ビジネスローンとは?3つの特徴とメリットデメリットを分かりやすく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ビジネスローンとは

開業資金、創業資金、運転資金、資金繰り…黒字赤字問わず、経営者は常に資金調達の方法を考えなくてはいけません。特に中小企業の方にとっては資金繰りは頭の痛い問題であり、常に売上が安定している訳ではありませんので、銀行がいつも融資してくれるとは限りませんよね。

そんな時に頼りになるのが、ビジネスローンです。

ビジネスローンとは『事実性の無担保ローン』の通称で、日本政策公庫などの公的融資や、銀行からの融資に頼れない場合の。第三の検討候補として名前が挙がる事が多く、中小企業の苦しい資金繰りにとっては非常に役立つ特徴を数多く持っています。

この記事では、ビジネスローンとは一体何なのか?その特徴とメリットやデメリットを分かりやすく解説していきたいと思います。初めてビジネスローンを使うという方にも分かりやすいように紹介していきますので、資金繰りに悩んでいる方は是非チェックしてみて下さいね。

ビジネスローンとは

 

ビジネスローンとは

ビジネスローンとは『事業資金の為の法人向け無担保ローン』の事を指します。個人事業主や法人経営者が、資金繰りを改善する為に利用する資金調達方法の一つで、主に中小企業を経営している方が利用するケースが多いとされています。

以下で他の資金調達方法とは違う、ビジネスローンの特徴について一つずつ解説していきたいと思います。

事業資金としての利用を認められている

ビジネスローンの大きな特徴の一つとして『事業資金としての利用を認められている』というものがあります。これの何が特徴なのかと言うと、融資商品の中で特に知名度が高いカードローンなどは、基本的に事業資金としての利用を認めていません。つまり、カードローンで借りたお金は、事業に関連した用途では使う事が出来ないのです。

しかしビジネスローンに関しては、事業資金を含めた自由な用途に資金を利用する事が出来ます。ビジネスだけでなく、それ以外の私的な利用であってもビジネスローンで借りた資金は利用する事が出来るというのは、他のローンとは違う大きな特徴であると言えます。

審査にスコアリングシステムを採用

銀行から事業資金の融資を受ける為には膨大な量の資料が必要になり、その資料を基に面談をしなければなりません。公的融資機関からの資金調達でも同様であり、民間会社を使う資金調達でも自社の財務状況を伝える資料は必要不可欠です。

しかし、ビジネスローンではそのような細かい審査は基本的には行っていません。扱っている杞憂機関の多くが使っている審査方法がスコアリングシステムで、これは統計的データに基づき、融資希望者の信用度をスコア化する事により融資の可否を決定する方法です。

このスコアリングシステムは精度が低い事が一時期問題になった事もあり、大手銀行はビジネスローンから撤退気味で、現在はノンバンクがビジネスローン提供の主要となっています。

総量規制の対象外

一般的な制度の面に関しても、普通の融資商品とビジネスローンでは取扱いが大きく異なります。最も大きな違いは、ビジネスローンは総量規制の『例外』に該当する取扱いになるという事。

総量規制とは、貸金業法という法律によって定められている制度で、利用者の年収の3分の1以上を超える貸付を規制するというものです。一般的なキャッシングやカードローンでは、年収の3分の1以上の資金を調達する事はできません。

しかし、ビジネスローンであれば総量規制の例外に該当するため、ビジネスローン業者が返済可能と判断できる範囲であれば年収の3分の1を超えた貸付を行っても問題ありません。所得が低い個人事業主でも、場合によっては多くの資金を確保できる可能性があります。

ビジネスローンを利用するメリット

ビジネスローンとは

公的機関からの融資、銀行融資、その次の選択肢に浮上する事が多いビジネスローンですが、上記で説明した特徴を持ち、他にも数多くのメリットがあります。

  1. 審査スピードが早い
  2. 審査が比較的甘い
  3. 担保や保証人が必要ない

大きなメリットは上記3点です。以下で一つずつ解説していきましょう。

審査スピードが格段に早い

ビジネスローン最大のメリットは審査スピードが早く融資までの期間が短いという点です。

銀行融資の場合だと、長い場合だと数週間から1ヶ月以上審査に時間がかかる場合があり、いつまで経っても審査結果が分からないという事が多くあります。

しかし、ビジネスローンはスコアリングシステムを採用していますので、申込を行った段階で選別されますので審査スピードは銀行に比べると比になりません。

スコアリングシステムで自動的に審査結果を出しますので、即日対応可能な金融機関が多く、困った時にすぐに資金を調達できるというのが大きなメリットであると言えます。

審査が甘い

ビジネスローンの審査は銀行よりも柔軟で甘いです。何度銀行にお願いしても融資を通過しないという方でも、ビジネスローンであれば比較的すぐに審査が通過するという事は多くあります。

銀行では融資を行う前に何人もの銀行員が審査に携わっており、本当に融資しても良いかどうかを判定していますが、ビジネスローンの場合はスコアリングシステムだけなので、それに通過すれば誰でも融資を受ける事が可能です。

更に審査も柔軟であり、資金の使い道や返済期間なども柔軟に対応してくれる事で知られています。一般的には銀行系ビジネスローンは金利が低い変わりに返済期間が短く、ノンバンク系ビジネスローンは金利が高い変わりに返済期間を柔軟に決める事が出来ます

担保や保証人が必要ない

銀行融資の場合は担保となる不動産や、もしも支払いが出来なくなった時に変わりに支払ってくれる保証人が必要になります。

しかし、スピーディーな融資を心情にしているビジネスローンでは、担保も保証人もなくても融資を受けることが出来ます。そもそも、不動産を担保にした場合、流動性のある不動産に担保価値が本当にあるかどうかの審査に一番時間がかかり、銀行融資に時間がかかる理由はここにあるのですが、その不動産担保の審査がない分、ビジネスローンでは素早い融資を受ける事が出来るのです。

担保は必要なく、更に身内の保証人なども必要ないケースがほとんどで、保証会社を通す必要も基本的にはありませんので余計な費用がかかる事は基本的にはありません

ビジネスローンを利用するデメリット

ビジネスローンとは

続いてはビジネスローンを使う前に必ず理解しておきたいデメリットを紹介していきます。特徴やメリットだけを見ていると良い事しかないように感じてしまうかと思いますが、もちろん注意しなければいけない点が数多く存在します。

  1. 金利が高い
  2. 融資上限額が低い
  3. 返済期間が短い

上記の点が大きなデメリットです。こちらも以下で一つずつ詳しく解説していきましょう。

金利が高い

何と言っても最大のデメリットはビジネスローンは金利が高いという点です。融資額、期間、会社の財務状況によって異なりますが…

銀行の金利相場⇒1.0~3.5%
ビジネスローンの金利相場⇒8.0~18.0%

8.0%を最低金利で貸す事もあるとビジネスローンでは謳う事が多いのですが、それでも普通の銀行融資と比較すればかなり高額です。金利が高い分、上記のようなメリットが多くあると考えて下さい。

更に、ノンバンク系のビジネスローンでは最低金利での融資はあまり考えられませんので、平均するとビジネスローンの金利は13%~18%位になります。

ノンバンクのビジネスローンは公的融資や銀行融資から資金を調達できなかった企業の受け皿として機能していますので、ノンバンクからすると貸し倒れリスクが高いという事になります。リスク管理の観点から見ると、金利が高くなってしまっても止むを得ないという状況になっています。

融資上限額が低い

ビジネスローンで借りられる資金は上限額が極めて低いです。

公的資金や銀行融資であれば、審査が通りさえすれば数千万円から数億円の借り入れも可能になっていますが、ビジネスローンの融資上限額は500万円から1000万円が相場です。

公的融資の原資は税金、銀行であれば預金を原資としていますので、融資の為の資金量を豊富に持っていますが、ビジネスローンはノンバンクの貸金業者が行っていますので、公的機関や銀行に比べると圧倒的に資金力に劣ります。

更に上記でも説明したように、ビジネスローンは最後の受け皿なので、リスク管理という点から見てもそこまで多くの資金を融資する事は実質的に不可能です。例えば1億円を融資して貸し倒れとなった場合、その時の損失は会社経営の存続危機にさえなってしまいます。

ビジネスローンで借りられるお金は精々が500万円程度なので、企業からすれば繋ぎ資金として考えるのが妥当です。そのお金を元手に抜本的な改革をする事は不可能なので、資金調達を行う前にその点は理解しておきましょう。

返済期限が短い

こちらもノンバンク系ビジネスローン会社のリスク管理によるものですが、もともと公的機関や銀行融資を受ける事が出来ない経営状態が良くない会社に融資する訳ですから、返済期限を長く設けてしまうと、その間に回収不能になってしまう事が考えられます。

その為に、短期間でなるべく多く返済してもらいたいと考える訳です。公的機関や銀行融資と比較すると、ビジネスローンの返済期限はかなり短く、金利も高いので月々に返済するお金が高額になってしまう事も多々あります。

一時的な繋ぎ資金であればスピーディーに融資してくれますので有効ですが、返済期限を短く設定されて、基本的に期限に関しては融通がききませんので、この点はデメリットとして考えておかなければいけない問題です。

まとめ

事業者向けローンとして中小企業の方の最後の受け皿として機能しているビジネスローン。スコアリングシステムを使ったスピーディーな審査と融資が魅力的ですが、その反面、金利が高く融資上限額も低い為、抜本的な改革目的ではなく、一時的なつなぎ資金として活用する方が多くいます

例えば銀行融資が通過するまでの一時的な資金として使ったり、売上が振り込まれるまでの間の2週間のつなぎ資金など、即日融資も多いのでそういった場面に活用する事で、中小企業の資金繰りを多いに手助けしてくれると思います。

ビジネスローンとは何なのか?特徴をメリットデメリットをしっかりと抑えておくことで、更により良い資金調達が出来るはずです。皆さんも是非活用してみて下さいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ローンの関連記事