mochida

ローン

資金調達のローンが通らない|3つの理由とCICの情報開示方法を解説

ローン cic

資金調達するために銀行のローンやカードローンに申込を行ったのに、審査に落ちてしまい悩んでいる方は多いのではないでしょうか? 「審査に落ちた理由がわからない」と、今後どのような対策をとっていけばいいのか、知ることもできません。 そこで、こちらの記事では、審査に通らない3つの理由と信用情報機関の特徴や開示方法、株式会社 シーアイシー(CIC)を具体例を用いて詳しく解説していきます。 特に、審査の落ちる理由がわからない場合には、信用情報機関の情報がネックとなっている場合が少なくありませんので、ぜひチェックしてみてください。

クラウドファンディング

資金調達のクラウドファンディング5つの種類別の確定申告を解説

クラウドファンディング 確定申告

インターネットを介して、多くの人々から資金を募るクラウドファンディング、魅力あるプロジェクトに応援が集まり、資金が集まることによってプロジェクトを成功へと導いてくれます。 ただし、「プロジェクトが成功したから終わり」ではなく、クラウドファンディングで募った資金にかかる税金や確定申告などの会計処理はきちんと行わなければなりません。 クラウドファンディングでは、種類によって確定申告が必要だったり、控除が受けることができたりと、意外と複雑な仕組みとなっているために、戸惑う方は多いのではないでしょうか? こちらの記事では、クラウドファンディングの種類に加えて、種類別の確定申告や控除などをご紹介していきます。 クラウドファンディングを利用した方、これから始めようとしている方にとって役立つ記事となっています。

日本政策金融公庫

新創業融資制度の認められる7つの自己資金と注意事項について

創業融資 自己資金

創業や開業を考えたのなら、業種によって金額の違いこそはありますが、開業資金や運転資金などを資金調達する必要が出てきます。 しかし、実績を重視している民間の金融機関では融資を受けることが難しいために、日本政策金融公庫の新創業融資制度を検討している方は多いのではないでしょうか? 日本政策公庫は、創業を支援している政府系の金融機関ですから創業や開業時の心強い味方となってくれます。 ただし、新創業融資制度は、創業資金の10分の1の自己資金を確保していなければ、融資を利用することができません。 そこで、こちらの記事では、日本政策金融公庫の新創業融資の紹介に加えて、自己資金となるケースとならないケース、注意事項について、ご紹介していきます。

補助金

保管や設備強化の資金調達|令和2年度麦・大豆保管施設整備事業を徹底解説

令和2年度麦・大豆保管施設整備事業

国産の麦や大豆の需要は、しっかりと堅実に伸びていることは喜ばしいことですが、天候等による供給の変動が激しいために、実際に消費する使用量の拡大に踏み切れていないことが課題とされています。 課題をクリアしていくためには、凶作時であっても安定して供給できるように、一定数量の保管が大切になってくるのではないでしょうか? 農林水産省では、このような状況を踏まえて、令和2年度麦・大豆保管施設整備事業を設けました。 麦や大豆の安定供給体制の強化に取り組んでいる方を支援している事業となっていますので、ぜひご利用ください。 こちらの記事では、令和2年度麦・大豆保管施設整備事業を詳しく解説していきます。

補助金

地域資源を活かせる資金調達|鳥獣被害防止総合対策交付金(ジビエ利用拡大推進事業) の8つの事業

鳥獣被害防止総合対策交付金(ジビエ利用拡大推進事業)

鳥獣による農作物の被害が拡大するにともない、被害を防ぐため捕獲頭数が大幅に増加しています。 営農意欲を減退を避けるために鳥獣の捕獲は仕方ありませんが、これらの捕獲鳥獣を地域資源(ジビエ等)として活かし、マイナスからプラスへと変えてジビエ利用を拡大していく事が、これからの課題となってくるのではないでしょうか? そこで、農林水産省では「鳥獣被害防止総合対策交付金(ジビエ利用拡大推進事業) 」設けてし、野生鳥獣肉(ジビエ)の活用や需要拡大を図っています。 取扱量を拡大するための調査や商品開発、広報や普及啓発など、ジビエ利用する方はぜひご利用ください。 こちらの記事では「鳥獣被害防止総合対策交付金(ジビエ利用拡大推進事業) 」を詳しく解説していきます。

ローン

資金調達やローンの前に知っておきたいブラックリスト約5年間の対処方法

ローン ブラックリスト

支払いの延滞や債務整理を行うとブラックリストとして掲載されてしまいますが、「ブラックリストに載る期間はどのくらい?」「生活や仕事に影響がでてしまうのか心配」と不安を抱えている方は多いのではないでしょうか? ブラックリストに載る期間は約5年間と言われており、その間に資金調達としてローンを組もうとすると、ブラックリストによる影響が生じてきます。 そこで、こちらの記事では、ブラックリストになる理由を始めとして、困ったときの5つの対処法、ブラックリストの掲載期間と確認方法などをまとめて紹介していきます。 ブラックリストでお悩みの方は、ぜひご覧ください。

助成金

出向元と出向先の2社の資金調達になる産業雇用安定助成金を紹介

産業雇用安定助成金

新型コロナウイルス感染症拡大の影響によって、仕事が減少している企業がある一方で、人手が足りなくなり、人員の確保が難しくなっている企業も出てきました。 従業員の雇用を守るためには、減少している企業から人手不足の企業へ従業員を出向することが必要となってくるのではないでしょうか? 厚生労働省では、このような状況を踏まえて、産業雇用安定助成金を設けています。 事業活動の縮小を余儀なくされた、出向元と出向先に対して支援している助成金となっていますので、ぜひご利用ください。 こちらの記事では、産業雇用安定助成金について、詳しく解説していきます。

助成金

開発やサービスの資金調達|令和3年度情報バリアフリー事業助成金を徹底解説

令和3年度情報バリアフリー事業助成金

通信や放送のサービスは誰もが平等に利用できることが望ましいですが、身体障害者の方が既存のサービスを利用するには困難な部分が残されているのではないでしょうか? 国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)では、「誰もが等しく通信や放送のサービスを利用できる環境を整備」するための令和3年度情報バリアフリー事業助成金が設けられています。 身体障害者がスムーズに利用できるようになるための、機器の開発やサービス提供等を行う事業に対しての支援となる助成金となっていますので、これらの事業を行っているのなら、令和3年度情報バリアフリー事業助成金をご活用ください。 こちらの記事では、令和3年度情報バリアフリー事業助成金を詳しく解説していきます。

日本政策金融公庫

コロナ支援NGも?資金調達となる新創業融資制度5つのメリットを解説

創業融資 コロナ

新型コロナウイルス感染症の影響が広がっていくなかで、創業を予定している方や創業して間もない方は、多くの不安を感じているのではないでしょうか? 日本政策金融公庫では「新型コロナウイルス感染症特別貸付」を実施し、業況の悪化している企業に対して支援を行っていますが、誰もが受けられる融資ではなく、創業したての方が利用するには厳しい制度となっています。 そこで、こちらの記事では、創業する方が「新型コロナウイルス感染症特別貸付」が受けられるか?についてと、創業時に利用できる「新創業融資制度」をご紹介していきます。 創業を予定している方や創業してまだ間もない方にとって、役立つ記事となっていますので、ぜひご覧ください。

補助金

【島根県】資金調達につながる貸切バス等による県民の県内移動支援事業を徹底解説

貸切バス等による県民の県内移動支援事業

新型コロナウイルス感染症拡大による外出自粛の影響などによって、島根県内の旅行やイベントなどは縮小や延期を余儀なくされてきました。 特に、移動手段としての貸切バスやレンタルバス等の需用は、コロナ禍を境に減少し続けているのではないでしょうか? 島根県では、このような状況を踏まえて「貸切バス等による県民の県内移動支援事業」を設けており、島根県内の貸切バスやレンタルバス等を利用する方に補助金を交付しています。 お得に貸切バスやレンタルバスが利用できる補助金となっていますので、島根県内の方はどうぞご利用ください。

補助金

【新宿区】事業再興の資金調達となる専門家活用支援事業等2つの支援策を紹介

専門家活用支援事業

新型コロナウイルス感染症の影響を受けている中小企業や個人事業主が今後立ち直っていくためには、販売計画や事業計画の策定などを考えていくことが必要です。 その際に、専門家によるアドバイスや相談を行うことができれば、心強い味方となるのではないでしょうか? 新宿区では、このような状況を踏まえて、専門家の支援を受けたときにかかる経費を補助しています。 事業再興を成功させるためにも、補助金を利用して専門家のアドバイスや支援を上手にお役立てください。 こちらの記事では、新宿区が実施している専門家活用支援事業に加えて、おもてなし店舗支援事業補助金「感染症拡大防止対策事業・業態転換事業」を詳しくご紹介していきます。

助成金

基山町緊急雇用助成金等の資金調達つながる4つのコロナ支援を紹介

基山町緊急雇用助成金

新型コロナウイルス感染症の拡大の影響によって、事業の縮小を余儀なくされている事業者が増えてきました。 佐賀県三養基郡基山町では、このような状況にあるにもかかわらず、基山町民を新たに雇用する事業者に対して支援を行っています。 基山町独自の施策となっており、国や佐賀県の助成制度との重複も可能ですので、佐賀県三養基郡基山町内で新たに雇用を検討している事業者は、資金調達の一つとしてご活用ください。 こちらの記事では、基山町で実施ししている基山町緊急雇用助成金、基山町新型コロナウイルス感染症対策備品等購入費補助金、佐賀型中小事業者応援金の4つのコロナ支援策をご紹介していきます。

補助金

コロナ禍を乗り越える丸亀市Withコロナ事業継続応援補助金等2つの資金調達を紹介

丸亀市Withコロナ事業継続応援補助金

新型コロナウイルス感染症の拡大によって、感染防止策や非対面などの国が提言している「新しい生活様式」に社会は変化してきています。 このように、コロナ禍を乗り越えていくためには「新しい生活様式」を踏まえた上で、事業を継続していくことが大切になるのではないでしょうか? 「新しい生活様式」を取り入れるためには経費が必要となってしまいますが、香川県丸亀市では「丸亀市Withコロナ事業継続応援補助金」を設けて支援を行っています。 「新しい生活様式」を実践し前向きに事業を続ける方が利用できる補助金となっていますので、ぜひご活用ください。 こちらの記事では、丸亀市で実施している「丸亀市Withコロナ事業継続応援補助金」と「丸亀市新型コロナウイルス関連融資 事業者応援給付金」2つのコロナ禍支援を詳しく解説していきます。

補助金

企業デジタル化の資金調達|経産省デジタル化補助金<『TAMAモデル実証企業』募集>を解説

経産省デジタル化補助金<『TAMAモデル実証企業』募集>

地域経済を牽引する企業のデジタル化を推進していくためには、地域未来牽引企業等、事業管理機関、IT企業等との連携が重要となってきます。 経済産業省では、このようなことを踏まえて、地域の高生産性・高付加価値企業群を創出・強化することを目的とした「地域新成長産業創出促進事業費補助金(地域産業デジタル化支援事業)」を設けました。 連携して取組むことを検討しているのであれば、「地域新成長産業創出促進事業費補助金(地域産業デジタル化支援事業)」を資金調達としてご利用ください。 なお、TAMA協会事務局では、協同申請を行う「TAMAモデル実証企業」を募集しており、ものづくり企業やIT企業と連携して地域産業のデジタル化のモデルケースつくりを目指しています。

補助金

システム活用に役立つ資金調達「令和3年度 地域新成長産業創出促進事業費補助金(地域企業デジタル経営強化支援事業)」を紹介

令和3年度 地域新成長産業創出促進事業費補助金(地域企業デジタル経営強化支援事業)

地域の企業の方々にとって、事業を発展させ経済を活性化していくことは容易なことはなく、コロナ禍となった現在においては、ますます困難となっているのではないでしょうか? しかし、国では、地域の特性を活用した事業の生み出す効果に着目し、地域未来投資促進法が設立され、地域経済牽引事業計画が承認されると様々な方面から支援を受けられる仕組みが作られています。 こちらの記事では支援の一つとなる「令和3年度 地域新成長産業創出促進事業費補助金(地域企業デジタル経営強化支援事業)」を紹介していきます。 システムを活用した経営管理体制強化、計画策定やシステム導入などを支援してくれる補助金となっていますので、資金調達の一つとしてお役立てください。

補助金

【広島県】人材育成の資金調達になるイノベーション人材等育成事業補助金を紹介

イノベーション人材等育成事業補助金

中小企業や中堅企業の事業が発展し競争力を増していくためには、高度で多彩な産業人材の育成が欠かせません。 しかし、人材を育成するためには長い時間と費用が必要となるために、躊躇してしまう企業は多いのではないでしょうか? 広島県では「イノベーション人材等育成事業補助金」を設けて、広島県産業の持続的発展に不可欠なイノベーションの原動力となる高度で多彩な産業人材の育成を支援しています。 広島県内で人材育成のための知識や技術習得、研修を検討しているのであれば、人材育成の資金調達の一つとして、「イノベーション人材等育成事業補助金」をご利用ください。 こちらの記事では、「イノベーション人材等育成事業補助金」について、詳しく解説していきます。

補助金

経営安定につながる2つの資金調達|船橋市感染症BCP策定支援事業費補助金等を紹介

船橋市感染症BCP策定支援事業費補助金

新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、企業の経営や運営に影響されている方も多いと思いますが、感染症BCP策定という計画をご存じでしょうか? BCPとは、緊急時代に遭遇した場合に、事業資産の損害を最小限にとどめつつ、事業の継続または早期復旧を目指し、平常時に行うべき行動や緊急時の事業継続方法や手段を取り決めておく計画のことです。 船橋市では「船橋市感染症BCP策定支援事業費補助金」を設けて、感染症 BCP を策定又は改訂する際に要する経費を補助していますので、企業経営の安定を図るためにも、ぜひご利用ください。 こちらの記事では「船橋市感染症BCP策定支援事業費補助金」と「船橋市テレワーク導入支援補助金」について、詳しくご紹介していきます。