個人事業主の資金調達に利用できるアプラスの3つのローンを徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ローン アプラス

資金調達をする際には、銀行や信販会社でローンを組むことになりますが、知名度の低い金融機関などでは、「金利が高いのでは?」「ヤミ金業者ではないか?」と誰もが不安を抱くことになります。

しかし、最近では大手銀行のグループに入っている信販会社も増えてきました。

バックにこのような大手銀行グループが付いていれば、安心してお金を借りることができるのではないでしょうか?

そこで、こちらの記事では新生銀行グループである総合信販業務を行っているアプラス株式会社のローンについて解説していきます。

資金調達を検討している方は、借入先の選択肢の一つとして参考にしてみてください。

株式会社アプラスの会社概要

ローン アプラス

株式会社アプラスは、1956年に「大阪信用販売株式会社」として近畿圏を主な営業活動として設立した会社です。

のちに、アプラスと変更し、2004年度には新生銀行の一員となりました。

消費者向けのファイナンスの革新的な金融サービスを主に、カード事業、ショッピングクレジット事象、ベイメント事業などを行っています。
◆会社概要

商号 株式会社アプラス(APLUS Co., Ltd.)
設立 2009(平成21)年4月24日
代表取締役社長 清水 哲朗
本店所在地 大阪市浪速区湊町一丁目2番3号
東京本部 東京都千代田区外神田三丁目12番8号 住友不動産秋葉原ビル
店舗数 全国主要都市47店舗
主な事業内容 ・ショッピングクレジット事業
ショッピングクレジット、オートクレジット、回収金保証等
・カード事業
クレジットカード、提携カード、カードキャッシングなど
・ペイメント事業
オートネットサービス、コンビニ集金代行サービス、家賃サービス、プリペイドカード 等
関連会社 株式会社アプラスフィナンシャル
株式会社アプラスパーソナルローン
全日信販株式会社  他

アプラスで利用できる3つのローン

ローン アプラス

アプラスでは、利用者や目的に合わせて3つのローンを提供しています。

利用者の目的別によって役立てることができる目的別ローンを始めとして、住宅購入する際などに利用できる住宅関連ローン、事業用の資金調達として活用できる個人事業主ローンが用意されています。

◆個人事業主ローン

◆目的別ローン

◆住宅関連ローン

なお、ローンカード(アプラスパーソナルローン)は、2019年8月5日をもって、新規借入れが終了となっていますので、お気を付けください。

個人事業主ローン

ローン アプラス

アプラスの個人事業主ローンは、事業用資金として活用できるローンです。

事業資金としての資金調達を始めとして、各種ライフサポート資金、頑張る個人事象主に向けたローンを提供しています。

ビジネスプランの商品概要

目的別ローン(ビジネスプラン)は、業歴が3年以上ある個人事業主が利用できる資金使途が自由の金融商品です。

貸付利率は14.40%~16.80%(実質年利)となっており、返済回数は6回~84回(6ヶ月~7年)まで、自由に設定することができます。

また、担保や保証人が不要、ボーナス加算返済が行える利用しやすい目的別ローン(ビジネスプラン)です。

商品名 目的別ローン「ビジネスプラン」
資金使途 自由(資金使途証明資料不要)
貸付利率 14.40%~16.80%(実質年率)
・金融情勢の変動により利率等が変更になる場合あり
遅延損害金利率 20.00%(実質年率)
契約形態 金銭消費貸借契約
返済方式 元利均等返済/ボーナス併用元利均等返済
返済方法 口座振替(お客さまの登録口座からの振替)
返済日 27日(金融機関が休日の場合は翌金融機関営業日)
ご返済回数およびご返済期間 6回~84回(6ヶ月~7年)
・30万円以下は36回以内、30万円超100万円以下は60回以内
ボーナス加算返済 6・12月」、「1・7月」、「2・8月」より選択。ただしボーナス分元金は借入金額の50%以内
ご融資金額 10万円以上200万円以内
申し込み資格 20歳以上65歳未満で安定収入のある個人事業主の方
・業歴3年以上
担保・保証人 不要

申し込みに必要なもの

ローン アプラス

アプラスの個人事業主ローンを利用するときには、「本確認書類2点」と「収入を証明する書類」が必要となりますので、事前に準備しておきましょう。

なお、必要書類は、アトラスのホームページ、目的別ローンポータルサイトからアップロードしてください。

◆本人確認書類 2点
「犯罪による収益の移転防止に関する法律」に基づき、お申込みにあたって公的書類等により、お名前・生年月日・ご住所を確認するめに本人確認書類または補完書類の提出します。

現住所が記載されている、現在有効な書類を【A群】から2点、または【A群】から1点と【B群】から1点の計2点をご提出ください。

【A群:本人確認書類】
・運転免許証または運転経歴証明書
(住所を変更されている場合裏面も必要、運転経歴証明書は平成24年4月1日以降に交付されたものに限ります)

・パスポート
(写真および住所のページ)

・各種健康保険証
(お申込人ご本人のお名前・生年月日・ご住所のページ)
なお、保険者番号および被保険者等の記号・番号については、マスキング(黒く塗りつぶすなど)を施したうえで提出します。

・マイナンバー(個人番号)カード
お申込み人ご本人の顔写真・お名前・生年月日・ご住所が記載されている面(裏面は不要)

・住民票の写し
発行後6ヶ月以内、なお個人番号が記載されている場合は、個人番号を黒く塗りつぶしてください。

・その他(各種年金手帳、在留カード、特別永住証明書)

上記「A群:本人確認書類」1点の場合で申込書に記載いただいている住所と相違する場合は、現住所が記載されている下記の「B群:補完書類2点(現住所記載で本人名義のもの

ただし1点は同居家族名義で可)のコピーを併せて添付ください。(発行日から6ヶ月以内のもの)

【B群:補完書類(現住所が記載されており発行日から6ヶ月以内のもの)】
・国税または地方税の領収書または納税証明書

・社会保険の領収書

・公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK,固定電話)

◆収入を証明する書類

【A群】
・源泉徴収票:前年(直近のもの)「公的年金等の源泉徴収票」および「退職所得の源泉徴収票」を除きます。

・給与明細書:上記源泉徴収票の提出が難しい場合、直近3ヵ月以内で2か月連続

・確定申告B:税務署の収受印、もしくは電子申告の受付日時の記載があるもの

【B群】
・所得証明書:直近のもの。市町村役場から発行されるもの(コピー不可)
給与収入等が明記されているもの

・課税証明書:直近のもの。市町村役場から発行されるもの(コピー不可)
給与収入等が明記されているもの

・住民税決定通知書:毎年6月頃、お勤め先を通じて届く市区町村発行の「特別徴収税額の決定・変更通知書」

①審査結果で、ご融資可能金額が300万円以下の場合
上記、A群及びB群からいずれか1点の書類のアップロードが必要となります。

②審査結果で、ご融資可能金額が300万円を超える場合
上記、A群から1点、B群から1点の合計2点。 アップロードと郵送による提出が必要となります。

◆当社所定資料
・ビジネスプラン借入計画書

注意事項

アプラスの個人事業主ローンの注意事項は、下記の通りとなりますので利用する前に確認しておくようにしてください。

・ビジネスプランを利用するには、アプラス所定の審査をクリアする必要があります。

・申込内容および他のご利用状況によっては、希望通りにいかない場合や条件の一部変更が行われる場合があります。

・契約する際に必要となる印紙税相当額は、支払わなくてはなりません。

目的別ローン

ローン アプラス

アプラスの目的別ローンは、目的別に数多くのローンがラインナップされています。

車の購入の際に利用できるマイカーローン、あらゆる場面で利用できる多目的プラン、フリーダムプラン、教育プラン、トラベルプラン、ブライダルプラン、ゴルフ会員権購入プラン、リフォームプランが提供されています。

目的別ローンのそれぞれの貸付利率

目的別ローンは、その種類によって貸付利率が異なっています。

マイカーローン、あらゆる場面で利用できる多目的プラン、フリーダムプラン、教育プラン、トラベルプラン、ブライダルプラン、ゴルフ会員権購入プラン、リフォームプランの各利率は、下記の表の通りとなっています。

ローンの種類 貸付利率
マイカーローン 実質年率1.90%~実質年率7.90%

[アプラスカード会員(アプラスマイカーローンお申込時にアプラスカードをご契約中であることが条件となります)の場合]
実質年率0.90%~~実質年率6.90%

・貸付利率はお借入れ金額、資金使途およびアプラスカードをご契約中であるかによって決まります。

多目的プラン 7.20%~14.40%(実質年率)
フリーダムプラン 10.80%~16.80%(実質年率)
教育プラン 7.20%~12.00%(実質年率)
トラベルプラン 7.20%~14.40%(実質年率)
ブライダルプラン 7.20%~14.40%(実質年率)
ゴルフ会員権購入プラン 7.20%~14.40%(実質年率)
リフォームプラン 7.20%~14.40%(実質年率)

なお、貸付利率はアプラスの審査基準はにより決定され、金融情勢の変動により利率等が変更になる場合があります。

住宅関連ローン

ローン アプラス

アプラスの住宅関連ローンには、マイホームプラン、リフォームローンゆとりR35、リバースモーゲージ型住宅ローンの3つの種類があります。

マイホームプランでは住宅購入時に足りなくなった住宅建築資金、住宅購入資金、諸費用などをサポートとしています。

また、リフォームローンでは、幅広い年齢層に毎月の負担を抑えられることができます。

ただし、リバースモーゲージ型住宅ローンは、2020年10月末日の申し込み分をもって終了となっていますので、お気を付けください。

住宅関連ローンの貸付利率

住宅関連ローンのマイホームプラン、リフォームローンゆとりR35の貸付利率は下記の表の通りとなっていますので、ご参考にしてみてください。

ローンの種類 貸付利率(変動金利型)
マイホームプラン 【住宅購入に必要な諸費用のみの場合】
・長期プライムレート(基準金利)+4.50%
(事務手数料を含めた実質年率15.00%以下)

【住宅建築資金/住宅購入資金を含む場合】
・長期プライムレート(基準金利)+6.50%
(事務手数料を含めた実質年率15.00%以下)

リフォームローン ゆとりR35 「長期プライムレート金利(基準金利)+年0.90~年1.50% 最大優遇金利を適用した場合」
(最大▲年0.60%優遇)

【事務手数料を含む実質年率15.00%以下】
・融資実行日の基準金利:4月1日の長期プライムレートを当年7月から12月までの融資実行日に適用

・10月1日の長期プライムレートを翌年1月から6月までの融資実行日に適用
(基準金利はみずほ銀行における長期プライムレートとします)

まとめ

ローン アプラス

新生銀行グループの株式会社のアプラスについて、アプラスの会社概要、アプラスで利用できる個人事業主ローン、目的別ローン、住宅関連ローンの3つのローンをご紹介してきました。

アプラスでは個人事業主も利用できる個人事業主ローンを提供しています。

個人事業主が資金調達に困ったときに利用できるビジネスプランとなっていますので、貸付条件を確認しながら選択肢の一つとしてご検討してみてください。

金融機関や消費者金融は数多くありますが、新生銀行のグループとなっているアプラスなら安心して利用できるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ローンの関連記事