります。。

借りたお金をコンビニや銀行などのATMを利用し返済します。

返済方法に「リボ払い」を選択している場合、ATMでの返済を利用することによって繰り上げ返済することができ、金利を減らすことができます。

ネットバンキングを使って自宅で返済

キャッシング 返済

最後に紹介する返済方法はネットバンキングを使った返済方法です。

最近では、この返済方法を使う方が増えてきており、カード会社が指定する返済用の口座へ振り込むことで返済ができます。

振り込みには手数料がかかってしまい、金利以上にお金を払わなければいけなくなるデメリットもありますが、ネットバンキングを利用した返済方法では、自宅でも返済できるというメリットもあります。

利息の計算方法について

キャッシング 返済

キャッシングをした際に利息は「○%」などと記載があるとは思いますが、実際にどうやって計算すれば良いのか分からない方がいるかもしれません。

もし、1ヶ月間借り入れした場合は下記の計算方法となります。

1ヶ月借入した場合の利息の計算の仕方は、下記になります。

借りた金額×年利%÷365日×1カ月(30日 or 31日)=1か月分の金利

まず、借りたお金に金利をかけて、365日で割って30日をかけると計算できます。

例えば金利18.0%で10万円を1ヶ月借り入れした場合、下記のようになります。

10万円×18%(0.18)÷365日×30日=1,479円

また、各金融期間などでは借入返済シュミレーションが用意されているので、そちらを利用しても良いかもしれませんね。

クレジットカードのキャッシング機能とは

クレジットカードは主にショッピングで使われることが多いですが、実はショッピング機能以外に「キャッシング機能」も兼ね備えています。

キャッシング機能には利用限度額を意味する「キャッシング枠」が設定されており、クレジットカードの申込時に申込者本人が設定するようになっています。

クレジットカードのキャッシング可能額

キャッシング 返済

クレジットカードにはお金を借り入れるキャッシング機能が付帯されていますが、利用限度枠が定められています。

そのため、キャッシング枠内以上の借り入れをすることはできません。

また、ショッピング利用枠の限度額の一部にはキャッシング額が含まれているの注意しなければなりません。

例えば、ショッピング枠30万円、キャッシング枠20万円のクレジットカードで、20万円分の買い物をした場合、使えるキャッシング枠は10万円になります。

キャッシング枠を利用して現金を借りるのは問題ありませんが、ショッピング枠を利用し、金券などを購入して現金化するのは利用規約の違反になるので行わないようにしてください。

キャッシングローンの返済期間について

キャッシング 返済

キャッシングローンの返済日は、基本的にクレジットカードのショッピング枠と同様に毎月の締め日までの利用料金を合算し、翌月の支払日までとなっています。

一括払いや2回払いの際であれば利息は発生しませんが、それ以上の分割払いやリボ払いになると手数料として利息が発生します。

例えば締め日が毎月月末、引き落とし日が25日の場合、利用から返済期限までの期間は最長で56日、最短でも25日と、借りた日によっても差がでてくるので、それも考慮しなければなりません。

また、分割払いやリボ払いの場合、引き落とし日の翌日から利息が発生してくるので手数料の負担が大きいと心配になる必要もないでしょう。

返済方法や支払い方法によっても金利は大きく変わってきますが、金利や手数料の負担を最小限に抑えるためにも、自身にあった返済方法をおすすめします。

返済できなかった場合どうなるの?

返済日に口座残金が足らなかったり、返済するのを忘れてしまっているとどうなってしまうのでしょうか?

まず、引き落としができなかった場合、翌日からクレジットカードの利用ができなくなってしまいます。

その後、電話やハガキなどで引き落としができなかった旨の連絡が来るので、指示に従って支払いを行ってください。

遅延損害金がかかってしまいますが、支払い完了後にはすぐに利用再開の手続きが行われ、信用情報への影響もほとんどありません。

万が一お金を用意できず返済が難しい場合には、早めにカード会社に連絡を入れ、返済計画を伝えてください。

お金を用意できないからといって、そのまま放置しているとクレジットカードの強制解約となってしまい、財産の差し押さえなどを受けるかもしれません。

事前に返済計画を伝えることで、そういった事態を防ぐことができます。

返済ができない旨を伝えるのは辛いかもしれませんが、返済を延滞し続けるよりかは被害も少なくなるので、返済できない場合には必ず一方をいれてください。

カードローンとキャッシングの違いは?

キャッシング 返済

クレジットカードにはキャッシング以外にもカードローンというものもあります。

利用方法は、キャッシングと同様にATMなどでお金を借りる事ができ、定められた枠の中であれば利用できます。

また、利用する際にはキャッシングと同様に審査があります。。

利用方法についてはキャッシングローンと、ほとんど違いがないのでこちらでは割愛させて頂きます。

自分にとってどちらがお得なのかを知ることが大切

クレジットカードには、キャッシングローンとカードローンがありますが、自身の状況にあった方法を利用するのが大切です。

例えばキャッシングローンであれば、一括払いできるような少額のときなどに活用できるでしょう。

一方でカードローンは、車を購入するなど大きなものを買い、一括払いが難しいような場合に使えます。

「お金が必要」となった際には、キャッシングローンとカードローンのどちらも助けになるサービスです。

しかし、借りたお金には利息が付き、元本以上にお金を支払う必要があることは忘れてはいけません。

借り方や返済方法を知らずに利用してしまうと、想像以上にお金を支払わなければならないことにもなりかねないので注意してください。

「キャッシングローン」と「カードローン」の違いを理解し、どちらを利用したほうが自分にとってお得で、損をしないのかを知ることが大切なのです。

まとめ

キャッシング 返済

以上、当記事ではクレジットカードに付帯するキャッシングローンの知識や返済方法について解説しました。

キャッシングローンは万が一、急にお金が必要になったときに助けになる非常に便利なサービスです。

しかし、利息や返済方法にも違いがあるため、無駄な利息を支払わないように自分にあった返済方法を選ぶことが非常に重要です。

リボ払いを使用している方であれば、ATMや振り込みといった返済方法を使うことにより、手数料以上に金利を安く抑えられる可能性もあるのです。

すでにキャッシングを行っている方も、これからキャッシングの利用を考えている方も、ぜひ毎月支払う金利のことも考え自身にあった返済方法を選択してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ローンの関連記事