通らないビジネスローンを資金調達につなげるポイント5つを紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ビジネスローン 通らない

比較的に審査がゆるいと言われているビジネスローンに落ちてしまい、「審査に通りやすいはずなのに?」と疑問を感じている方はいませんか?

数多く存在しているビジネスローンは、審査の難易度に大きな差があり厳しい審査のビジネスローンに申し込んだのなら、審査を通るのは難しくなるのです。

ビジネスローンが通らない方は、申し込むビジネスローンの審査方法を確認し、ポイントを抑えて審査にのぞむことが重要となるでしょう。

こちらの記事では通らない理由を考えながら、ビジネスローンの審査を制覇する5つのポイント、審査に通りやすいビジネスローンの選び方を解説していきます。

ビジネスローンの審査が通らない

ビジネスローン 通らない

銀行融資や公的機関の融資は審査が厳しいと思い、審査が通りやすいノンバンクのビジネスローンに申し込んだのに審査が通らなかったことはありませんか?

一般的に「ビジネスローンならば審査が甘いから大丈夫」と思われがちですが、融資したお金を回収できず貸し倒れが発生してしまう危険がある時には、ビジネスローンでも融資を行いません。

ビジネスローンは独自の方法で審査を行い、貸し倒れ率が一定の水準以下になってしまう企業はその審査ではじかれてしまうのです。

落ちた理由とは?

ビジネスローンの審査に落ちる理由として考えられるのが、赤字決済や債務超過、税金滞納、過去に返済事故等、ブラックリストにのっているなどです。

また、会社の過去の融資データに基づき、「どのような条件の会社に融資すると何%の貸し倒れ発生率になるのか?」と言う貸し倒れ率をだし、水準に満たない会社も審査に落ちることになります。

ただし、この「一定の基準」はビジネスローン会社によって異なっていることを忘れないでおきましょう。

(ビジネスローンの審査に落ちる理由)
・赤字決済
・債務超過
・税金滞納
・過去に返済事故 
・ブラックリストにのっている
・ローン会社の水準に満たない

ビジネスローンの審査方法

ノンバンクのビジネスローンの審査では、機械を利用したスコアリングシステムを採用しています。

スコアリングシステムは、申込者が提出した必要書類から作成したデータを機械が読み取り、自動的に審査を行うシステムです。

銀行では面談が行われますが、ノンバンクでは提出された書類に問題がなければ審査は短時間で終わることになるでしょう。

ビジネスローンを完全制覇する5つのポイント

ビジネスローン 通らない

上記で説明したように、ビジネスローンの審査を通らない理由は、赤字決済、債務超過
、税金滞納、過去に返済事故、ブラックリストにのっているなどがありますが、それ以外ならばポイントを抑えることで審査が通りやすくなります。

次に、ビジネスローンの審査をスムーズに通過できる5つのポイントを紹介します。

ポイント1:業歴が重視される

ビジネスローンの審査では、「何年経営を続けているのか?」という会社の業歴を重視されます。

経営を長く続けているほど安定した会社と判断され、特に銀行の場合には条件として2年以上の業歴が求められるほどです。

ノンバンクのビジネスローンの場合には、業歴1年以上でも審査が通りますので、申込みを行う前には業歴を確認しておいてください。

ポイント2:事業計画と資金計画を丁寧に仕上げる

ビジネスローンの審査を通すには、正確なやり方で事業計画と資金計画の書類作成を行ってください。

ローン会社によって違いますが、融資を受ける時に必要な書類は大体下記の通りとなります。

◆事業概況の書類
・会社概要、事業内容、会社案内などがそれに当たります。

◆商業登記簿謄本

◆資金の使いみち

◆決算書一式

ポイント3:少額融資を検討

ビジネスローン 通らない

ビジネスローンの融資額を100万円~500万円ほどの少額融資にすることで審査が通りやすくなります。

ビジネスローンの融資は100万円~1,000万円で、不動産や担保の必要もありません。

融資金額が多いと審査も厳しくなりますが、審査が通らないのであれば少額での融資を検討してみるのも一つの方法です。

ポイント4:審査ポイントになる決算書

審査の時には、決算書類を確認されることになりますが、どのような点を重点的にみられるのか事前に確認しておきましょう。

審査で提出する決算書一式には、法人概況説明書、勘定科目明細、貸借対照表、損益計算書、販売費一般管理費明細、製造原価報告書、株主資本変動計算書などがあります。

その中で重点的に見られるのが損益計算書です。

損益計算書によって、純利益、報酬、減価償却費をチェックし黒字であるのか?赤字になるのか?を見ながら審査が行われます。

個人事業主の場合には赤字があると、収支から生活費や事業費を捻出するために融資を受けることは難しくなります。

減価償却費を計上しないまま審査を行うと、償却の負担が確認できないと見なされて審査で不利になる可能性が高まります。

ポイント5:長期利益計画と短期利益計画を正確に計算

資金計画を立てる時には、長期的な見通しとともに、短期的な利益計画の確認も忘れないようにしましょう。

審査で見られるのは、資本の合計が資本金よりも大きいか、今期は黒字に転じているという点をチェックされます。

また、会社が保有している資産は「換金性のある財産であるか?」の確認もされます。

総合的に見て判断した結果問題がないならば、安全な会社として判断され融資が行われるでしょう。

審査の通りやすいビジネスローンの選び方

ビジネスローン 通らない

ビジネスローンに落ちてしまう時には、審査の甘いビジネスローンに申し込むのも一つの方法です。

どのビジネスローンの審査が甘いのかわかりにくいですが、次に審査が厳しくないビジネスローンの見分け方を解説していきます。

上限金利が高い方を選ぶ

審査を通ることに重点をおきたいのなら、高い金利のビジネスローンの方が通りやすくなります。

通常であれば、低金利を選びたいところですが、ビジネスローンが通らない時には高い金利のビジネスローンでの融資を検討してみるとよいでしょう。

◆審査が厳しいローン=上限金利が低金利のビジネスローン

◆審査が甘いローン=上限金利が低金利のビジネスローン

これは、上限金利が高くなるほど、許容できる貸し倒れ率が高くなり、結果として甘い審査のビジネスローンとなるのです。

中小規模のビジネスローンを選ぶ

ビジネスローンが同じ条件で提供されているのなら、経営者の優先順位はメガバンク、信託銀行、地方銀行、ネット銀行、信用金庫などになるのではないでしょうか?

そして、最後には大手消費者金融、中小消費者金融が最後となり、その優先順位はブランド力と信頼性の順に付けられていきます。

そのため条件のよい企業が集まってしまうメガバンクや信託銀行、ノンバンクにおいては大手消費者金融に、条件のよい企業が集まります。

条件の良い企業が集まれば、当然審査基準も高くなってきます。

中小規模の消費者金融のビジネスローンであれば、比較的審査に不安を抱える銀行ビジネスローンに落ちた企業が集まるため審査基準は低く設定されて審査が通りやすくなります。

企業向けの融資サービス専を選ぶ

上記で説明した中小規模の消費者金融が用意しているビジネスローンには、個人向けのローン提供している消費者金融と、事業融資関連サービスのみを提供している消費者金融の2つにわけられます。

この2つの消費者金融を比べると、事業融資関連サービスのみを提供している消費者金融の方が、審査が通りやすいと言えます。

事業融資を専門にしているのなら、貸し倒れ率の見極めるノウハウがあり、ギリギリのところで融資してくれる可能性あるからです。

キャンペーン中のビジネスローン

ビジネスローンを提供しているローン会社では、時期によってギフト券のプレゼントや金利優待キャンペーンなどを展開している会社もあります。

キャンペーンをして融資先を増やそうとしているのですから、キャンペーン中のビジネスローンの審査は甘くなる可能性が高いのです。

ビジネスローンを選ぶ時の注意点

ビジネスローン 通らない

ビジネスローンの審査を通るために、審査の甘いビジネスローンを利用することになりますが、その際には闇金業者に注意することが必要です。

特に、名前も聞いたことがない、Webサイトも古い、良くない口コミが流れているとなれば、闇金業者ではないかと心配になってくるのではないでしょうか?

CMを展開していたり、上場している大手消費者金融や銀行であれば、安心して利用することができますが、審査の甘いビジネスローンを利用するときには、よく確認してから申し込みましょう。

闇金業者を見破るポイントとして「登録番号の確認」があげられます。

貸金業を営んでいくためには、都道府県知事や財務局長の登録番号が必要となり、3年毎に更新していきます。

何度も更新を受けていると優良業者となり、更新経験がないのなら注意が必要となるのです。

また、金融庁のWebサイトで業者名と番号の登録状況を確認することができますので、申し込む前には、必ずチェックしておきましょう。

法定利息

貸金業者の法定利息は、ビジネスローンであっても「100万円未満18.0%以下、100万円以上15.0%以下」と定められています。

これ以上に高い金利でビジネスローンを設定しているのなら、どんなに審査が甘くても申し込みを行わないでください。

ビジネスローンの特徴

ビジネスローン 通らない

最後にビジネスローンの特徴とメリット、デメリットについておさらいしておきましょう。

ビジネスローンは、事業資金が必要な個人事業主や中小企業、法人代表者に対して借入を行っているローンのことです。

別名「事業融資」とも呼ばれており、事業性のある目的の企業が利用でき、原則として担保や保証人なしで融資を受けることができます。

事業の運転資金やつなぎ資金などに利用でき、審査基準が厳しい公的融資や銀行融資などよりも審査が早く通りやすいことが特徴となっています。

メリット

ビジネスローンのメリットは、下記のような項目があげられます。

◆融資までの時間が短い

◆銀行融資よりも審査が通りやすい

◆総量規制の対象外

◆担保、保証人が不要

デメリット

ビジネスローンのデメリットには、下記のような項目があげられますので申し込みをする際には確認しておきましょう。

◆銀行や公的機関よりも高金利

◆借入限度額が低い

◆確定申告書などの収入証明書が必要

◆事業計画書や決算書が必要な場合もある

まとめ

ビジネスローン 通らない

ビジネスローンの審査に通らない場合の理由を始めとして、ビジネスローンの審査を通すポイント、審査の通りやすいビジネスローンの選び方、ビジネスローンを選ぶ時の注意点などをまとめてご紹介しました。

ノンバンクのビジネスローンは比較的審査が通りやすいとされていますが、審査に落ちてしまった場合には、審査のポイントをよく確認してから申し込みを行うと審査に通りやすくなります。

また、審査の通過を重視するのなら、審査の通りやすいビジネスローンを検討してみてもよいでしょう。

ただし、審査の通りやすいビジネスローンは闇金などの可能性があるので、「登録番号の確認」などをよく確認してから申し込みを行うようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ローンの関連記事